精神工学研究所

あなたが貧乏から這い上がれないのは、金持ちの「社会的洗脳」のせいだった?

*

ヴィパッサナー瞑想 京都の指導者が言えないこととは?

      2016/09/03

隠したい?dorei

 

 

ヴィパッサナー瞑想が京都から広まって、時に批判も広がるものです。

しかし瞑想やその指導者にはある特有の傾向があります。

その「ある特有の傾向」のために、批判が封じ込められることもあるのです。

その「ある特有の傾向」とは?

それは宗教的指導です。

もともとインドで生まれてお釈迦様がこの瞑想法で悟りを開いたことで有名になったヴィパッサナー瞑想です。

しかし、瞑想が広まるために宗教とは無関係を装う指導者がいます。

そうは言ってもその指導者が習得したところが仏教寺院だとしたら、その人はやはり宗教的価値観から逃れることはできません。

問題はそういう部分を隠して、宗教とは無関係を装う指導者がいることです。

そうして一番の問題点は人間は争うということです。

ヴィパッサナー瞑想指導者もこの人間の本質である「争う」ということから逃れられていないということが、下の文章を読むと理解できます。

少し長いですが、

結局、このような問題は宗教的方法では決して解決できないことが最後まで読むとわかります(途中冗長なので、最後だけ読んでもかまいません)

 

 

1・瞑想合宿(全12日間)01

 

日本ヴィパッサナー瞑想センター、ダンマバーヌは、京都、丹波の静かな山の中に位置しています。

大阪、京都、神戸といった関西の大きな都市の中心から約1、2時間で行くことができます

JR京都駅山陰本線(プラットホーム31-33)より園部、福知山方面の電車に乗車。

園部駅から、JRバスで “桧山(ひのきやま)” バス停へ改札出て右側の階段を降りるとバス停があります。 バス停は1カ所のみで、すべて桧山に止まります。

桧山バス停へセンターから車で迎えに来るそうです。

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想合宿(全12日間)に参加してきました。

ヴィパッサナー瞑想については、何度か書いていますが、お釈迦さんが悟りを啓くのに使われたと言われる瞑想法で、今でもテーラワーダ仏教で伝統的に行われています。」

「ミャンマーには多くの瞑想センターがあり、各自が自分にあったセンターを探し、そこで修行しているようです」

「マハーシ式のヴィパッサナー瞑想をやっていたのですが、***さんはまた別の方法でやっていると聞いていたので、どんなものか楽しみに行きました。

ゴエンカ式は、10日間の合宿が前提です。

到着日と退出日を入れると12日間拘束されることになります。

10日間の合宿中は沈黙行です。

特に参加者同士の会話は全く無く、目を合わせることも、ボディランゲージも一切禁止、「聖なる沈黙」を守ります。

当然テレビなどはなく、音楽、携帯電話、雑誌、筆記、等はすべて禁止です。

食事は、朝と昼の2回のみ、これは伝統的な仏教の食事であり、瞑想に適した食事だと言われています」

批判

なぜ、合宿が前提なのか?

しかも12日間というサラリーマンには不可能な設定

「聖なる沈黙」の「意味」を教えられないのはなぜか?

筆記、等はすべて禁止はなぜか?

ノウハウの流出を恐れるためではないのか?

 

2・何千年も前から技術の進歩はないの?02

 

「本来ヴィパッサナー瞑想の修行は、瞑想センターなどで何年にも渡って続けることで身についてくるもので、

10日やそこらで身につくようなものではないだろう。

しかし出家者でもなければ何年にも渡ってセンターで修行することはできないだろうし、10日間という短い時間のパッケージを作っていることは、ヴィパッサナー瞑想の普及に大いに役立っていることだろう」

批判

「10日間という短い時間のパッケージ」って現代人に合ってるの?

「瞑想センターなどで何年にも渡って続けること」って、何千年も前から技術の進歩はないの?

もっと簡単にしたい、とか、在宅でしたいという要望に応える気持ちはあるの?

