精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

あなたが騙されやすいと感じているなら、知っておいた方がいい話

   

この記事はあなたにとってお得です

 

騙されやすい人は、ある術にかかっている可能性が高いです。

ある「術」?

それは催眠術です。

この記事では、催眠術のかけ方も説明しますのでお得です。

めったにお目にかかれない、催眠術にかけられる時の精神状態も説明します。

催眠術をかける筆者

 

 

 

1・マジシャン

 

じつはマジック(手品)と催眠術は相性がいいのです。

KILAというマジシャンは催眠術を駆使できるのですが、その彼が空手の世界チャンピオンに催眠術をかけています。

そういうYouTube動画が公開されているのです。

なぜ空手と催眠術?と思ったかもしれません。

じつは武術の世界にはある都市伝説があります。

それは(気功系の武術に多いのですが)師匠が弟子たちを、手を触れることなく投げ飛ばす技術が存在していると言われています。

存在していると言われているというより、実際にそういう動画をYouTubeで観ることができるのです。

武術の世界では、これを「気の力」で投げているとか、催眠術だという説があります。

それをKILA氏が実際に催眠術をかけながら解説しています。

これは、面白いですよ!

 

催眠術武術の一例(テレビ放送)

 

 

2・催眠術のかけ方

 

まず両手をパーの形にしてぐっと力を入れて、左右の人差し指をくっつけてください。

残りの小指くすり指中指は、左右からめてください。

親指は、両方重ねます。

そして人差し指に力を入れてそらせることで、人差し指の間に空間を造ります。

これができたら、人差し指の間の空間を「じっと見つめてください」と催眠術師が言います。

そして・・・・・

「じっと見つめていると、指が次第にくっつきます。ほーら、どんどんくっつきます」と言うのです。

これを聴いていると、本当に指がくっつき始めるのです。

いったん催眠術師の言葉が本当になると、次々と出てくる暗示の言葉通りになっていきます。

これが催眠術の導入部分です。

 

さて、ひととおり催眠術を空手の世界チャンピオンに行ったKILA氏は解説し始めます。

「催眠術のかかった状態というのは、術師の言うことを聴いても聴かなくてもどっちでもいいみたいな感じになります。

私が「指がくっつきます」と言ったとき、本当に指が動き始めてくっつきそうになった時でも、頑張ればその状態をやめることができる感じだったはずです」

ここで催眠術をかけられた武術家たちは、「そういえばそんな感じだったな」と口々に言います。

そうです!

これが催眠術をかけられる時の、入り口の状態なのです。

※頑張ればその状態をやめることができると感じている

 

その状態からどうして深い催眠状態に引きずり込まれてしまうかというと、その時感じている「ある気持ち」のせいです。

「ある気持ち」とは、せっかく催眠術かけてくれているのにやめたら悪いかな?みたいな感じです。

あるいは、催眠術師の先生に恥をかかせたら、悪いから、みたいな感じでもあります。

じつは私も催眠術を研究していた時、わざわざ大阪まで催眠術にかけられるためにいきました。

深い催眠状態になることはできなかったのですが、確かに「催眠術師の先生に恥をかかせたら、悪いかな」と思い、従った記憶があります。

催眠術はかかりやすい人とそうでない人がいるのですが、かかりやすい人はここからどういうプロセスで深い状態に入るのでしょうか?

それは主婦の「夕食の支度問題」を思い出すと理解できます。

 

 

3・めんどくさい夕食の献立

 

