精神工学研究所

あなたが貧乏から這い上がれないのは、金持ちの「社会的洗脳」のせいだった?

*

はじめに読んで|学校では教えてくれない「金持ちになる方法」

リストラとは会社を追い出されること

 

俺の名前は「山岸理無(やまぎしおさむ)」

中学校三年生の10月、担任の教師に呼ばれた。

「山岸君、君は理科・数学はいいが、社会・国語はさっぱりだな。
どうかな?高専を受けてみないか?」

高専?
高専って、なんだ?

俺はその頃、高専(工業高等専門学校)について知らなかった。
話を聞くと、工業高校と工業短期大学が一緒になったようなもの、というイメージだった。

専門学校だからITビジネス専門学校みたいなものかと思ったら、国立学校だった。
授業料も安いらしい。

将来の夢もこれと言ってないから、俺は担任に従って、そこを受験することにした。
推薦試験だったから、楽だった。

俺は電子工学科に、入学できた。

高専では、学生は高校と同じ歳なのに、教授や助教授が教壇に立った。彼らは口をそろえて「工業高等専門学校は工業のエリートを目指すために創られた学校だ。君らはそのエリートだ」と言った。

俺は中学校出たばかりの、世間知らずの子供だった。その言葉を無批判に信じ込んだ。

「これが洗脳だった」

高専を卒業するころ、進学か就職か、選択を迫られ、俺は就職することにした。
電気大手の、S電気に就職がきまった。

S電気は昔、電卓で有名になり、今は液晶パネル技術で世界一だと言われている一流企業だ!

しかし、俺が入社してから電子技術工業界は激変した。韓国のサムスン電子などに追われ、S電気の液晶パネル輸出は大きく落ち込んだ。
「リストラされる」そういう噂が社内に広まっていた。
俺はみぞおちのあたりが痛くなる感覚を覚えた。

 

そういう時に、同窓会のはがきが来た。中学校の同窓会だった。卒業15年の同窓会、俺は出席に丸をつけた。

町内のレストランの畳の間で、同窓会が始まった。俺は中学の時良くつるんでいた仲間と歓談し、酔っ払い、そしてかつて気になっていた女の子(元とつけるのが悲しい)と話をした。

ふと、気がついた「あいつは、誰だ?」

思い出せない奴がいた。しかし、年は俺らと同じくらい。

いい身なりだった。手首に高そうな腕時計が光っていた。(ロレックスではない!)

やがて赤い顔で、そいつが話しかけてきた。

酔っぱらっていた俺は、無礼にも言った。「ごめん、名前思い出せないんだけど、誰?」

すると彼は言った。

「あぁ、山岸は知らんかもしれんな。よく学校休んでたから。俺は宝城(ほうじょう)だよ」

(あ、あいつか!)
そいつは中学生の時、学校をよく休んで不良仲間のパシリをさせられていた男だった。
(それにしてはずいぶん羽振りがよさそうだな!)
「あぁ、宝城か。今なにをしてるんだ?」

彼のストーリーを聞いた。俺はその時の衝撃を忘れない。

宝城のストーリー

彼は中学校卒業すると、すぐに就職した。他に選択肢もなかったから。近所の建設会社だった。4月生まれだった彼はすぐに原付免許をとり、原付バイクで通勤した。
建設作業員だった。雨の日は休み、パチンコをした。安酒を覚え、ヤンキーの彼女もできた。
彼が19歳の時、転機が来た。

当時建設業は不景気で、新規業種に乗り出そうと思った彼の建設会社社長は彼に命じた。
「宝城、ラーメン屋で修行しないか?」

聞けば、建設会社社長はラーメン店を出店する計画らしい。そこで社内で一番若い彼に、ラーメン修行の白羽の矢が立ったのだった。

修行はつらかった。しかし彼にはこれに耐える素養が、すでにあったのだった。中学校のとき不良グループでパシリをしていた経験と、要領が役立った。
彼には負けん気もあった。ラーメンの中華杓子で叩かれても、「なにくそ」と思える強さがあった。
というか、彼にはそれしかなかったのだ。

やがて半年が過ぎた。
ラーメン屋の店主に呼ばれた。

(なんだろう?)彼はラーメン屋の厨房で、店主の話を聞いた。
大型冷蔵庫の音が聞こえていた。店主は言った。

「俺は若いころ、暴走族だった。ずいぶん無茶をした。中卒だし、なんの取り柄もない。お前を見ていると昔の自分を思い出す。」
「はぁ?」

「お前は○○建設に戻って、ラーメン店を始める計画だけれど、どうだ?それをやめないか?」
(えっ!この人なにが言いたいの?)

