精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

「夫をこ○す方法」著者 夫を殺害した罪で逮捕有罪

   

オレゴン州ポートランドの裁判所

の陪審は25日、夫を殺害したとして妻である被告に有罪評決を言い渡しました。

被告は作家で、夫を殺す方法と題したエッセーを発表したことがあります。

メディアは警察からの情報をこう伝えています。

ロイター(2018年9月)によると「エッセーに書いた自らの「助言」に沿って夫の殺人を実行したとされる」

2018年、被告の夫は講師を務める料理学校で射殺されていました。

検察は被告が夫の後をつけ、勤務先の料理学校で拳銃で撃ったとしています。

 

1・驚愕の事実

映画や小説と、この事件が大きく異なる部分があります。

それは犯人の本があまり売れていないことです。

映画や小説だと、売れっ子作家の犯行になることがほとんどですが、事実は違いました。

あまり売れていないのでお金が無くてストレスで犯行に至ったようです。

しかし、殺人というのはあまり「お金儲け」には結びつきません。

せいぜい遺産目当てか保険金殺人か、強盗ぐらいです。

殺人事件のほとんどは怨恨が原因で起きています。

お金が目的で殺人をすることはあまりなくて、お金が欲しいのだったらもっと罪の軽い詐欺でもしたほうがずっと効率的です。

恋人が好きすぎて殺してしまった阿部定

 

2・「夫をこ○す方法」の内容

夫が殺人で死亡した可能性がある場合、真っ先に妻が疑われると書かれています。

そのため、警察の追及が必ず来るのでこの部分が夫殺しの一番問題になる点だそうです。

それを知っていた犯人が犯行に及んだのですから、少し間抜けな気がします。

夫を殺害するには四つの方法があるとこの本には書かれているそうです。

それは

1.ナイフ

2.毒薬

3.銃

4.殺し屋を雇う

それぞれに欠点があると説明されています。

1.ナイフ(やるときにこちらも血だらけになる、反撃されやすい)

2.毒薬(力の弱い女性が毒を使うことは予想されるため、警察の追及を受けやすい)

3.銃(大きな音がする、扱いなれていないと致命傷を与えられない)

4.殺し屋を雇う(そもそも殺し屋がどこに行けばいるか、あなたは知っていますか?)

もっともな意見です。

つまり、殺人というのは本気で考えてみると「バレない、逮捕されないという条件」は非常に難しいことがわかります。

ですから、ナイフや毒や銃や殺し屋を使うのは「本気の殺人」向けではないことがわかります。

最高の殺し屋は見つけられない

 

3・これが正しいやり方

夫を殺害するには良い方法があります。

そしてこれは妻だけが使える方法で、夫が妻に仕掛けるのは普通できません。

さて先の四つの方法、ナイフや毒や銃や殺し屋を使うのは、ある条件があるということを無意識に考えているからこういう選択になります。

ある条件?

それは実行したらその場で死んでしまう、という結果を想定しているということです。

無意識に、殺人とはそういうものだと考えてしまうのですね。

※殺人に即効性を求める

しかしこの無意識の条件を取っ払うと、意外に簡単に完全犯罪ができることがわかります。

その方法は、食事で殺す方法です。

夫が血圧が高いのであれば食塩の多い料理にします。

糖尿病の遺伝子を持つ可能性があれば糖の多い食事。

発癌性の高い食事もイケます。

お酒もアルコール成分が高いものを嫌というほど飲ませましょう。

タバコをやめたいなんていったら、無理にでも吸わせるのです。

夜更かしさせて運動は禁止します。

ドラッグも効果的です。

こういう方法で、妻は夫を合法的に葬ることができます。

恋人時代はあんなにかわいかった妻が・・・

 

まとめ

 

多くの男は恋愛中あんなにかわいかった妻が、結婚したら怖ろしくなる理由はここにあるのかも知れません。

妻の怒りを買うと、合法的に殺されても文句が言えないのです。

くわばらくわばら(難を避ける呪文です)

関連情報

DV妻からの言葉の暴力から逃げる方法とは?

 

特別情報
髪の毛で悩む男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

あなたは正解?試着室でのこの質問

期待して読んでも 試着室での質問というわけですが エロイ話題ではありません。 エ …

京王線ジョーカー事件は繰り返される

電車通勤の人は危険! 2021年10月31日午後8時ごろ、東京都調布市の京王線布 …

熊本産アサリ産地偽装事件はまた繰り返される?いつまでも終わらない事が確実

熊本県で名産のアサリが じつは97%が中国産だったことが発覚しました。 この事件 …

あなたは解けますか?このクイズ/不幸になる女の特徴

現実に近い話 奇妙な特徴を持つ彼氏の謎です。 このクイズは架空の女性ですが、限り …

地球温暖化防止COP26は正しいのか?

国連の会議 イギリスで開かれていた気候変動対策の国連の会議「COP26」ですが …

榊英雄、俳優の木下ほうかに続いて映画監督園子温の性加害がバレて、三人の他にも?

映画監督の榊英雄、俳優の木下ほうかによる「性暴力」が 明るみに出て映画界・芸能界 …

知らないと人生を損する「女のウソ」の見抜き方

女性の方がウソつきである ということの、本当の理由を知らない男がいます。 そうい …

第二回絶望的な未来、経済成長はもう来ないことがわかりました

2022年6月衝撃的なニュースがありました。 24歳の国税局の現役職員がコロナ対 …

3月22日連休明けの大きな話題二つ/ボーイング機体がほぼ垂直に落下

ひとつめは中国での航空機墜落事故です。 これってメディアは言っていませんが、「事 …

本当にあった怖い話 5○歳男性が18以上年下美女と結婚した結果!

若い女性が好きな 婚活しようとしている男性は、これを読まずに結婚するのは危険です …