精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

「ザ・ベストテン」「ザ・トップテン」消えた裏の事情

   

怪物的視聴率を誇った

TBSの歌番組「ザ・ベストテン」

最高視聴率は41.9%だそうです。

それに対抗して創られた日本テレビの番組が「ザ・トップテン」

こちらも高視聴率を誇りました。

しかしいずれも、1989年から1990年にかけて終了してしまいました。

時代はちょうどバブルの時期と重なるランキング形式の歌謡曲番組でした。

なぜすたれてしまったのでしょうか?

 

1・絶頂期の「ザ・ベストテン」

 

とにかく豪華な番組でした。

山口百恵・ピンクレディー・郷ひろみなどアイドル総出演という感じでした。

第1回放送

1位 UFO ピンク・レディー
2位 わな キャンディーズ
3位 しあわせ芝居 桜田淳子
4位 わかれうた 中島みゆき
5位 禁猟区 郷ひろみ
6位 憎みきれないろくでなし 沢田研二
7位 ブーツをぬいで朝食を 西城秀樹
8位 若き旅人 狩人
9位 泣き虫 清水健太郎
10位 風の駅 野口五郎

 

ちびまる子ちゃんの時代ですね。

私も見ていましたが、近藤真彦の登場した回では新幹線からの中継となっており、走る新幹線をヘリで追いかけながら中でマッチが歌ったと記憶しております。

予算たっぷりのバブル時代の番組でした。

しかしアイドルの時代からアーティスト系の歌手に時代が変わり、出演拒否する歌手も増えていきました。

最後の回には、司会者の一人だった黒柳徹子が、次のように言ったそうです。

「番組開始当初は2分30秒の歌も、現在は平均3分30秒になり長いものは5分近くなっていき、

10組フル出場してもらっても満足なインタビューをすることが困難なために、この番組も役目を果たした」

NTV紅白歌のベストテンでは水着も

 

2・番組終了の本当の理由

 

アイドルの時代からアーティスト系の歌手が増えたことで、出演拒否の歌手が増えたこと、一曲が長くなったことが番組終了の理由と言われています。

しかし本当の理由はほかにあったようです。

デイリー新潮の記事によると、

「「ザ・ベストテン」も「歌のトップテン」もレコードの売り上げ、有線放送へのリクエスト、番組自体へのリクエストなどを基に独自のランキングを作成していた。

「ザ・ベストテン」の場合、レコードの売り上げがランキングを決める要素の約6割を占めていた。

ところが1980年代後半、レコード(CD)の売り上げを人為的に操作する専門業者が現れた。

誰かから依頼を受けると、レコードの売り上げを調べるポイントの小売店で特定のレコードを買い漁った。

するとレコードの売り上げデータが不公正なものになってしまい、ランキングづくりの妨げになった。(元民放音楽番組プロデューサー)

元レコード会社幹部も「レコードの売り上げを操作する専門業者は番組にとって極めて厄介な存在になっていた」と振り返る。あのころ、専門業者の出現は音楽業界で広く知れ渡っていた。」

AKB48の場合、CDの売り上げがグループ内の総選挙の上位進出とかかわっていたのですが、ずっと昔にも同じようなランク操作があったのは面白いですね。

私はこれを見て、「あること」を思い出しました。

 

3・選挙の操作

 

今度、参議院選挙がありますが昨年の衆議院選挙でも、世論調査が当たらなくなったと言われました。

じつは今回の選挙では、もっと世論調査と実際の選挙結果に差が出るのではないかと、ひそかに期待しています。

なぜそういうかというと、世論調査は電話で行われています。

じつは私の家にも、ちょくちょく世論調査の電話がかかってきます。

その電話を受けるとすでにアンケートが始まっており、機械音声でアンケート調査であるとの声が流れます。

しかし「かったるい」のです。

これまで一度もこの手の世論調査に応じたことはありません。

もっと昔は、生の女性オペレーターが質問してきたものでしたが、今は全部機械音声です。

おそらく多くの人は私と同じで「かったるい」と感じて、電話を切ってしまうと思います。

その結果、こういう調査に積極的に応じる、言い換えるとこういう調査に答えるのが好きな人ばかりが、世論調査結果に反映されているのではないかと思います。

つまり世論調査結果は公正ではなく、思いっきりバイアスがかかっているのではないかと思われるのです。

 

それともうひとつ

私の家の固定電話には世論調査の電話がかかってきますが、携帯電話にはかかってきたことがありません。

こういうと携帯電話の方が圧倒的に数が多いからだという人がいると思いますが、それが事実かどうかはわかりません。

スマホにこういう電話がかかってきても、多くの人は電話を切ってしまうでしょう。

だからガラケー携帯の人で、こういう調査に答えるのが好きな人ばかりが集まるのではないかと想像しています。

こういう理由で、今の電話による世論調査はあてにならないのではないかと想像しています。

調査はあてにならない

 

まとめ

 

あれほど栄華を誇ったベストテン番組にも終わりの時が来ました。

その理由は、ランキング対策のレコード買い占めだったとは意外です。

中国では上に既成あれば、下に対策あり、という言葉があるそうです。

今の電話だけの世論調査はもはや「あてにならない」というレベルになっているのかもしれません。

もしそうだとすると、選挙結果を知って唖然とするテレビ関係者の顔を見るのが楽しみです。

関連記事

ホリエモンとNHK党立花孝志が暴露!NHKの金脈は〇ポーツだった!

 

特別情報
髪の毛で悩む男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 



 - メルマガ倉庫

  関連記事

なぜ逞しい男を太ももで泣かせることができるのか?

筋肉記憶 あなたの人生がうまくいかない理由は、あなたの「筋肉」に原因があるのかも …

人の心を揺さぶる言葉の創り方・信頼されない人からの脱出方法

「そうだ京都、行こう。」 この言葉を聴いて多くの人が秋の京都を訪れました。 この …

マインドコントロールのやり方

統一教会問題で「マインドコントロール」が話題 になっていますが、マインドコントロ …

闇に葬られた○○大学女子学生暴行事件

千葉大学医学部の集団強姦事件NHKの弱腰2016年12月 怖ろしいことです! 「 …

映画進撃の巨人がイケていないのは左派のせいだった

左派的な思想 故津川雅彦氏が「日本の映画に出るには政治的に左派でないといけない」 …

「放火殺人なんかで人生を終わらせたくない!」そう思う人はお読みください

お前は大人なのに 今年のM1で問題が起きました。 決勝に進出した漫才師の言動が、 …

中国は怖い国

中国は昔から怖い国です。 怖い理由その1 膨張主義・帝国主義だから 怖い理由その …

新型コロナ日本以外で再拡大が始まった?

感染急増 BBCの記事です。 事実ならば、怖ろしいことです。 また世界が混乱に戻 …

え?本当にお金儲けできるノウハウ、「本当のお金持ち」がバラしました

名前を言えば誰でも知っている有名なお金持ちが、 ある質問に答えています。 その質 …

参議院選挙「週刊女性の記者が驚いた」政党はどこ?

2022年の参議院選挙で驚くべきことが 起きています。 この選挙が、これまでの選 …