精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

日本人の一番コタエル質問とは?

   

答える?堪える?

恥ずかしい!

ライブドアに掲載されていた記事です↓

「解けないと恥ずかしい? あなたはこの計算できますか?

こちらはFacebookで人気の問題。6万人にシェアされ、200万人が回答しています。

【あわてて答えた人が間違えてる?】

“1 + 1 + 1 + 1 + 1 + 1 + 1 + 1 + 1 + 1 – 1 + 1 + 1 + 1 + 1 + 1 + 1 x 0 = ?”

 ごくごくシンプルな計算問題のはずなんですが、正解率は意外に低い様子。これくらいは分からないと小学生に笑われますよ! あなたは大丈夫でしたか?」

ここより山西筆
この問題の核心部分は、計算の最後の掛けるゼロでもなければ、途中の見落としやすいマイナス記号でもありません

最初のフレーズ「解けないと恥ずかしい? 」が、核心です

1・日本人は「恥ずかしい}

現代人は学校教育を通じて、「問題を見た途端にそれを解くように」しつけられているのです。

もしあなたが、先ほどの数式を見て、「どれ、どれ?」と考えてみようとしたなら、それはある種危険です。

それは催眠術にかかっている状態でもあるし、社会的洗脳ともいえます。

このような社会的洗脳に対処する方法として、このような文を見たときに筆者の意図をまず考えることだと思います。

催眠術ではトリガーとアンカーの関係を駆使しますが、トリガーは見慣れたものの方が有効です。

「トリガーとアンカーの関係」とはかんたんにいうと、条件反射のことです。

トリガーが条件で、アンカーがそれにより引き起こされることです。

カレーの匂いがトリガーで、よだれがでるのがアンカーみたいな感じをいいます。

そして洗脳は、洗脳したと気づかれないことが、大切なのです

社会的トリガーが、あなたの脳にすでに組み込まれていて、ホメオスタシス機能と固く結びついているとしたら、・・・・?

そう考えると、毎日が同じことの繰り返しに見えて、それでささやかな幸せに満足するように、思い込まされていることの「理由」が見えてくるかもしれません。

2・日本人は「集団心理」

以前、金持ちになれない心理を分析したDVDを創っていました。

その中で人間社会を「羊の群れ」に例えたものがあります。

多くの人は自分の属している集団の「常識」があります。

例えば株式投資は危険だ、とか宝くじは庶民の夢だ、みたいなものです。

今では株式投資に関する意識も変わってきていますが、それでも集団の「常識」は残っていると思います。

人間社会を「羊の群れ」に例えることで、それがどういうものかがわかります。

すなわちそれは牧場の柵なのです。

羊が飼われている草原に柵があって、そこから向こうに行くことができないようにしつけられています。

そして羊たちは狭い柵の中だけで草を食べることを強制されています。

しかしよく見るとその柵は高くなく、羊の跳躍力でもちょっと無理すれば飛び越えることができる高さなのです。

ところが「柵の向こうには怖いオオカミがいる」と教え込まれているので、羊たちは飛び越えようとしません。

柵の向こうには青々とした手つかずの草があるのに見えないのです。

それどころか、柵がオオカミから自分たちを護ってくれているとさえ感じています。

3・真実は?

しかし柵の高さは羊にさえ飛び越えることができる高さです。

オオカミが飛び越えられないはずがありません。

ですから「柵がオオカミから自分たちを護ってくれている」というのは幻想です。

柵を見る行為がトリガーとなって、心の中に安心感が広がります。

安心感がアンカーであり、それは条件反射で創りだされた幻想にすぎません。

 

まとめ

新型コロナの流行があぶり出したものは、社会に蔓延する常識がじつは幻想にすぎないとわかったことです。

常識は、条件反射が創りだすまぼろしだったのです。

オミクロン株という新しい変異株が登場しましたが、人々の幻想を破壊しつくすまで新しいウイルスが次々と登場するかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

【第2回】やってはいけない仕事第一位 のセミナーに潜入調査

やってはいけない仕事?   その仕事とは、印鑑の販売です。 10年ほど …

3月22日連休明けの大きな話題二つ/ボーイング機体がほぼ垂直に落下

ひとつめは中国での航空機墜落事故です。 これってメディアは言っていませんが、「事 …

第二回日本人がiPhoneを創れなくなった本当の理由とは?

年配の日本人なら、ウオークマンや トリニトロンテレビを創ったソニーに、iPhon …

新形コロナ肺炎・オミクロン株・ロシアウクライナ侵攻で知らないとヤバイこととは?

非常に短い記事ですが、知らないと 本当にヤバイです。 当時は武漢肺炎と呼ばれた、 …

またやらかしたNHK党、自民茂木幹事長も不機嫌に

2022年の参議院選挙で驚くべきことが起きています。 非常に下品でルールを守らな …

あなたはどう感じますか?ひろゆきの言うことを聴くと失敗する理由

34万部を超えるベストセラー ひろゆき(敬称略)が35歳までに自分に合った仕事を …

公明党が10万円無差別支給ゴリ押しのひどい理由とは?

10万円を支給する 先の選挙で公明党が公約にしていた、18歳以下の子供を持つ家庭 …

AI、怖い話 あなたにも「悲惨な未来」が駆け足で来ている!

IT企業GAFAMが大規模なリストラ ブームとは、chatGPTのことです。 急 …

「言葉を使わない催眠術」存在できる科学的理由があった

テレパシー     苫米地英人博士が広め、一部の人に熱狂的に …

アンケート結果発表(やる気を出す方法の話)

物事を先送りにしがち 新春企画、はぴさぷメルマガで取り上げてほしい話題を募集しま …