精神工学研究所

あなたが貧乏から這い上がれないのは、金持ちの「社会的洗脳」のせいだった?

*

ストーカーに逢いやすい女性の傾向4つ。|社会的洗脳の弊害(1)ストーカー

      2016/11/17

公務員を望むような男ってkoumuin

 

金持ちたちが貧乏人を這い上がれないようにしている仕組みを「社会的洗脳」と言います。

この仕組みにより社会に大きなひずみが生まれています。

ストーカーや異常心理・貧困もそのひずみが生み出したものです。

つまり貧乏から脱出できないのも、ストーカーになってしまう原因も元は同じだったのです。

ストーカー事件がときどき起きますが、それが気になって仕方がない人は「じつは自分もそうなる可能性がある」と自分を疑う人だからです。

原因と対策を説明します。

 

お勧め記事

超能力で人の心を読み、馬鹿にされる人生からサヨナラできる方法(※無料)があったら知りたいですか?はい、ぜひ!

「超能力(超頭脳力)で、頭を良くして3ランク上の人生を送る方法」※無料があったら欲しいですか?はい、ぜひ!

超能力で株価や地震を予知し快適な人生を送る方法を知りたいですか?はい、ぜひ!

1・ストーカーとは?01

特定の人につきまとう人のこと。つきまとい行為を「ストーカー行為」「ストーキング」とも言います。

三鷹ストーカー殺人事件(みたかストーカーさつじんじけん)とは2013年10月に東京都三鷹市で発生した殺人事件で、当時18歳の女子高生が殺害された。

本事件が誘引となり、リベンジポルノの関連法案が成立した。

女子高生は学校内の学業成績も優秀であり、英語コースで成績はトップクラスで海外留学をしており、死亡時は高校3年生で都内大学の推薦入試を受ける予定だった

2011年10月頃、関西在住の男性が東京在住の女子高生と実名制SNSを通じて知り合い、同年12月から遠距離恋愛という形で交際を始まった。

男性は日比混血児の高卒フリーターだったが、南米ハーフの関西有名私大学生と偽って交際していた

約1年間交際していたが、女子高生が2012年秋に外国留学するようになった頃から男性への別れ話が出た。2013年春に女子生徒が留学を終えて帰国したが、男性は執拗に復縁を求めた。

女子高生は男性からの連絡をしぶしぶ取っていたが、2013年6月からは携帯電話を着信拒否し、連絡を完全に絶つようになった。

男性は昼過ぎ女子高生宅2階の無施錠の窓から侵入し、1階の女子高生の部屋のクローゼットに隠れて、殺害の機会をうかがっていた。

女子高生はその日に1人で高校に登校し、授業が終わった後で帰宅した際には両親は仕事等の用事で外出しており、自宅には女子高生一人だった。

16時53分、男性は女子高生の部屋で潜んでいたクローゼットから出て、ペティナイフを持って女子高生を襲撃した。男性は女子高生宅の外の道路にまで逃げた女子高生を追廻し、首や腹に11カ所の刺し傷や切り傷をおわせた(致命傷は3カ所あった)。

16時55分に路上で倒れている女子高生が発見され、110番通報がされたが死亡。

ストーカーの心理

横浜市にある、マンションの一室。
集まっていたのは、ストーカーやDVの加害者です。

男性
「近くに包丁があったから握った。」

男性
「自分の所有物が勝手に出て行った。
心の中から聞こえてくるんですよ、“奪還せよ”。

元ストーカー
「衝動的な行動に出たくなる。
殺意が一瞬で芽生える。」

元ストーカー
「自分のこと、まだ(彼女が)理解できていないから、避けられているんだと思っちゃうんですね。
もっと自分のことを分かってほしい、分からせてやる。
余計、追いかけたくなるという心理が働きます。」

元ストーカー
「自分が許可していない態度をとるな。
自分の思いどおりに動いてくれる人形だと思っていたんですけど、支配欲がすごいあったと思います。」

元ストーカー
「自分も、もしかしたら、過ちを犯していたのではないかと思った。
もうこれ以上、自分は裏切られて悲しい思いをしたくないとか、もうつらい思いをしたくないというのがすごい高まって…。
(殺すことで)自分の手の中に入ったような気持ちになっていると思うんですよね。」

