精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

ウクライナ戦争報道疲れの陰で起きる重大なこととは?

   

今年の2月に始まったロシアのウクライナ侵略

ですが、膠着状態になっています。

そのためテレビや新聞の報道するネタがなくなり、今は参議院選挙に軸足が移っています。

世界的に見ても、各国のメディアはこれとおなじような感じなのではないでしょうか?

しかし、戦争後の世界を展望すると恐ろしいことが起きるのではないかと予想できます。

1・ウクライナの未来は?

 

ロシアが負けそうな情勢ですが、国土の多くで戦闘が続いているウクライナの状況は悲惨です。

もしロシアが降参したとしても、ウクライナが十分な補償を勝ち取れるかどうかはわかりません。

ウクライナからの避難民は全世界に拡散しているようですが、その中には18歳から60歳までの男性はいません。

その年代の男性は戦闘要員として国外に出られないのです。

ニュースによると、国連難民高等弁務官は家を追われ、国内外に避難した人数が1000万人を超えたということです。

対し、ウクライナの人口は4200万人です。

このまま戦争が長引くとウクライナの壮健な男性の数が女性の割合に対して非常に少なくなるでしょう。

そして戦後にはさらなる不況が来る可能性が高いです。

するとどうなるでしょうか?

美女が多いことで有名なウクライナなのです。

このままいくと、ウクライナは世界になだたる売春婦輸出国になる可能性があると思います。

こんな下世話なことは、どんなメディアも言いませんが、状況を分析するとそうなる可能性が高いと私は思います。

売春婦輸出は奴隷売買と同じ

 

 

2・ウクライナに集まる近代兵器

 

イギリスはウクライナに軍隊を派遣して、最新兵器の操作方法をウクライナ兵士に教える「学校」を開設するそうです。

西側の欧米製武器はロシアの旧式武器に対し、抜群の戦果を発揮しています。

これまで安価で低性能の武器を、ロシアは発展途上国と中国に提供してきましたが、ロシアの兵器のあまりのポンコツぶりにロシア製武器を購入した国はおののいていることでしょう。

欧米の兵器を持った国には敵わないと感じているはずです。

それはアメリカやイギリス(あるいはフランス)の思うつぼで、これから欧米製の高性能兵器の需要が高まることは必至でしょう。

つまり今回の戦争は、アメリカやイギリス(あるいはフランス)の武器のショーケース的役割を果たしています。

欧米の最新兵器の人気は高まり、ロシア製の武器を欲しがる国は少なくなっていくことが確実です。

特にこの戦争を注目しているのは、中国共産党軍および共産党幹部でしょう。

というのは、中国の兵器のほとんどはロシアからの輸入か、ロシア製武器のコピーだからです。

中国はロシア製の武器をロシアの許可なく分解してコピーするので、ロシアはそのことに対し怒っていました。

そのため重要部品、例えば戦闘機のジェットエンジンは中国に供給していません。

困った中国は自国製のジェットエンジンを開発したのですが、すごく性能が低くて何百時間程度の耐久性しかないそうです。

つまり戦争状態になって何日かすると、もうジェット機の耐久時間が過ぎるので戦闘機を飛ばせない状態になるそうです。

そんなポンコツが欧米製兵器にぜんぜん敵わないとわかると、中国はそれを隠して空威張りをするようになるでしょう。

台湾進攻などできるはずがないと中国幹部は思っていると推測できます。

 

3・ウクライナに集まる近代兵器のその後

 

ウクライナにロシアが負けて、ウクライナから撤退した後を考えてみましょう。

そうなるとウクライナ領内には欧米の高価な最新兵器が残ることになります。

それだけではなく、欧米の高価な最新兵器の操作を熟知した兵士・軍隊が存在することになります。

戦争が終わったばかりですから、実際の戦闘で鍛えられた兵士がいっぱいいるのです。

しかもロシアの牙は抜かれた状態です。

この状態を考えると、ウクライナという軍事強国が突如誕生することになるでしょう。

そうなると東欧や大陸のウクライナ周辺国家にとって、ウクライナという軍事強国は脅威になります。

イスラム国家であるトルコあたりは、ウクライナに対し脅威を感じることは確実です。

つまり今度はウクライナがヨーロッパ大陸における「警戒されるべき国」になっても不思議ではありません。

平和ボケした日本人には、こういう思考は理解できないでしょう。

しかし強大な武器を手にした国が周辺国家を脅かすというのは、ヨーロッパの伝統です。

いつまでも「かわいそうな国」ではないのです。

 

まとめ

 

ウクライナを支援するということは、新しい「オオカミ」を東欧の大地に解き放つことになる可能性があります。

人道支援とかいうお題目しか知らない日本人には、ヨーロッパ人の性格は永遠に理解できないでしょう。

新しい戦争が起きてもじつは不思議ではないと思います。

ウクライナには最新兵器が山のようにあるのですから

 
関連記事

ロシア軍が意外と弱いとわかって中国は何をし始めるのか?核戦争の脅威

 

特別情報
髪の毛で悩む男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

池上彰やロシアの「専門家」はなぜプーチンを読み間違ってしまったのか?

ロシア政治を研究し、 日本政府の国家安全保障局顧問(2018~20年)などを歴任 …

本当にあった怖い話 5○歳男性が18以上年下美女と結婚した結果!

若い女性が好きな 婚活しようとしている男性は、これを読まずに結婚するのは危険です …

蓮舫のダメな理由

気分が悪くなる 本日の記事を読むと気分が悪くなる人もいますが、 真実を書きます。 …

○○を刺激するだけで仲良くなれる方法とは?

刺激するだけ 読者の方からいただいたメールです。 「私は、営業職をしています。 …

なぜ「スカイライン2000GT」は売れなくなってしまったのか?

青いスカイライン 20世紀の日本は次々とヒット商品を創って、世界をリードしていま …

日本の都道府県でやばいのは沖縄県ともうひとつは?

とても問題が多い 先の衆議院選挙で、米山隆一という人が当選しました。 この人はと …

amazonのレビューが信用できない本当の理由(特に本)

誰でも本を書ける方法 誰でも本を書く方法と言うのが、出版業界には存在しているそう …

本当にあるの?「あなたを」好きにさせる催眠術

ひとりではさみしい 秋が急に深まって、朝起きるのがおっくうになってきました。 こ …

コロナで不安になる人には特徴があります、あなたは当てはまりませんか?

コロナで不安になる人は ある特徴を持っているために、なかなか不安から逃れることが …

モナリザを盗んだ男「パブロ・ピカソ」最後の大どんでん返し

あるはずの絵が無い 1911年の夏、『モナリザ』のスケッチに来た画家がルーブルの …