精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

池上彰やロシアの「専門家」はなぜプーチンを読み間違ってしまったのか?

   

ロシア政治を研究し、

 

 

 

日本政府の国家安全保障局顧問(2018~20年)などを歴任した慶大総合政策学部教授の広瀬陽子氏

この人が、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」に出演して、ロシアによるウクライナ侵攻について解説しました。

彼女は、「プーチン大統領の中では論理崩壊していると思う」と発言しています。

また、元NHKアナウンサーの池上彰氏も次のように発言しています。

 

 

 

 

 

1・信じられない!

 

「まさか21世紀になって、こんな光景を見ることになるとは。驚きと共に無力感に駆られる日々だ。

「国連は何をしているんですか?」と詰問されることがある。

それに対し、「国連の安全保障理事会には5カ国の常任理事国があって、拒否権を持っていることを学校の社会科で習ったでしょう」という答えしか持ち合わせていないことにも無力感を覚えるし、罪悪感すら持ってしまう。

核を脅しに使う国家元首が今もいるという現実は、「核廃絶」を訴え続けた日本の努力を虚しいものにしてしまった」

 

 

 

この人たちは、ロシアの国家元首であるプーチン大統領に対し、以前は正常な判断ができる、一種「立派な大統領」だという幻想を持っていたとしか考えられません。

だから今回のウクライナ侵攻と虐殺に対し、口々に信じられないと発言していると見て間違いありません。

自分の見込み違いを説明するために、「プーチン大統領は狂った」とも言っています。

しかしそれは間違いであって、人間の性質はもともとああいうものです。

そこらへんで繰り広げられる、下世話な闘争と同じ仕組みでプーチン大統領も行動しているにすぎません。

つまり今「プーチン大統領は狂った」と言っている人は、買いかぶりしていたのです。

国家元首であるから、国のため、世界のために立派な行動をできるはずだし、そうするべきだという思い込みがまさに買被りなのです。

プーチンは怒りに駆られやすい、ふつうのおっさんだと見ればすぐに彼の行動が理解できます。

それを「専門家たち」はまったく気づいていません。

 

 

 

 

 

 

2・ごめんで済むなら

 

「ごめん」ですむなら警察は要らないという言葉があります。

誰もが自分が悪いと思ったときには、反省して「ごめんなさい」を言うのであれば、警察の仕事はすごく楽になるでしょう。

これは言い方を変えれば、人々が経済的合理性だけを判断材料にするなら、悪事を働く人はいない、ということになります。

ところが、世に悪事のタネは尽きないのです。

 

カネだけで動く人はくみしやすい合理的判断ができる人

 

 

だから、人の行動原理は「経済的合理性」ではありません。

もし、人の行動原理が「経済的合理性」であるのなら、暴力団が存在することも不合理だし、彼らが縄張り争いの抗争を繰り広げることも不合理です。

縄張りを取られたと言って相手側組員を拳銃で撃ち殺して、自分は刑務所に10年以上収監されることが名誉だったりします。

「経済的合理性」からいうと、こんなことが起きるはずがありません。

ロシアの通貨ルーブルが暴落していて、早ければ3月16日にデフォルトするかもしれないと言われています。

それがわかっていて戦争をやめられないのは、「経済的合理性」では説明できません。

「経済的合理性」で人を理解できると思っている専門家は、間違えます。

 

ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン博士は、人の脳の働きには「システム1」と「システム2」があることを発見しました。

「システム1」は感情的思考で、「システム2」は論理的思考です。

カーネマン博士は、常に「システム1」の感情的思考が優勢であると見抜きました。

人は感情で行動して、論理的にそれを説明しようとします。

だから間違うのです。

下世話な闘争と同じ仕組みでプーチン大統領も行動しているにすぎないのですが、「専門家たち」は論理的にそれを説明しようとします。

「専門家たち」は、井戸端会議と同じ論理で説明できることでも、専門家と名乗っているので専門家らしい言葉で説明したがります。

だから、間違うのです。

 

 

 

 

 

 

3・田舎の選挙

 

 