ストーカーの性格による分類

妄想障害型 … 好かれているはずだと思い込む。昔から存在した。

ボーダーライン型 … 嫌われることに敏感。現代増えている

未練執着型 … 別れた恋人や配偶者にストーキングする。

妄想型 … 一方的な恋愛感情や被害者意識。

中核型 … 相手を支配しようとしたり、相手の心の中に『巣くおう』とする。最も現代的な型。

 

2・ストーカーになる心理とは?02

若者に広がる ストーカー予備軍

首都圏のおよそ50の大学などで、学生に行ったアンケートです。

男性 大学2年生
“好きな相手を支配したい。”

女性 大学2年生
“強い束縛は愛されている証拠。”

支配や束縛が真の愛情だと考える記述が、多く見られます。

こうしたゆがんだ恋愛観が、ストーカー行為につながりかねないというのです。

この傾向を加速させていると吉祥さんが考えているのが、スマートフォンの普及です。

GPSで居場所を調べたり、常に連絡を取りあえたり、使い方によっては、容易に相手を束縛することができるからです。

「どれくらいの頻度で(連絡)してます?」

男子学生
「ずっと、朝から寝るまで。」

女子学生
「今、一緒にいる人の写真を彼氏に毎回送らないといけないとか、メールは10分以内に返さないと、電話がかかってくるとか…。」

親に、あんた何やってんのよと言われることもなく、2人の間だけで、どんどんエスカレートしても、誰も気がつかない。

予備軍として、たくさん控えているし、今後も、そういった危険な事件は起こる可能性は大変高いと危惧されます。

 

ストーカーに逢いやすい女性の傾向



「恋がないとダメ!」恋愛気質タイプ

すぐに、他人を信用し、恋に落ちてしまう。時と場合によっては、体をすぐに許してしまう。

そんな女性が、ある日、恋人のいやな側面を見たり、他の男性に目を奪われたりして、別れを切り出す。

「そんな気はなかったのに……」八方美人タイプ

話し方や、振る舞いが原因となる八方美人タイプ。

男性に気のある素振りや曖昧な返事、または勘違いされる様な行動を取る人です。

自分にその気はなくとも、相手が偏った受け取り方をすれば、その分、期待も膨らみます。

「もめたくないし……」押しに弱いタイプ

人と意見が対立することを極端に避ける人や、同情心の強い人も、ストーカーに遭いやすいタイプです。

常に相手に言われるがまま、それでは「何をしても許されそう」と思われたり、「自分より立場が下」と思われたりしがちです。

「彼のこと信じてるの」人任せタイプ

恋人関係になると、自宅のテレビの設置や、引っ越しを彼に任せるなんてこともあるでしょう。

さらには、もっと身近なパソコンやスマホの設定すら、お任せなんてこともする人です。

すると、クレジットカード情報やメールアカウントといった、本人しか知らない情報も渡してしまうことになります。

こうしてみると、現代社会がストーカーになる心理を産みだしているようです。

 

3・ストーカーになる本当の原因03

本当の原因は、若者の心理的未熟さにあります。

特に現代社会は、男性が成熟できない仕組みに支配されています。

男性が成熟できないというのは、猿の本能に基づく動物的成熟を意味しています。

私は人間である前に、まず猿の一族の本能が満足されるような環境が大切であると考えています。

そういう本能的な満足があったのちに、理性的な脳の活動があります。

しかし、今日の社会はこれができないようになってしまいました。

猿の社会の仕組みから説明します。

猿の群れで子供が育つとき、オスは大きくなると群れを追放されます。

攻撃的な若いオスが多いと、群れが不安定になるからです。

追放されたオスは単独で餌をとり、敵と戦いながら旅をします。

そして生き残ったオスはたくましくなり、元の群れに戻ったり新しい群れに出会います。

そこでボス猿と戦い、生き残れば新しいボス猿となります。

こういう冒険の旅が、オスには必要です。

それは人間にも必要であって、そのため昔からある物語の多くはそういうモチーフがあります。

桃太郎や、スサノオノミコトのヤマタノオロチ退治の話がそうです。

男の子は幼い時から、そういう話を聞かされて「やがて自分も冒険の旅をする」と、無意識に決心するのが本能に基づいた育ちなのです。

男の子が成熟した男になるには、冒険の旅が必要です。

スターウォーズ(第一作)という映画のプロットは、世界各国の昔話を分析して普遍的な物語を創ったと言われています。

それだからあんなに大ヒットしたのです。

そしてあの物語も、若者が冒険の旅をする話なのです。

しかし、なぜスターウオーズは宇宙の話なのでしょうか?

