精神工学研究所

あなたが貧乏から這い上がれないのは、金持ちの「社会的洗脳」のせいだった?

*

精神工学研究所のDVD

安心で豊かで気楽で賢くて、いざという時に強いお金持ちになる方法(初級編)

heart

このDVDを見ることで、あなたは

1・社会的洗脳とはなにか?を理解することができます。

2・社会的洗脳から抜け出すことができます。

3・お金持ちはなぜお金持ちになることができるのか?がわかります。

4・なぜお金持ちになれるのか?を利用することができます。

5・お金儲けに成功しても、失敗する人がなぜ多いのか?を理解できます。

6・お金儲けに成功しても、失敗する人がなぜ多いのか?を他の人に説明してあげることができます。

7・お金儲けに成功しても失敗する人が多い中で、あなたはそうなることがありません。

8・お金儲けに成功する人と、失敗する人の違いが理解できるようになります。

9・販売されているお金儲けの方法を見て、真贋がわかるようになります。

10・お金とはなにか?の真の意味がわかります。

11・人々がお金の流れの向こうに何をみているのか?がわかります。

12・人生の意味がわかります。

amazonで発売中です

 http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00S0O0FIA

ご感想です

 heart

今、4回目を見終わったところで、感想を書いています。

このようなDVDを観るのは初めてなんで、見当違いのことを書いてしまった時はすみません。

このDVDを観ることで、なにか変ればいいと思っていました。

最近自分で何か新しいことを始めたい、行動したいという感じだったので、結構な意気込みで見始めたのですが・・・

正直なところDVDを再生してすぐに最後まで見ることが出来るか、心配になってしまいました。

それは内容がとかではなく、DVDの作り方というかなんというか・・

このような教材DVDがみんなこんな感じの作り方なら仕方ないのですが。

手際が悪いというか、常にカメラの横の方を見ているのが気になるし。

本当に見ているのがきつくて、長く感じました(こんな事書いてすみません)。

※注意 手際が悪いのは事実です。
しかしこれまで常識に縛られていた意識が、拒否反応を示しているせいでもあります。

全部見終わるころにはかなり疲れました。

ただDVD1枚になにかしら言葉が引っかかるというか、「あれ?」と思うところがあったので、

少し時間を置いて、2回目を見始めました。

今度は疲れたら疲れたら止めるつもりで、メモを取りながら視ることに・・・

社会的洗脳という言葉

多数派がいけない事?

といったたくさんの単語がとても気になり、消化できなかったです。

今まで自分は、単に一般的な常識があると思っていました。

それが良い事だと思っていたし、常識から外れた生き方が良くない。

和を乱す人が、成功するなんて絶対嫌だとも思っていました。

2ページ目に続く

 heart

そんな自分の常識や正しいと思っていた行動が、知らぬ間に思い込まされていたこと。※注意 洗脳に気づけたときの反応です

自分の思い込んだ考え方が、自分の可能性を狭めていたのか?といった感情が込み上げてきて一回目の感想が、

まさに自分の勝手な尺度で測って観た感想なんだと感じました。

そういう観点から、2回目は理解できない言葉、聞き逃したくない内容を手あたり次第、紙に書き出していきました。

そうすることで、少しでもこのDVDの内容を理解できればという気持ちでした。

自分はネットビジネスに興味を持っていたのですが、常に引っかかる事があって、こんなの嘘なんだろうと思い続けてきました。

毎日10時間以上働いて、貰える給料が十数万円。

それなのにホームページには、月に何百万円なんて数字が!

どう考えてもおかしい!

この考えが思い込みなんですよね。

自分ではできない。

ありえないと思ったら、それ以上の事は決して出来ないですよね。

自分が、自分にリミットを掛けて、成功のジャマをしている。

そんな事をこのDVDは伝えてくれているのかな?と思います。

そして、自分のお金の儲け方、使い方や物欲に関しても、考えを改めた方がいいのかな?

そんな思いにもなっています。

お金持ちの考え方、庶民から見たお金持ちとの違い。

やはり自分なんかは、働いてお金が入ったら「あれを買おう」「これが欲しい」

人生を楽しむためには、多少の浪費は続けると思います(笑)

ただこういった自分の基本的な考えを改める、一つのきっかけに

 

3ページ目に続く

heart

なったDVDだと思います。

正直自分は、理解力が早い方ではありません。※注意 洗脳が解けると速くなれます

自分の考えで表面的に見ることも多い人間なので、勘違いも多いです。

それで、このDVDを観るのも4回目ですが観るたびに、

気づかされる事が多いです。

これからも何度も何度も、DVDは観ると思います。

自分は人一倍、この世界の考え方に洗脳されていると思います。

これを機会に、少しでも視野を広げていければと考えています。

本当にDVDの内容を理解しきれてないかも知れません。

しかし、これが自分の転機になるように役立てたいと思います。

乱筆、乱文で申し訳ありませんが、感謝を伝えさせてください。

ありがとうございました。

下にもう一つのご感想のお手紙があります。

 amazonで発売中です

 http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00S0O0FIA

heart

商品の画像の所にある他の方の感想に書いてある様に、作り方が手際がよくありませんが、
逆にそれが良かったと思います。
知っている内容でも妙に印象が残りました。

 

