精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

公明党が10万円無差別支給ゴリ押しのひどい理由とは?

      2021/11/17

10万円を支給する

先の選挙で公明党が公約にしていた、18歳以下の子供を持つ家庭に10万円を支給するという政策です。

公明党はこの政策を所得制限なしにすることにこだわって、当初の公約通りに行おうと暗躍しています。

どうしてここまでこだわるのでしょうか?

その裏には、公明党のどす黒い思惑があったのです。

1・公明党とは?

若い人はご存知ない人が多いのですが、公明党を造ったのは創価学会という宗教団体です。

幸福実現党が、幸福の科学の政治集団なのと同じ構図です。

日蓮宗は他宗派へ攻撃的な団体ばかりです。

創価学会という名前からして宗教団体っぽくないのでわかりにくいのですが、れっきとした日蓮宗の仏教なのです。

つまり創価学会は、仏教宗教団体という本当の姿を隠して活動を行うような組織です。

そこが造った政党ですから、本当の姿を隠して活動を行う性質が引き継がれています。

その創価学会の会員が選挙の時には一致団結して、本部が押し付けた候補者に何の疑いも持たずに投票するので、公明党の候補者の当選率はすごいです。

組織票の固い結束があると、候補者は安泰です。

しかし、創価学会内部にこういう本部の押しつけに対する不満が、最近多くなっています。

とくに金銭的に苦しい女性部の不満が多いのです。

そこで公明党と創価学会幹部が考えた計画が、「18歳以下の子供を持つ家庭に10万円を支給する」というものでした。

これを行うことで、公明党女性部の不満を無くすことができるという思惑があるのです。

だから、公明党が10万円無差別至急ゴリ押しするのです。

つまりこれは、税金を使った創価学会会員の救済策だったのです。

もちろん自民党の中に、この公明党と創価学会幹部のやり方に気づいている人がいます。

気づいていながら、なぜ止められないのでしょうか?

2・選挙に落ちたら

自民党と公明党の連立政権は長く続いています。

最初は過半数を割り込んだ自民党が安定した国会運営のために、一時しのぎで公明党に連立を呼びかけたことがきっかけでした。

つまり過半数を回復するまでのつなぎとして、公明党との連立をしたつもりだったのです。

しかしここに大きな誤算がありました。

自民党と公明党の連立政権で、選挙協力が行われました。

これはどういうことかというと、ある自民党候補者が擁立された選挙区に公明党の候補者は立てられずに、創価学会会員は自民党候補者に投票するのです。

そうなると、当選した自民党候補者は「創価学会の票があるから当選できた」と感じます。

実際、そうなのですが・・・

一票でも票が減ることを恐れる候補者は、次回も同じ構図で戦いができることを切望するようになります。

その結果、創価学会会員が自民党候補者に投票する仕組みをやめられなくなるのです。

政治の世界ではこういうことになるのを「毒まんじゅうを食った」と言います。

すなわちこういう構図が固定化した結果、自民党はある政策において公明党の言いなりになってしまうのです。

これが、公明党が10万円無差別支給ゴリ押しできる理由なのです。

3・毒まんじゅう

先の選挙で、立憲民主党が共産党に選挙協力を依頼しました。

これは自民党と公明党の選挙協力と「同じ効果」をもたらしています。

立憲民主党は衆院選では初めて共産党などとの「野党共闘」を進め、全体の4分の3の選挙区で候補者を一本化しました。

落選した立憲議員も多かったのですが、当選した議員は次の選挙は共産党票なしでは怖くて戦えません。

一票でも票が減ることを恐れる候補者は、自民も立憲も同じです。

だから、共産党党員が立憲民主党候補者に投票する仕組みをやめられなくなるのです。

その結果、立憲民主党は共産党の強く主張する政策に反対できなくなっていきます。

自民党と立憲民主党の違うところは、自民党は単独過半数を持つことができるのに対し、立憲民主党はますます勢力を落とすだけの存在でしかないことです。

そのため自民党以上に、補完勢力である共産党に依存することをやめられなくなります。

そして共産党はそれを見越して立憲民主党に近づいたのです。

つまり、共産党の毒まんじゅうは致死量に達する毒が入っているのです。

まとめ

選挙協力というのは、小さな政党がより大きな政党を飲み込んでしまう可能性を持っています。

それが大きな政党にとって「毒まんじゅう」と呼ばれる所以です。

公明党は中国共産党シンパの党員が幹部になっていると言われています。

共産党もその名のとおり、中国共産党シンパです。

この二つの政党が、小さな政党がより大きな政党を飲み込んでしまう選挙協力という作戦を展開しています。

つまりどちらも、毒まんじゅうの毒は中国製ということです!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

アンケート結果発表(宝くじの話)

恐ろしい宝くじ 新春企画、はぴさぷメルマガで取り上げてほしい話題を募集しました。 …

あなたのIQも本当はもっと上 騙されていたことを暴露した米大教授とは?

偏差値が高いから     頭がいいというのが常識です。 東大 …

楽しく幸せに人生を過ごす方法

本当に日本は落ちぶれてしまった ご質問が届いております。 「いつも大変興味深くメ …

現代人がこころの不調に悩むのはこれが原因かも?

21世紀になって       ますます心の不調を訴 …

新しいゴルフ動画作りました 世界初の技術でまっすぐ飛んでいきます

二重作拓也先生は     現役の医師であり、格闘技の科学的な …

なぜ旧共産主義国家は戦争をやりたがるのか?

ウクライナ侵攻したロシアはもちろん、 尖閣諸島・台湾に魔の手を伸ばす中国 ひっき …

記憶術は試験勉強に役に立つのか?

答えから言うと「役に立ちません」。 なぜ役に立たないかというと、テレビの影響が大 …

たつき諒「私が見た未来」を信じる前にこれだけは読んでください

たつき諒という女性漫画家が自分が見た予知夢が的中した   と評判になっ …

第二回日本にとって中国の方がロシアよりはるかに怖ろしいのはなぜか?

中国がなぜ怖いかというと、 国の文化が西側諸国やロシアなどと根本的に違うからです …

NHKが報じないジャニー喜多川氏の醜聞、どうするNHK?

黒船来航 日本は昔から外国から来たものに弱いですが、今回も来ました! 「イギリス …