「俺はこのラーメン屋をチェーン店にしたいという夢がある。お前にはその見込みがある。どうだ、俺が教えてやるから「店を持たないか?」」

「あぁっ?はい・・・?」

即答はできなかった、考えたこともないことだったから。

彼は店を持つことを決めた。他に将来の展望もない。
店主は親切だった。彼にいろいろなことを教えてくれた。

銀行から金を借りる方法。連帯保証人に対する注意。第2銀行より信用金庫の方が借りやすいこと。ラーメン店出店に適した場所。新店舗を出すのではなく、かつて飲食店だった場所を建物ごと借りる方法。
中古什器類の購入先。新規出店の時の、顧客の囲い込み方。

やくざが来たときの断り方。酔っ払い客のあしらい方・・・・・・・

彼は出店した。大繁盛だった。

 

同窓会後の俺

「そうかぁ!あいつだったのか。」
俺の手には黒い名刺があった。

誇らしげにラーメン屋の店名が書かれていた。銀文字だった。
(金文字じゃない、意外にセンスある)

その時、俺は愕然とした。
彼を無意識に見下している自分がいることを、発見したのだ。

(あいつは中卒、おれは高専、俺はS電気。しかしそれがどうした?あいつは店を2つ持っているオーナー社長、おれはリストラの恐怖におびえている)

俺は夜行の特急電車に乗っていた。明日も工場勤めがあるからだ。

彼の3次会の誘いを断った。いきつけのクラブに案内してくれるらしいのだが。

列車が夜の闇を切り裂いて、進んでいく。

俺はしばらく、眠る。

*****

ほとんどの高校では三年生になると、選択を迫られます。進学か、就職か?

でも「就職」ってなんでしょう?

それには「自営業」になるという選択肢はありません。

学校でいう「就職とは、サラリーマン・サラリーウーマンになること」です。

そうでしょう?
これを疑ったころなんて、なかったでしょう?

では学校で習った知識で、自営業者になることができるでしょうか?

「アボガドロ数」「ルジャンドルの微分方程式」「メソポタミア文明」「いとをかし」「This is a pen.」
それがいったい何の役に立つの?

税金の知識さえ貧弱です。
まして、詐欺に対する防衛法なんて。
ホグワーツの魔法学校では「闇の魔術に対する防衛術」が必須科目なのに。
高校や大学って、ホグワーツの魔法学校より実務的なことは教えてくれません。もちろん、高専も。

 

歴史の授業をします、でも眠らないでください!
明治維新とは「日本における産業革命」です。

産業革命で誕生したのが、サラリーマンです。日本は工業化に成功しましたが、それは産業革命が成功したということです。
その結果、日本の地方の農民の子供が、サラリーマンになることが社会の主流になりました。

学校教育がそうしたのです。それは大成功しました。

なぜなら・・・・・

「ほとんどの高校では三年生になると、選択を迫られます。進学か、就職か?

でも「就職」ってなんでしょう?

それには「自営業」になるという選択肢はありません。

学校でいう「就職」とは、サラリーマン・サラリーウーマンになることです。」

 

学校を卒業しても、「自立して生きていくこと」はできません。

習っていないからです。

たとえ東大の法学科を出ても、詐欺に対する防衛術は習っていないのです。

明治維新が起きて、明治政府は富国強兵・殖産興業を推進しました。
その原動力には、優秀な働き手が必要でした。
日本には優秀な働き手が、たくさんいました。

その結果、日本は世界にも類を見ないほど短期間で先進国になれました。
つまりその裏には、大量のサラリーマン・サラリーウーマンを生み出せるシステムがあった、それが優秀なシステムだったということです。

洗脳を成功させるもっとも有効な手段は、「なにも知らない子供のうちに」洗脳することです。

「アボガドロ数」「ルジャンドルの微分方程式」「メソポタミア文明」「いとをかし」「This is a pen.」
それがいったい何の役に立つの?

