精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

日本人の性質は心の中の「高倉健」

   

2017年の1月に書いた記事ですが面白い内容です。

日本の韓国に対する心情が非常に悪くなったのはこのころからでしょうか?

1・韓国を嫌い始めた時期

あなたは驚きませんでしたでしょうか?↓

「政府が、韓国プサンの日本総領事館の前に慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたことは極めて遺憾だとして、

当面の対抗措置として、韓国に駐在する長嶺大使らを一時帰国させることなどを発表したことについて、

政府の対応を評価するか聞いたところ、「評価する」が50%、「評価しない」が9%、「どちらとも言えない」が32%でした」NHK世論調査

これほど大きな賛成が駐韓国大使一時帰国にあるとは、私は意外でした。

でもよく考えると、これは日本人の性質によくあてはまると思います。

高倉健さんが出演した任侠もの映画のパターンはまさに今回の日韓慰安婦問題の合意そのものです。

映画の中で、健さんが所属する「組」が、他の組からの嫌がらせにあって、若い組員が怪我させられたり、辱められたりします。

それに対して報復を叫ぶ組員を、健さんが必死で抑え込むのですが・・・・

ついには仲間が殺されてします。

それを見て、あいつらは話し合って分かる奴らではないとわかり、ついに健さんは長ドスを手に敵に殴り込みをかけるというストーリーです。

じつは、ブルース・リーが出演しているドラゴン怒りの鉄拳なども、同じようなストーリーです(敵役は日本人ですが)。

そして、これは日本人がもっとも好む物語構成だと思われます(水戸黄門とか、桃太郎侍とか、暴れん坊将軍とか・・・)

 

2・映画のパターン

今回の慰安婦問題の日韓合意「事件」は、まさにこの「高倉健任侠もの映画のパターン」と同じです。

これまで韓国の度重なる要求は、あまり報道されてなかったのでほとんどの日本人は「日本が悪いかも」と思っていました。

しかし、一昨年の年末の合意時に「永久的かつ不可逆的」に解決した、と発表され、韓国政府もこれを了承しました。

それが今回、慰安婦像のさらなる設置ということで、ついに日本政府も堪忍袋の緒が切れる状態になりました。

 

3・日本人の嫌うやり方

もう一度書きますが↓

「映画の中で、健さんが所属する「組」が、他の組からの嫌がらせにあって、若い組員が怪我させられたり、辱められたりします。

それに対して報復を叫ぶ組員を、健さんが必死で抑え込むのですが・・・・

ついには仲間が殺されてします。

それを見て、あいつらは話し合って分かる奴らではないとわかり、ついに健さんはただ一人長ドスを手に敵に殴り込みをかけるというストーリーです」

これは日本人がもっとも好む物語構成だと思われます(水戸黄門とか、桃太郎侍とか、暴れん坊将軍とか、忠臣蔵とか、必殺仕事人とか・・・というより時代劇すべて!)

 

まとめ

 

当時のことを思い返してみると、日本人の中には韓国だけでなく。中国や北朝鮮にも迎合する人がかなりいたのだと思います。

ロシアに関しても、あまり怖い国だという印象はなかったのではないでしょうか?

あれから5年ほど経って、中国や北朝鮮、韓国に対する印象はかなり変わったと思います。

中国が武漢肺炎ウイルスを撒き散らして、世界の嫌われ者になりました。

そして今年の3月には、ロシアがウクライナ侵攻を行い世界中から非難されています。

今年ももう6月ですが、今年の後半にもビックリするような事件が起きることでしょう。

関連情報

新しい韓国大統領に期待してはいけないこれだけの理由

韓国国民の正体がわかります。

韓国国民は、自分の生活が良くなることより、自分が応援する候補者が当選することの方が大事だと思う人たちなのです。

もっと正確に言うと、自分が「反対する候補者が当選することに我慢が出来ない」人たちです。

彼らを動かしているのは、ネガティブな感情で建設的な思考は二の次なのです。
 
特別情報
髪の毛で悩む男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

誰でも知っている「あの話」一番悪い奴は亀だった?

日本の昔話でいちばん理不尽に感じるのは、 「浦島太郎」ではないでしょうか? じつ …

ウィル・スミスのアカデミー賞平手打ち事件が日本人には大絶賛の理由とは?

2022年のアカデミー賞でウィル・スミスが 司会者のクリス・ロックを平手打ちする …

国会解散/政治にまつわるよそでは聴けない話

政治がらみだったという話 今日のお話しは、政治がらみの「汚いこと」に関する話です …

闇が深い?北朝鮮金正男暗殺の深層とは?

北朝鮮金正恩氏の兄 2017年2月に書いたメルマガですが、興味深いです。 昨日の …

なぜ騙されて統一教会の信者になる人が後を絶たないのか?

騙されて統一教会の信者になる人 本日の記事は2017年に書いたものの焼き直しです …

第二回アイドルを妻にしたプロゴルファーの秘密とは?

横田プロの病気 横田真一プロといえば、ゴルフの成績より奥さんの方で有名になった人 …

日本にとって中国とロシア、どちらが怖いか?

2022年は早くも激動していますが、 日本にとって中国とロシア、どちらを警戒すべ …

no image
日本の社会が悪くなっていくのは、金持ちの老人のせいだった!

社会悪の存在 インターネット・SNSの発達で、社会悪の存在がどんどん「見える化」 …

7月4日に南海トラフ大地震が来る!未来人の予知とは?

「7月4日に南海トラフ巨大地震が起こる」 SNS上での数年前の“予言”をきっかけ …

騙されやすい人の特徴№1

あなたの思うような人ではない 騙されやすい人の特徴№1は、あなたの思うような人で …