主婦の「夕食の支度問題」とは何かというと、毎日献立を考えるのが面倒だという全国4000万人の主婦の方のお悩みです。

なぜこれが面倒かというと、「毎日自分の頭で考えるのが苦痛だ」ということです。

つまり学校の給食みたいに献立表があって、今夜はこれ、明日はこれ、という風に決まっているなら後は作るだけなので楽です。

何が言いたいかというと、人間は「自分で決める」ということが本当は苦痛だということです。

人間は自由を求めて不自由を嫌いますが、一方で何でも自分で決めないといけないと言われると苦痛に感じます。

これは、脳の性質です。

催眠術にかけられる時というのは、催眠術師のいうことに従っていればいいという状態なので、脳は「これは楽だ」と感じます。

そういう感じで催眠術師の言うことに従っていると、脳は自分で判断したり自発的に考えたりしなくなるので、活動レベルが低下してボーっという状態になります。

これが深い催眠状態です。

しかしこういう状態になるには、ある条件が必要です。

それは「催眠術師が信用できる」と脳が判断しているときです。

これをラポールといいます。

くりーむしちゅーの上田晋也さんは催眠術のかからないことで有名ですが、テレビではタレントが催眠術にかかって馬鹿なことをするのが放送されます。

あの状態って、タレントさんは「本当に催眠術にかかっているか、そうでないか」は問題ではありません。

だって番組収録中に「俺は全然かかっていないぜ!」とかいったら番組がぶち壊しになることがわかっているからです。

ですから必然的に「空気を読んで」催眠術にかかっているのを装います。

でもそれって、最初に言った「せっかく催眠術かけてくれているのにやめたら悪いかな?みたいな感じ」でもあるし

「催眠術師の先生に恥をかかせたら、悪いから、みたいな感じ」でもあります。

ここに騙されやすい人と同じ特徴があります。

空気を読む

 

 

まとめ

 

催眠術にかかってしまう心理とは、「せっかく催眠術かけてくれているのにやめたら悪いかな?みたいな感じ」と、

「催眠術師の先生に恥をかかせたら、悪いから、みたいな感じ」が関係しています。

人間は集団の中で社会生活を営みますので、他人の気持ちを思いやる本能があります。

これがあるから前述のような心理になるし、それが発端で深い催眠状態に引きずり込まれたりします。

また一方で、「脳は決断するのがめんどくさい」という性質も持っています。

それゆえ、誰かがぐいぐい引っ張ってくれたら、決断しなくていいので「楽だ」と思ってしまうのです。

これも人間が集団の中で社会生活を営無ことと関係があります。

一人の強いリーダーが集団を指導する状態になりやすい性質があるからです。

すなわち、騙されやすい人はこれらの「催眠術にかかりやすい人」と共通部分が多いのです。

それは「他人に同調して反対意見を言えない」性質と、「こんなこと言ったら自分で判断しなくちゃならなくなるので面倒なことになる」という性質が強く関係しています。

つまり騙されやすい人は、「主体性がない人」です。

最後にこれを克服する方法を説明します。

それは・・・・・・・

誰かに催眠術をかけて、なるほどこういうことか!と実感すれば、騙される人がどういう人なのかわかります。

動画

【禁断】触れずに動かす!合気道や武術の不思議な技を一流マジシャンが解説します

 

おすすめ記事

厳選メルマガ「他人の心を読めれば人生思い通りに!」

 

自己洗脳で性格を変えることはできるのか?

※メルマガのバックナンバー読みたい方は、メルマガ倉庫をご覧ください

メルマガ倉庫

 

※特別付録 年金が心配な方へ 無料または低コストで起業できる方法【しかも安全でかんたん】




すぐにお読みください(完全無料)

特別情報
髪の毛で悩む男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 - メルマガ倉庫

  関連記事

自己洗脳で性格を変えることはできるのか?02

人は皆、「誰かに」洗脳された経験がある   本日のメルマガを読むと 自 …

テレビの選挙結果予想全滅!その原因は?

事前のテレビ予想 事前のテレビ予想は、与党は減 左派野党は躍進というものでした。 …

プーチンが終わるとき日本に何が起きるのか?恐ろしい未来

テレビでは、   イスラエルとハマスの戦争で持ちきりの状態です。 ガザ …

お金持ちになりたいなら「ブラジャー」を売るしかない!秘密の下着

驚かないでください。     『ブラジャー』とiPhoneは …

ウクライナ・ゼレンスキー演説と北朝鮮ICBM発射の関係を言わないマスコミの不思議

国会でゼレンスキー大統領が 3月23日に演説を行いました。 その翌日に北朝鮮がI …

NHKが報じないジャニー喜多川氏の醜聞、どうするNHK?

黒船来航 日本は昔から外国から来たものに弱いですが、今回も来ました! 「イギリス …

ぜひ読んでください!あなたと日本について大事なこと

知っているようで知らないのが、       都道府 …

あなたが起業しても失敗する理由とは?

本日の記事は大変本質的なこと が書いてあるのですが、他のブログなどでこういう記事 …

NHK党立花孝志10億円で中国人スパイに買収されていた!?

NHK党の立花党首が次回参議院選挙の     公認に、原田優 …

子供の前でこれをするのは、虐待と同じ酷い行為って知ってますか?

子供の前で舌打ちをする親は最低です。 なぜなら子供も舌打ちをやめられない、人から …