精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

ウクライナ戦争が終わるとき世界に何が起きるのか?

   

世界に何が起きるのか?

答えは「デカップリング」です。

「デカップリング」とはカップルだったのをやめるという意味で、金融的には「切り離し」みたいな意味を持っています。

これが起きると、日本に大変なショックが襲います。

物価高と失業

1・ロシアの金融制裁はデカップリング

ウクライナに侵攻したロシアに対する制裁として、SWIFTと呼ばれる国際的な決済ネットワークからロシアの銀行を締め出す政策を実施しました。

この効果はすさまじく、ロシアの通貨ルーブルは大暴落しています。

さらにこの金融制裁措置を、ロシアに肩入れする周辺国にも広げると警告しています。

その結果、SWIFTから除外された国は経済が立ち行かなくなることになるとわかり始めました。

 

2・なぜ経済が立ち行かなくなるのか?

これは基本的なことですが、「お金とは何か?」ということと関係しています。

第二次世界大戦以前から世界的に通用するお金とはドルでしたし、今もそうです。

ところが昔のドルは、金本位制と言ってアメリカがドルの価値を担保してくれるという仕組みがありました。

具体的には、自分が持っているドルをアメリカの中央銀行に持って行くと、同じ価値の金と交換してくれるという仕組みです。

つまりこれは、江渡時代の両替商と同じ仕組みです。

そのころのアメリカは、交換できるように大量の金の延べ棒をストックしていたのでした。

しかしニクソン大統領の時にこの政策をやめました。

その結果、お金と言うものの概念が変わってしまったのです。

今回の国際的な決済ネットワークからロシアの銀行を締め出す政策を行っても、ドルと金を交換する仕組みが残っていたなら打撃を与えることはできなかったでしょう。

ロシアのルーブルを金に交換すれば、それはドルと同じことだからです。

金はドルに交換できるからお同じです。

しかし、ニクソンがドルと金の交換をやめたせいで、ドルはいくらでも発行できることになりました。

その結果起きることは、「誰も知りません」。

人類はそういうことを行ったことがなかったので、経済学者の中でも論争が起きるほどなのです。

それでもドルは世界の基軸通貨として世界中を駆け巡っていますから、ドルと金の交換をやめたことでお金が消えるわけではなかったことが証明されました。

では元に戻って、「お金とは何か?」ということです。

お金とは「信用」だと言えるでしょう。

人びとが100ドル札とか一万円札とかにそれだけの価値があると信じ、お店に持って行くと相当の商品と交換できることが「信用」です。

お店に持って行くと相当の商品と交換できると多くの人々が「信じていること」が、お金の価値だと言って間違いないでしょう。

そして基軸通貨であるドルの場合、アメリカと言う国の経済力と「軍事力」がその信用の後ろ盾です。

アメリカがいかに経済力があったとしても、戦争で負けて潰れてしまうようでは信用するわけにはいかないからです。

世界中の国が発行するお金は、元をたどるとドルといくらで交換できるかということで、その信用を保っています。

今回のSWIFTからの除外は、自国通貨とドルとのつながりを断ち切ることだったのです。

これによりルーブルは糸の切れた凧のようになり、くるくる回ってどこまでも落ちて行っています。

「軍事力」が信用の後ろ盾

3・青くなる中国

これがデカップリングの怖ろしさです。

デカップリングは通貨だけでなく、スポーツの世界でも起きています。

他の文化的なことや、人の移動にもデカップリングが起きるでしょう。

これは切り離された二つの世界になることであって、大げさに言うと同じ地球上でありながら、別々の惑星に暮らしているようなことになります。

もちろんこれが定着するまでには、産業の大転換が起きることはいうまでもありません。

例えばニュースで言っていましたが、ロシアからの魚介類を輸入する商社はさっそく倒産の危機に立たされているそうです。

しかし、ロシアのような独裁国家と付き合うことの恐ろしさを知った西側諸国は、デカップリングを行わざるを得なくなっています。

それは中国との付き合いでも同じです。

ドイツはロシアとの関係が深かったのですが、ウクライナ戦争が起きたことでデカップリングせざるを得なくなりました。

おなじことが起こります。

これまで中国の安価な労働力と、14億人と言う巨大な市場に眼がくらんだ日本企業は、中国市場からの撤退を渋っていました。

ところが独裁国家の軍事的暴走を見たことで、中国と付き合うことの危険性がわかりました。

中国が台湾や香港に軍事的行動に出るとしたら、金融制裁が行われることが確実でしょう。

それは中国とのデカップリングです。

デカップリングとは、同じ地球上でありながら、別々の惑星に暮らしているような分断を発生させます。

そうなる前に、自分の手で中国と縁を切ったほうが賢明だと多くの企業は思い始めたことでしょう。

まとめ

ロシアの暴走を中国は注意深く見ているとみて、間違いありません。

習近平はこの後でプーチンがどういう結末を迎えるのか、気が気ではないでしょう。

そればかりでなく、中国に進出している外国企業がデカップリングすることが悩みの種になったことでしょう。

しかしこれは私たちにも、さらなる物価の高騰という試練になることが確実です。

※地球のあちら側とこちら側に分かれて住もう

ベルリンの壁と万里の長城


関連情報
ウクライナ戦争の知られざる怖ろしいこととは?

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

誰でも知っている「あの話」一番悪い奴は亀だった?

日本の昔話でいちばん理不尽に感じるのは、 「浦島太郎」ではないでしょうか? じつ …

なぜロシア軍は驚くほど弱かったのだろうか?びっくりの事実

ウクライナ侵攻したロシア軍は、最初の予定では 二日で東部地域を制圧する予定だった …

霊能力者60人集めた男の話

なぜ60人も霊能力者を? 本当に霊能力者っているのでしょうか? その答えを、元テ …

テレ朝玉川徹氏のウクライナ戦争分析はどうして的はずれなのか?

玉川徹氏がテレビ番組で、 ウクライナ政府ははやくロシアに降伏すべきだと発言し、批 …

おんなが金持ちになるために絶対に必要なものとは?

女性がお金持ちになるためには、 「不必要なもの」があるのです。 それを捨てること …

現在完了とは何か?

have+過去分詞 中学生のとき、英語が嫌いになる原因のトップが「文法」です。 …

新型コロナ日本以外で再拡大が始まった?

感染急増 BBCの記事です。 事実ならば、怖ろしいことです。 また世界が混乱に戻 …

超能力で相手の考えていることを読めると、人間関係で苦労することがありません【超能力獲得方法】

「相手の考えていることを読める」 というのは、テレパシーでなくても出来ます。 そ …

第二回日本人がiPhoneを創れなくなった本当の理由とは?

年配の日本人なら、ウオークマンや トリニトロンテレビを創ったソニーに、iPhon …

蟹人間ではなぜダメなのか?

カニ人間とは何でしょうか? ショッカーの改造人間ではありません。 蟹は人間と骨格 …