門戸開放解放はない(宗教か?)↓

「ゴエンカ氏は、ゴエンカ式ヴィパッサナー瞑想以外の瞑想や気功を指導している人は、一度しか参加を認めない。

マハーシ式ヴィパッサナー瞑想、禅、密教瞑想、気功、太極拳、レイキ、ヨーガ、催眠療法、ヒーリングなどを指導している人に、2度目の参加はない。

したがって、僧侶も基本的には参加できないことになる。」

そして論争

質問  マハシ式もゴエンカ式も、実行してる人が、始めはヴィパッサナーだと思ってる
サマタをやっていたとしても、そこから本当のヴィパッサナーに
自然と移行できるのではないかと思ったのです。
もしそれが出来ないのであれば、今日本でされてる瞑想指導では
解脱は無理ということになりそうです。
解脱への道というのはかなり厳しい世界だろうとは思っていましたので、
住み慣れた土地を離れて瞑想をしに行くことなく、
解脱を得ようをするのは横着だとは思うのですが、
それが現実だとすると少し残念に感じます。

ウ・アローカの答え

 最初にマハシのやり方を導入して、これがヴィパサナーだといったのは14年前の私です。サマタはお釈迦様の瞑想方法ではないと、私は教えてきました。

お釈迦様の瞑想はヴィパサナーであり、サマタはお釈迦様が捨てた瞑想法だと伝えてしまったのです。 (これは私の間違いでした。)

現在、協会内部でも意見が分かれていると思います。

今回は本当は黙ってまたミャンマーに行ってしまおうかと考えていました。

しかし、サマタ瞑想を排除するような考え方をして、これ以上、マハシのやり方がヴィパサナーであると言ってしまっては、お釈迦様の修行方法を冒涜していることになってしまうと考えたからです。

また、このようにマハシの瞑想をヴィパサナーだと伝えたのは、私の責任でもあるからです。 ですから、訂正する責任も私にあります。

私は日本にテーラワーダ協会を作ったときから、正しいお釈迦様の教えを日本に伝えたいといつも思って、やってきました。

そして、それが完成したと思ったので、協会の代表も辞任しました。

 

 

3・ゴエンカ氏とは?03

日本ヴィパッサナー瞑想センター創設者

ゴエンカ氏は、ミャンマーのサヤジ・ウ・バ・キン氏の伝統を受け継いだ、ヴィパッサナー (Vipassana) 瞑想の在家指導者です。

ゴエンカ氏は、ミャンマーでインド人の家系に生まれ育ちました。

同国でサヤジ・ウ・バ・キン氏に出会う機会に恵まれ、ウ・バ・キン氏よりヴィパッサナー瞑想の指導を受けました。

以下の文章は、 S.N. ゴエンカ氏 がスイスのベルンで行なった講話に基づいています。

「誰もが安らぎと調和を求めています。 それが私たちの生活に欠けているからです。

私たちは時として心を乱され、苛立ち、調和を失い、苦悩します。

中略

苦しみから脱するためには、 それを生み出している原因を知らねばなりません。苦悩の原因は何なのでしょうか。

問題の答えを探るにつれ、やがてはっきりとしてきます-心に否定的な感情、反意を生むとき、苦しみが生まれるのです。

反意、つまり心の汚れは、安らぎや調和と共存することはできません。

中略

けれども、完全なる悟りに至った人が、素晴らしい方法を見つけました。

心に汚濁が生じると、体に二つの変化が同時に現れることを発見したのです。

そのひとつは、呼吸が乱れることです。心に否定的な感情が生じると、呼吸は強くなります。

これはわかりやすい真実です。より微妙なレベルでは、体で生化学的反応が起こり、何らかの感覚が生まれます。

心の汚濁は、体のどこかに何らかの感覚を生み出すのです。」

上の文章を書いた人がなぜ論争に巻き込まれるのでしょうか?

 

4・お釈迦さまの姿から、かけ離れた指導者?04

「仏教ができてから二五〇〇年以上たちました。

その古くからある教えは、最高に価値あるものです。

仏教の基本的な姿勢はあくまでも実践によって立証できるものであり、また反権威主義的なものでもあります。

ゴータマ・ブッダはまったく型に嵌らない人物で、無意味な伝統やしきたりには真っ向から反対されました。」

上記が本当なら下はどう説明するのでしょう?