それは現代社会が、「若者が冒険の旅をする話」を禁じているからなのです。

20世紀は工業化社会であり、サラリーマンの世紀でした。

江戸時代には地方の農業従事者は代々農業家であり、その地で一生を終えるのが基本でした。

明治以降、国の工業化政策に伴い都市部や工業地帯で多くの人手が必要になり、そのため学校を出たら就職するというパターンができました。

それ以前は農業家の子供は農業になり、八百屋や魚屋の子供は後を継ぐというのが常識だったのです。

しかし国の工業化政策が進むにつれ、学校を出たら就職するというパターンが定着し、確立されました。

このパターンが100年以上繰り返された結果、日本人のほとんどはサラリーマン・サラリーウーマンになっています。

いわば「学校を出たら就職する」というのが、現代の常識なのです。

そのような政策を推し進めた結果、今日の日本の繁栄があります。

わが国の政府・特に文科省は第二次世界大戦の敗戦に懲りて、軍事的なものをタブーにしてしまいました。

それを口にすることさえ忌み嫌うようになったのです。

その結果、サラリーマン生産を推し進めることになり、これが敗戦後の日本の復興に役立ちました。

おとなしい歯向かわない国民を生産することがいつのまにか教義となり、そういう方針の教科書で義務教育が長く行われました。

やがてサラリーマン第2世代・第3世代になり、今では国民こぞってサラリーマン・サラリーウーマンです。

他に選択肢を見いだせません。

起業という選択肢があってもいいのですが、そこに目がいたりません。

ですから正道のサラリーマンからはみ出したものは、派遣になってしまうのです。

学校を出たら就職!

就職とは企業に雇われること!

これを常識として、それ以外の選択肢を考えられないようにしたのが、「社会的洗脳」です。

しかしこれが、猿の本能に基づくオス猿の成熟ができない原因になりました。

「冒険の旅」が猿の本能に基づくオス猿の成熟が必要なのですが、サラリーマンになることでは冒険にならないからです。

決められた道の上を歩むことは正常なルートであり、それから外れることが「冒険」です。

サラリーマン以外の選択肢を考えられないようにしたのが、「社会的洗脳」が若者の「冒険の旅」を失わせました。

おとなしい羊の群れのような会社員を増産することが、工業化社会の繁栄に必要だったからです。

これに成功することで、日本だけでなく先進諸国の金持ちは、ますます金持ちになりました。

それは会社組織という、効率的集金マシンを創れたからです。

金持ちはそういう効率的集金マシンを所有して、貧乏人から金を吸い取りました。

貧乏人の多くは、サラリーマンです。

彼らはすでに洗脳されていて、疑うことを知らず、おとなしい羊の群れのような性質です。

なぜ「おとなしい羊の群れのような性質」なのか?

それは社会的洗脳によって、冒険の旅が恐ろしいと思いこまされたからです。

「冒険の旅」を経験しないオス猿は勇気がなく、精神的に成熟していません。

そういう(人間の)オス猿はみかけより、はるかに子供じみた精神構造を持っています。

なぜなら大人になるための、「冒険の旅」を経験できない社会に育ったからです。

4・子供じみた精神構造04

子供じみた精神構造を持つと、なぜストーカーになるのでしょうか?

ここで基本的な質問をします。

愛とはなんでしょうか?