 ご感想

heart

繋がれた象の話をされた時、私はギョッとしました。

この象は自分の置かれている状況に繋がるのではないかと、内心穏やかではありませんでした。

結果として、私は繋がれた象だったのです・。

※注意 以下では紙幣という言葉がでますが、これはDVDでお金と紙幣の違いを説明したからです。

目先にあるわずかな紙幣を自分の持っているお金の「すべて」だと思い込み、

そのわずかな紙幣を守り、コツコツと貯めていく事が大切なのだということが、私の金銭感覚だったのです。

それが繋がれた象であるということも知らずに。

私は「お金」という概念を、はき違えていたように思います。

私はそのことをズバリ言い当てられたからこそ、内心穏やかではいられなかったのでしょう。

しかし、救いもあったのです。

一体何が私たちを縛っているのか?

そのことを気付かせてくれたくれたのですから。

私たちは紙幣をたくさん持っていない時、失うことを恐れ、紙幣を守り通すことを、いつの間にか共通の美徳として刷り込まれていたのです。

そして、手元に多少の紙幣があった場合、それを浪費することに何も疑問を抱かないのです。

お金が入ってきたら、すぐに使ってしまうというのは、常日頃からありました。

給料日の次の日などでは、多少高くても支出はあまり気にしませんでした。

が、八卦の火の卦を気にして、出ていくお金に気をつけて行こうと思います。

ダブルピラミッドエックスの図は、実に的確でわかりやすかったです。

少数派の意見というのは弱く、つぶされやすく、そして流されやすいです。

しかしそこから「勇気」を持って、出て行かなければ何も産まれないのですね。

株の図は明確でした。

誰も注目していない部分に目をつける所こそ、少数派であり、金持ちになり得る可能性であるということ。

昨今の日本では大学出が当たり前であり、

2ページ目に続く

 heart

サラリーマンなど就職活動をし、企業に入るという社会的洗脳がとても広まっていると思いました。

そこに大きな落とし穴があったのですね。

就職氷河期などという言葉にあおりを受けて、大企業に就職できるようにがんばるが、うまくいかない。

だから多少妥協をしてでも、中小企業に落ち着いてしまう。

そういった罠も、巧みに社会がしかけているのだと思いました。

そして一般人がイメージするお金持ちのイメージ、すなわちセレブスタイルがテレビから受けた社会的洗脳だという話が、非常に印象に残りました。

今、社会での中心を担っている世代は、おそらくバブルを経験していた世代です。

そのバブルでの生活スタイルは、このDVDでも語られていた、「消費」こそがステータスであった。

そんな世代が中心に動いている社会が、過去の栄光にしがみつき、後世の世代にも同じ感覚を押し付けてしまおうとするのは、当たり前のことなのかもしれない。

当時はちゃんと働いていたその分、その労働に見合った報酬が絶えられていたはず。

その点ではこのDVDで語られていたラットレースの価値は、今に比べたら少しはあったのでしょう。

一方、過剰労働が当たり前、働きに見合った報酬が望めない現代では、ラットレースはジリ貧で、金持ちになれないのは当然のことです。

時間は重要な武器という話も、非常に共感した。

DVDを見終わり私の中での「お金持ち」のイメージが変わりました。

というより私の理想としていた「お金持ち」とは高水準の製品に囲まれ、欲しいものを欲しいと思ったときに、ためらいなく買えるというものでした。

まさに社会的洗脳です。

3ページに続く

 heart

生活水準ではなく、お金を持っているのがお金持ちというのは、当たり前のことですが、

改めて言われると、理解すると同時に、衝撃でした。

ただ、こう考えた場合、私が憧れているのはお金持ちではなく、高水準の生活を送っている人ということになります。

つまり私は少しでも収入が増えると、世間一般の人と同じように贅沢しますが、この贅沢自体に憧れ幸福を感じていたということです。

この場合、私はDVDで説明されていた「天」の破滅パターンにあたります。

お金持ちという観念から見れば破滅でも、私自身の幸福から見れば理想であるというのはおかしな話です。

しかし、この理想自体がすでに社会的洗脳であるかもしれません。

小象がロープを引きちぎれないのが当たり前と思うように、もはやこれが社会的洗脳なのかどうかすら、私には判断できない状態です。

けれども一つ言えるのは、私の幸福を実現させるにはやはりお金が必要だということです。

社会的洗脳の中で生きてきたため、社会的洗脳の中でしか答えを導くことが出来ませんが、

お金持ちという観点から幸福を計るのではなく、お金を持つ、その先を考えて行こうと思います。

 

amazonで発売中です

 http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00S0O0FIA

heart

 

公開日:
最終更新日:2015/04/08