批判

なぜ、合宿が前提なのか?

しかも12日間というサラリーマンには不可能な設定

「聖なる沈黙」の「意味」を教えられないのはなぜか?

筆記、等はすべて禁止はなぜか?

ノウハウの流出を恐れるためではないのか?

 

門戸開放解放はない(宗教か?)↓

「ゴエンカ氏は、ゴエンカ式ヴィパッサナー瞑想以外の瞑想や気功を指導している人は、一度しか参加を認めない。

マハーシ式ヴィパッサナー瞑想、禅、密教瞑想、気功、太極拳、レイキ、ヨーガ、催眠療法、ヒーリングなどを指導している人に、2度目の参加はない。

したがって、僧侶も基本的には参加できないことになる。」

 

 

5・論争の正体は宗教という縄張り争い05

 

「マハシのやりかたには、まだ先があったということも、そして、それを伝えているマハシの長老もいるということも。

マハシや現在日本でヴィパサナーと言われているものは、すべてヴィパサナーではなく、サマタ瞑想だということも。

ヴィパサナー瞑想は一般の人々が、仕事の合間に出来るものではないということもよく理解できました。

ヴィパサナーをするためには、サマディの強い力、禅定力がどうしても必要になります。

それは、四禅または五禅の禅定力がなければ、決してできるものではありません。

それほど、微細なものを観る力が必要なのです。最低でも地水火風のカラーパの生滅ぐらいを見る禅定力がなければヴィパサナーにはなりません。

ですから、マハシの方法もヴィパサナーでなくて、まだ四界分別観という、サマタ瞑想ですが、それでも一般の人々にとっては、自分の心を清浄にする大変効果的な方法であるということも確かです。

ですから、私はマハシの方法が駄目だといったことは一度もありません。

何回もパオも、ゴエンカもマハシも同じサマタであり、同じような効果があると強く言ってきました。

心を清浄にする効果においても同一です。

ただ、一般の人々にとっては、ヴィパサナーを行うことは無理なことです。

だから、あえて知ってもらいたかったのです。解脱を求めるには今のやり方では到底無理だということを。」

上の文章を読んでも普通の人がよく分からないのは、専門用語が説明なしに使われるからです。

ではまず、サマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想について

仏教において瞑想(漢訳「止観」)を、サマタ瞑想(止行)と、ヴィパッサナー瞑想(観行)とに分ける見方がある。

前者が心を静めることを中心とし、仏教以前にもインドにおいて広く行なわれてきた瞑想方法であるのに対し、後者では観察することを中心とし、釈迦が新しく開拓しそれによって悟りを開いた仏教独自の瞑想方法とされる。

上記を脳科学の方法論で説明すると、一目瞭然です。

これは瞑想とは変性意識状態であると説明しているのです。

変性意識状態は催眠術でも使われていますから、催眠術で説明する方が簡単です。

催眠術は2段階に分かれます。

1・被験者を催眠状態(変性意識状態)にして、これを深くする段階

2・その状態で催眠療法を行ったり、実際に施術する状態

これが催眠術です。

2の状態が一般人の催眠術のイメージです。

しかしこれは、1の段階がないと実現できません。

1の段階で変性意識になりにくい人が「催眠術にかからない人」なのです。

瞑想は簡単にいうと、自己催眠です。

それでヴィパッサナー瞑想(観行)は催眠術でいうと、2の段階を指します。

催眠術では2の段階の前に、必ず1の段階が必要です。

それがサマタ瞑想(止行)ということです。

こう説明すれば、ヴィパッサナー瞑想(観行)が仏陀の瞑想であり、サマタ瞑想は間違いだとかいう論争は無意味だと気づくことができます。

しかし、宗教的指導法はこれができません。

原理や新しいやり方を追求する意欲が、そもそも宗教的指導者にはないためです。

宗教団体という組織がそれをさせない土壌があります。

科学と宗教は相容れません。

科学とは15世紀に既存宗教の腐敗(キリスト教カトリック)に対抗してつくられた概念だからです。

このせいで宗教団体は、科学的思考法を受け入れることができません。

キリスト教が仏陀の考えを取り入れることが絶対ないことを考えると、これはどの宗教でも明白です。

世界ではいまだに地動説を教える学校がいくつもあります。

アメリカにさえあるそうです。

宗教団体は、科学的思考法を受け入れることができません。

 