愛には2種類あるように、私は若い時感じました。

普遍的な愛情とは、「その人の幸福を願う気持ち」です。

恋愛的な愛情は、「その人が欲しい」という気持ちです。

未熟な心理を分析すると、愛情と勘違いしやすい感情がもうひとつあるといいます。

それは「依存」です。

なぜ人は「依存」してしまうかというと、それは「投影」という心理メカニズムが働くからです。

投影とは、普通は自分自身の中にある受け入れがたい不快な感情を、自分以外の他者が持っていると知覚することを言います。

これとは違い、精神的に未熟な男性は「恋人の中に母親像を投影」するのです。

つまり、恋人に母親代わりになってもらおうとする、無意識の傾向が子供じみた精神構造を持つ人には必ず存在します。

なぜなら成熟していない精神は、勇気がなく、それゆえに守ってくれる人物を渇望するからです。

そしてそれは(母親代わりの)恋人になります。

こう考えると、ストーカーの心理はたやすく理解できます。

自分を捨てようとする恋人は、幼児的心理にとって、幼児の自分を捨てようとする母親と同じなのです。

考えてください。

まだ、幼稚園にも行っていない子供にとって、母親に捨てられる恐怖がどのぐらいのものであるか?と。

ストーカーになる人の、ストーカーになってしまう時の心理状態は、それと同じです。

どんな態度を取ってでも、母親を取り返したいと望むのです。

それがストーカーになってしまう時の心理状態です。

それは、愛情ではありません。

普遍的な愛情とは、「その人の幸福を願う気持ち」ですが、そういう気持ちはありません。

ストーカーになってしまう人には、愛はありません。

母親の代理を求める、依存しかありません。

ですからその関係を壊し、自分との関係を断ってしまう(元)恋人を、激しく憎み時に殺したりします。

その憎しみは、殺しただけでは飽き足らず、リベンジポルノのようなことにも発展します。

ストーカーになってしまう人には、愛はありません。

無意識の性向が、子供じみた精神構造を持つ人だからです。

男女間の完全な恋愛感情は、成熟した男女間でしかありえません。

しかし、この情報過剰な社会では、中学生にも恋愛術が必要かのような強迫観念があります。

そのような未熟者同士の恋愛術では、依存しあって、結局傷つけあう関係だけしか生まれないのです。

それは見かけが大人であっても、未熟な精神構造を持つ者は同じです。

そして、未熟な精神構造を持つ者は(母親代わりの)恋人に、激しく依存します。

依存関係を断たれると、激しく恐れ、そして憎み、攻撃的になります。

これが、現代にストーカー事件が増えている原因です。

 

5・表面的な事象に惑わされない05

表面的なストーカー像とは

日本でのストーカー事案は、人間関係のもつれからつきまとい行為に発展するものが多いのが、現状です。
その人間関係のもつれは、一方的な別れという身勝手な行為から発生したものが多いとされています。

あなたは、理由もなしに別れを告げられたらどうしますか。
それが納得いかないような理由であっても、別れの理由を知りたいと思います。
別れの理由を知りたいと思うことはいけないことなのでしょうか。
それを教えて欲しいと迫る人は異常なのでしょうか。

誰だって、好きな人のことを知りたいと思うのは、ごく普通のことです。

しかしながら、好きな人のことを知るための手段が直接声をかけることしかない場合にはどうしようもありません。

積極的に声をかけられないので、ちょっと遠回りに近づこうとしているのです。消極的なのです。

恋愛が幼稚なのではなく、恋愛に臆病なだけなんです。

もちろんながら、見知らぬ誰かが、自分の周囲をうろついていたら気持ち悪いですし、迷惑なのはわかります。

だからといって、相手を見下した見方をしないでください。

上記のような表面的な分析では深層心理は判らない

多くの人は、ストーカー自身が何をしているのかわかっていないと思っていたり、迷惑行為だということに気づいていなかったりしていると思い込んでいるようです。

確かにそのようなストーカーもいるのですが、すべてのストーカーがそうではないのです。

自分が何をしているのか、その行為が相手に迷惑をかけているのか、をきちんと把握している場合があります。

「自分が何をしているのか、その行為が相手に迷惑をかけているのか」を把握できていると、この文章は説明しますが、根本原因はわかっていません。

もちろんストーカー本人も、自分を突き動かすものがわかっていないのです。

その正体は「依存」であり、「代理的母親としての恋人」との別れの恐怖です。

そしてさらにその原因に、オス猿としての性的未成熟があります。

だから「勇気のない男」になってしまいます。

ある程度時間が経つ(初期段階が終了する)とストーカーの多くは、自分の行為が正常な行為でない(許されない行動である)ことを理解します。それに相手に迷惑をかけていると思っている場合も少なくありません。

それでも、相手に対して何らかの行動を取るのは、目的があるからです。その目的と自分の行為を比較し、目的達成の方がより重要であると考えたうえで行動をとっています。
この段階で、うすうすストーカーではないだろうかとか、すでにストーカーだとか認識する人がでてきます。

残りの人はといえば、過激な行動に移行した場合に、自らをストーカーであると認識する傾向にあるようです。

上記は「じつは母親に対する執着である」と理解すれば、ストーカー本人の理解できない心の奥が、すっきり理解できます。

 

