精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

本当にこれだけはヤメテ!女性が確実に嫌いになる男ワースト1!

   

一番嫌われる男性の

タイプがありますが、意外に男たちは判っていません。

逆に言うとこれの反対をすると、めちゃくちゃにモテるということです。

とっても簡単なあることなのですが、意外に男たちは判っていません。

一体なんだと思いますか?

1・一番嫌われる男性

答えは

「しつこい男」だそうです(女性から聞きました)。

なんだそんなこと?と思いましたか?

でもしつこい男と思われることを、男はついついやってしまいがちです。

2・女はあっさり

よく言われることですが、女性は過去の恋愛に拘泥しません、という人が多いです。

例えば固定電話しかなかった時代には、まだまだラブレターで愛をささやく習慣が残っていました。

電話だと話し終わったら何も残りませんが、ラブレターは残りますよね。

それで別れた後でもしつこくそれを残していて、捨てられないのが男の方です。

女性は冷たいというか、終わった恋に未練がない人が多くて、ラブレターなんかさっさと捨ててしまう人が多かったそうです。

電話は話し終わったら何も残りませんが、今またメールやラインが使われるようになって、消去できない男が増えています。

未練たらたらなのです。

こういうことでもわかるように、男の本性は「しつこい」のです。

だから意外と自分がしつこいヤツだと判っていない男が多いんですね。

そして、しつこくない男になるにはとても大事なことがわかっていないとなれません。

何だと思いますか?

3・美は細部に宿る

美人な人っていますが、美人顔は次の特徴があります。

1.顔の部品が程よく大きい

2.左右対称である

3.色白の方がいい

これらの特徴が表すものをひとことで言うと、「表情がわかりやすい」ということです。

つまり顔と言うのは、ディスプレイなんです。

あなたが漫画家だと想像して、ヒロインを作画すると考えてください。

ヒロインですから、もちろん美女です。

そうなると、1.2.3.の特徴をすべて備えている女性にしようとするはずです。

ところが、1.2.3.の特徴をすべて備えている顔は、どんどん個性がなくなるんですね。

だから漫画の美女と言うのは、現実世界にいないぐらい目が大きい人に描かれます。

目が大きいぐらいしか、個性を出す方法がないからなんです。

何が言いたいかと言うと、美人顔と言うのは「個性がない」ほど美人なんです。

そしてブサイクであるほど、種類豊富です。

個性的であるというのは、ブサイクの穏やかな表現になります。

美人顔のバランスを崩すだけで、ブサイクになります。

つまり私たちの美意識は、「個性がない」ほど美しいと感じる部分があるのです。

元に戻って「しつこい」というのは、ある意味強調です。

強調がある一定ラインを超えると、ブサイク、つまり美しくなくなるのです。

しかし女性にアピールしたい男は、どうしても目立ちたかったり、しつこかったりしてしまいます。

でもそれはかえって逆効果になります。

行動が美しくなくなってしまうからです。

美しさというのは、何かを足すことで成り立っているのではなく、余分なものを無くすことで成り立っていると聞いたことがあります。

例えば自動車でいうと、非常に微妙な、洗練された曲線で構成されたボディが美しさを感じさせるものです。

でもやり過ぎは下品になります。

ところが、暴走族みたいな人たちは、クルマにウイングを付けたり、異常に太いタイヤに変えたりします。

それが「カッコイイ」と思ってしているのですが、普通の人の眼には奇妙でブサイクだと映ります。

つまりこれが、

美しさというのは、何かを足すことで成り立っているのではなく、余分なものを無くすことで成り立っているということです。

まとめ

日本舞踊なんかやると、男の所作に品がでます。

つまりたたずまいが美しくなるのですね。

心の中も同じで、正しい美意識があると女性にモテるようになります。

でもふだん「美とは何か?」を考えたことが無い人は、ついつい飾り立てるのが美への道だと思いがちです。

ちょうどアクセサリーで飾り立てるような感じです。

男のしつこさも、これと同じです。

何かを足さないと美しくならないのでは?、という気持ちと同じです。

まだ足し方がたらないかな?と不安になるから、しつこくなってしまうのですね。

ひかえ目でもモテるタイプこそが、女が放っておかないと言われるタイプなのかも知れません。

※誰が見ても美しいものは、足し算では創れない

 

特別付録

髪の毛でなやむ男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

眠れぬ夜をどう過ごすか?

怖ろしいことです! コロナが怖くて寝不足になる人も大勢いました。 コロナ以前は、 …

映画監督園子温、女優に対する性的搾取問題は思った以上に罪深い

「ハーレムおじさんでしたね」 園子温監督の作品に出演経験のある元女優はこう明かし …

知らないとますますこじらせる!間違った謝り方4つ

ますます怒らせてしまった あなたは誠心誠意謝っているのに、他人をますます怒らせて …

香川照之セクハラ問題ひろゆきに波及

俳優の香川照之さんが銀座のクラブで ホステスのブラジャーをはぎ取るという蛮行をし …

モナリザを盗んだ男「パブロ・ピカソ」最後の大どんでん返し

あるはずの絵が無い 1911年の夏、『モナリザ』のスケッチに来た画家がルーブルの …

知らないと不幸になる!人生で必ず遭遇する4つの仕組み

「こんなはずでは!」と後悔 ※この記事は前回の続きです。 前回記事を読んでおくと …

統一教会は韓国政府が創った日本侵略のための組織だった?

安倍元首相襲撃犯の山上徹也が 母親の統一教会被害を暴露したために、この団体に対す …

焼き鳥問題を知らない人は時代に取り残されます

怖ろしい事件が進行しています!(って、だいぶ昔の話)   ご存知でした …

山口県阿武町が24歳の男性に誤って4630万円を振り込んだ問題

2022年5月18日午後、男性の弁護士が取材に応じ、 「本人は今資産もない」「少 …

安倍晋三元首相銃撃!犯人の素性が明らかに!

2022年8月8日午前11時30分ごろ 安部元首相が選挙応援の演説中に銃撃され、 …