まとめmatome01

 

ヴィパッサナー瞑想の批判には、特徴があります。

それは結局、瞑想法の欠陥に対する批判ではなく、指導者の姿勢に対する不満であったということです。

ですから京都で修行しようが、どこで修行しようとその不満は解消できません。

ヴィパッサナー瞑想(指導者)には気づかれない批判があります。

「ヴィパッサナー瞑想の批判」を探す人はそういうことに無意識に気づいています。

それで「ヴィパッサナー瞑想に興味があるが実行は怖い」ので、インターネットなどで不安解消のために情報を集めようとしています。

再度言いますが、その不安の正体は瞑想法そのものにあるのではありません。

瞑想指導者のサービス精神のなさに原因があります。

そうでなければ12日間の合宿が前提などとは、言わないと思います。

つまり、合宿などを強要する「瞑想指導者のサービス精神のなさ」が怖い原因です。

そのサービス精神のなさは、瞑想行者が知りたいものに対しても現れます。

瞑想行者が知りたいものとは「本当のこと」です。

日本では「現代ヴィパッサナー瞑想」はなかなか普及しなかったが、90年代以降日本ヴィパッサナー協会(ゴエンカ系)、日本テーラワーダ仏教協会(マハシ系)、グリーンヒル瞑想研究所(マハシ系)等によって指導、紹介されている。

瞑想行者が知りたいものとは「本当のこと」とは↓

日本ヴィパッサナー協会・日本テーラワーダ仏教協会・グリーンヒル瞑想研究所 これらの違いはなにか?

どれが一番正しいのか?

なぜ3つに分かれるのか?

しかしこれらの質問には、答えてはくれません。

なぜか?

宗教団体は科学的思考法を、受け入れることができないからです。

そのためヴィパッサナー瞑想といえども、他の迷信的思考法と同じ欠陥を持っています。

迷信的思考とは、代表的なものは風水です。

今年は○○の方角が悪いので、そこに緑色のものを配置しましょう

↑みたいな指導が行われるのが、風水占いですがこれには「なぜそうなるのか?」という根本的理由は明かされません。

一応、風水原理に依る説明はありますが、より突っ込んで物理学との整合性とか聞かれると答えられる人はいません。

これが迷信的思考法です。

ですから、ヴィパッサナー瞑想でも下のような論争がいまだに行われます。

進歩がないのです。

「私はサマタ瞑想がヴィパサナーには絶対に必要であるということだけを前回伝えました。

だから、サマタ瞑想をお釈迦さまの教えではないとして、排除してはいけないともいいました。

しかし、長老はいま行っているマハシのやり方は効果的な方法であり、これ以上在家の人々には出来ないだろうといわれておりました。

地橋先生も同意見でした。

長老は当然、清浄道論も読んでおりますから、解脱はこれでは出来ないと知っていると私はおもいます。

しかし、これ以上のことは一般の人々には出来ないし、この方法が効果的であるから、これは続けますと言っておりました。

私としても、勿論、賛成です。仕事をしながらの在家ではヴィパサナーなど到底、出来ないのですから、このマハシのやり方でよいと思います。

しかし、もう正しいことを言うべきときでしょう。

サマタだヴィパサナーだと論争になればそれは不幸です。

サマタもヴィパサナーもやり方は同じなんです。論争することがいけないのです。

サマタの先にヴィパサナーがあるだけなんです。」

科学的原理の説明があれば、このような論争はたちどころに無意味になります。

 

 

 