まとめmatome01

 

金持ちたちが貧乏人を這い上がれないようにしている仕組みを「社会的洗脳」と言います。

この仕組みにより社会に大きなひずみが生まれています。

ストーカーのような異常心理の原因は、依存です。

猿の群れで子供が育つとき、オスは大きくなると群れを追放されます。

追放されたオスは単独で餌をとり、敵と戦いながら旅をします。

そして生き残ったオスはたくましくなり、元の群れに戻ったり新しい群れに出会います。

そこでボス猿と戦い、生き残れば新しいボス猿となります。

こういう冒険の旅が、オスには必要です。

「冒険の旅」を経験した人間のオスも「勇気ある男」になることができます。

そして「成熟した男」の雰囲気がでて、それが「モテる感じ」を人間のメスの本能にも感じさせます。

それは本質的な、モテ方です。

どうしてかというと、そういう「勇気ある男」が「成熟した智慧」で、家族を守ってくれることが確信できるからです。

それが女性のもっとも求めるものです。

真に「モテる」男は、そういう「成熟した男」の雰囲気を持っています。

そしてそれは年齢には、関係がなくなります。

watashi
精神工学研究所
    山西 茂

 

お勧め記事

超能力で人の心を読み、馬鹿にされる人生からサヨナラできる方法(※無料)があったら知りたいですか?はい、ぜひ!

「超能力(超頭脳力)で、頭を良くして3ランク上の人生を送る方法」※無料があったら欲しいですか?はい、ぜひ!

超能力で株価や地震を予知し快適な人生を送る方法を知りたいですか?はい、ぜひ!

 

絶対に必要社会的洗脳を脱して金持ちになるための3ステップとは?

 

 

お金儲けはもちろん、恋愛成就、仕事の成功、対人関係の克服、夢の実現など、脳科学の見地から、正しい実践方法を伝授いたします。

引き寄せの法則や社会的洗脳の仕組みなどを正しく理解し、具体的な実践としての、誰にでも導入できる瞑想方法や自己催眠を詳しく解説します。

毎日1話、第一話から進んでいく無料メール講座です。

早い方は1ヶ月で効果がでます。登録はとても簡単で下記フォームにメールアドレスを打ち込むだけ。

このご縁をきっかけに皆さまの人生が拓けますことを祈念もうしあげます。

 

 - マザコン, モテる方法, 社会的洗脳, 金持ちの洗脳 , , , , , , , ,

  関連記事

kamonegi
逆らえない普遍的正義を言うブラック企業|金持ちの社会的洗脳の弊害(5)

洗脳の害 金持ちたちが貧乏人を這い上がれないようにしている仕組みを「社会的洗脳」 …

maney
元金持ち?与沢翼のメルマガとは?続編2

元金持ち?与沢翼のメルマガとは?   金持ち,与沢翼 本当のことを暴露 …

yozawa3
元金持ち?与沢翼のメルマガとは?続編3

元金持ち?与沢翼のメルマガとは? 金持ち,与沢翼 本当のことを暴露します。フェラ …

no image
赤とんぼ准教授教え子菅原みわさん殺害の洗脳とは?

事件の裏にある陰謀とは、   赤とんぼ准教授教え子菅原みわさん殺害の、 …

yozawa3
元金持ち?与沢翼のメルマガとは?続編4

元金持ち?与沢翼のメルマガとは? 金持ち,与沢翼 本当のことを暴露します。フェラ …

oosama
金持になりたいサラリーマンとは?資産の本当の意味は奴隷!

あなたは奴隷の意味を知らない   金持ちになりたいと思うサラリーマンが …

heart
変性意識状態とは?(4)社会的洗脳(貧乏人の世界)の仕組み。

異次元体験?   これは続編です。 まずこちらからお読みください 変性 …

haato
隠された洗脳技術の秘密について「一目惚れのテクニック」

一目惚れのテクニック   隠された洗脳技術の秘密について 苫米地英人博 …

maney
株FXで100%絶対確実に儲ける方法 感想06|金持ち 株 感想

感想 株       お勧め記事 超能力で人の心を …

gattu01
本当にできるマインドコントロール実践、洗脳とどう違うのか?

真実は   洗脳やマインドコントロールというと一般の人には「殴ったり脅 …