昭和の時代の田舎の選挙はだいたい同じ感じでした。

買収や強迫が当たり前の選挙運動が繰り広げられました。

そしてその中心は、土建屋でした。

町会議員・村会議員のレベルでは、土建屋の社長が候補者になって、土建屋の社長どうしが戦うことも珍しくありませんでした。

しかし土建屋の社長さんが、経済的合理性だけで生きているならカネ儲けに徹して、町会議員・村会議員になろうとするのは不合理です。

そういうムラ型選挙戦が始まると、運動員が徹夜で地域の道を監視するのです。

相手側陣営の買収工作をする人を通さないようにするためです。

そして選挙事務所で毎晩、宴会みたいな選挙対策会議が行われます。

お祭り騒ぎなのです。

 

運動員や大将である候補者本人も、次第に高揚してきます。

そして相手側陣営だけには負けまいと、ヒートアップしていくのです。

その高揚感は経験したものにしかわからない快感なのです。

そして負けたら終わりという気持ちが、さらに高揚感を生みます。

瀬戸際で戦う感じが、とても快感なのです。

結局、買収資金も含めて500万円ぐらいのお金が動くことはザラでした。

最初は渋っていても、次第に気持ちが大きくなり、引くに引けなくなって大金を出すことになります。

プーチン大統領やロシア軍関係者の胸のうちにあるのは、これと同じ感情です。

人は「専門家」が思うような、経済的合理性なんかで生きているのでは決してありません。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

繰り返しますが、ダニエル・カーネマン博士は、人の脳の働きには「システム1」と「システム2」があることを発見しました。

「システム1」は感情的思考で、「システム2」は論理的思考です。

感情的思考は海馬や扁桃核などの、原始的な脳で行われます。

論理的思考は、大脳新皮質です。

海馬や扁桃核などの原始的な脳は、猿はもちろんネズミでも持っています。

カーネマン博士は、常に「システム1」の感情的思考が優勢であると見抜きました。

人は感情で行動して、論理的にそれを説明しようとします。

だから間違うのです。

この理論がノーベル賞を受賞しているのです。

人は経済的合理性なんかで生きているのではありません。

人は「破滅の予感」に酔いしれるときに快感さえ感じることができるのです

※瀬戸際で戦う感じが、とても快感

 

関連記事

玉川徹氏のウクライナ戦争分析はどうして的はずれなのか?

********************

おすすめ記事

『人生が苦しい人へ』精神科医が長年の診察の結果行きついた人を苦しめる三つの原因とは?

宝くじあたった人、大金入った人が破滅するのはなぜか?

埼玉・郵便局人質立てこもり事件 86歳男の犯行 犯行理由は定期貯金?

なんと86歳

 

今だけ

【神】絶対願望実現できる!正しい目標設定の方法(誰でもできる)

あなたの中の気づけない恐怖心が願望実現を妨げています




 

 

※メルマガのバックナンバー読みたい方は、メルマガ倉庫をご覧ください

メルマガ倉庫

 

※特別付録 年金が心配な方へ 無料または低コストで起業できる方法【しかも安全でかんたん】




すぐにお読みください(完全無料)

特別情報
髪の毛で悩む男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

霊能力者60人集めた男の話

なぜ60人も霊能力者を? 本当に霊能力者っているのでしょうか? その答えを、元テ …

あなたの周りにいる危険な「聴く耳」とは?やっかいな奴

「謎の質問」     以前、次のようなご質問をいただきました …

ピンクレディーのBBからラブホテル王へ/金持ちになる方法

バックバンド 「私は千葉県佐倉市の出身です。 高校時代からギターにのめりこみ、卒 …

水原一平氏の騒動 大谷翔平球界追放に発展するか?

大谷翔平選手の     通訳として人気者だった水原一平氏です …

なぜ気象庁はトンガ火山噴火による津波を予測できなかったのか?

なぜ津波を予測できなかったのか? この記事でわかること 1・気象庁はなぜ津波を予 …

あなたがお金持ちになれない原因はこれかもしれません

「ある病気」が原因かも お金持ちになりたい、夢をかなえたいと誰もが思うものですが …

ジャニーズ事務所と大島珠奈との共通点とは?

性暴行の数々を知らなかった ついにジャニーズ事務所の王国が崩れ始めました。 現社 …

自殺する男の心の中とは?

五月は精神病の季節 読むと 死にたいほどツラい人の 深層心理がわかります 五月は …

現代人がこころの不調に悩むのはこれが原因かも?

21世紀になって       ますます心の不調を訴 …

人生が一瞬で「良くなる」方法とは?考え方を変える方法

不幸になる人       新興宗教にハマって、人生 …