上の質問に対する答えは、
「洗脳を成功させるもっとも有効な手段は、「なにも知らない子供のうちに」洗脳すること」です。

つまり日本の文部科学省は、世界でもっとも成功した洗脳機関です。

これが「社会的洗脳」。

 

これに気が使ないうちは、いかに勉強してもサラリーマン・サラリーウーマンの呪縛から逃れることはできません。

そしてサラリーマン・サラリーウーマンとは、「もっとも金持ちになりにくい職業形態」です。

 

学校では教えてくれない事↓

店主は親切だった。彼にいろいろなことを教えてくれた。

銀行から金を借りる方法。連帯保証人に対する注意。第2銀行より信用金庫の方が借りやすいこと。ラーメン店出店に適した場所。新店舗を出すのではなく、かつて飲食店だった場所を建物ごと借りる方法。
中古什器類の購入先。新規出店の時の、顧客の囲い込み方。

やくざが来たときの断り方。酔っ払い客のあしらい方・・・・・・・

 

「学校では教えてくれない事」こそが、「金持ちになる方法」

 

がっこうでは教えてくれないが人生で最も大切なもののひとつが

「勇気を出す方法」です。

宝城君はヤケクソでも勇気がありました。

それが彼の成功の原因です。

学歴が高くなるとむしろ「勇気のない人」になっていきます。

「勇気のない人」は自分に自信が持てない人です。

なぜ自分に自信が持てないかというと、

幼少期に親からの励ましがなかったことが

原因になったことが多いものです。

幼少期に母親との葛藤を経験した人には、

心の奥に孤独があります。

それは死への甘い誘いでもあるのです。

 

なぜか?

なぜ自殺したいと思ってしまうかと言うと、

それは「当てつけ」なのです。

愛してくれなかった(と感じる)親に対して

「愛してくれなかったから死んでやる」と当てつけの気持ちです。

「死なせなくなかったら愛してよ!」という心の叫びが

なぜ自殺したいと思ってしまうかと言う

本当の気持ちです。

jisatu

自殺願望はあなたの中の欲望です。

それはあなたの中の動物の本能です。

人間の中にも動物の本能があって、それが人生の大事な場面

ひとつひとつであなたの人生を決めていたのです。

こういうことを知らずに人生を過ごす人は、大変な

損をしています。

今この瞬間から損する人生とさよならをして

もっと得する人生を望まれる方は、下のリンクから

メールマガジン「脳科学で願望実現を可能にする実践講座」

をどうぞ

 

 

お金儲けはもちろん、恋愛成就、仕事の成功、対人関係の克服、夢の実現など、脳科学の見地から、正しい実践方法を伝授いたします。

引き寄せの法則や社会的洗脳の仕組みなどを正しく理解し、具体的な実践としての、誰にでも導入できる瞑想方法や自己催眠を詳しく解説します。

毎日1話、第一話から進んでいく無料メール講座です。

早い方は1ヶ月で効果がでます。登録はとても簡単で下記フォームにメールアドレスを打ち込むだけ。

このご縁をきっかけに皆さまの人生が拓けますことを祈念もうしあげます。

************************************************

筆者についてwatashi

長く建設会社に勤めながら瞑想行や神秘業を、科学的に研究する。

建設会社をリストラされたのを機に、中小建設業生き残り研究会を立ち上げ、建設会社の新規事業開発やマーケティングを研究する。

しかし、中小建設業生き残り研究会のDVDの売れ行きに悩み、瞑想中の啓示により変性意識開発のDVDを製作・販売する。

ネット事業に活路を見出し、瞑想による願望実現のホントとウソの研究にシフトしていく。

宗教色を排した、科学的瞑想の研究を勧める。

ヴィパッサナー瞑想はほとんど知らなかったが、本を一冊読んで「自分が行っていたのはじつはヴィパッサナー瞑想だった」と気がつく。

四国の山中に在住、時々東京や大阪でセミナーを開催。

 

お勧め記事

超能力で人の心を読み、馬鹿にされる人生からサヨナラできる方法(※無料)があったら知りたいですか?はい、ぜひ!

「超能力(超頭脳力)で、頭を良くして3ランク上の人生を送る方法」※無料があったら欲しいですか?はい、ぜひ!

超能力で株価や地震を予知し快適な人生を送る方法を知りたいですか?はい、ぜひ!

 

公開日:
最終更新日:2017/05/16