  こちらをお勧めします↓

誰でも変性意識体験できる三密加持瞑想法&ヴィパッサナー・お釈迦様の瞑想法

「悩みと心配事盛りだくさんな毎日を送っていました。」

当時の悩みは、こんな感じです。

・子どもが言うことを聞かず、ヒステリックになる
・子どもが病気がち
・子どもが夜泣きをするので熟睡できない
・毎日が不安で寝付きが悪い
・日中は眠くて、いつも体が重だるい
・母と不仲
・多額の借金もあり、経済的に苦しい
・過食が続き、太ってしまった

その他色々…。

とにかくそんな毎日から早く抜け出したくて、書店に行っては本を読みあさり、家ではネット検索ばかりしていました。

少ない生活費の中から、怪しい商材や開運グッズを買ったりしてガッカリすることもありました。

その間も生活のやりくりと、うまく行かない育児に必死でした。

それに、体重計の針は容赦なく進み、鏡を見るのも嫌に。

子どもたちからは「おかあさん、赤ちゃんできたの?いつ生まれるの?」と聞かれるようになり、
主人からは
「…あきらめたんだね。」と言われる始末。

今思えば、太り始めたのは二人めの出産後のこと…。

上の子どもの夜泣きと、下の子どもの授乳でほとんど眠れなかった私は、ごまかすかのように、とにかく食べまくっていました。

三度の食事は当たり前、何回も無駄に冷蔵庫や戸棚を開けては、中にある食品(特にお菓子)に手を伸ばす。

朝だろうが夜中だろうが、関係なく食べていたと思います。
ある夜、お茶碗によそう時間ももったいなくて、炊飯器にしゃもじを突っ込んでそのまま白ご飯だけを食べたことが一度だけあります。
しかも運の悪いことに、たまたま主人に目撃され、ますます口をきかなくなりました。
部屋は暗かったし、おそらく野獣か妖怪のように見えたんだと思います。

授乳が終わっても過食は止まらなかったので、当然のように太っていきました。

体重よりも体脂肪のほうが更に増え続け、30%に
いわゆるブヨブヨの肥満体形です。
あの頃は、鏡を見ることと写真を撮られることが本当に嫌でした。

唯一、子どもがおもしろがって私のスマホで撮ったものがこれです。
なので、顔が切れてます…
(これでも、かなりお腹を引っ込めてます)

DSC_1060
突然失礼します。
皆様にどうしてもお伝えしたいことがあって、こうしてお手紙を書いています。

申し遅れました。
私は、関西ののどかな田舎町に住んでいます、原田由美と申します。
小学校と幼稚園に通う二人の子どもがいる、平々凡々な専業主婦です。

実は私、あることがきっかけで「自分の望んでいた幸せな暮らしを手にいれつつある」んです。

そのある事とは、
「誰でも変性意識体験できる三密加持瞑想法&ヴィパッサナー ・お釈迦様の瞑想法はマインドフルネス瞑想法」
というDVDと運命の出会いを果たしたことです。

※話をもとに戻します!

ふと、まず心を掃除しないと前に進めないのでは。と思うようになり、瞑想に興味を持ちはじめました。

それからは瞑想の本やCDを購入し、試す毎日。
でも雑念が多すぎて、全く集中できませんでした。

その間も生活のやりくりと、うまく行かない育児に必死な毎日でした。

それに加え、体重計の針は容赦なく進むのでため息ばかり。

そんな焦りと苛立ちの中で出会ったのが、このDVDでした。

でも…。
「変性意識って何?お釈迦様だ?
何だか怪しい。しかも値段が高い。
また騙されるのでは…。」

不安ばかりがよぎりましたが、それでも気になるので思いきって問い合わせをしました。

精神工学の山西さんは、すぐに返事をくださいました。
意外にシンプルな文面。分かりやすく的確で、自信のようなものもうかがえました。

以下が、私の日記になります。

2016年1月○日
DVDを購入しようか迷って悩んで数週間。
その挙げ句、勇気を出してAmazonでDVDを注文した。
※少しだけ高い買い物なので、ドキドキした。
お父さん、子どもたち、ごめんね。

1月○日
DVDが到着。
※早速見たけど、中身がたくさんあって驚いた。
数日に分けて見よう。

1月○日
メールが来ていた。
※プレゼントとして、特典までいただいてしまった。
心使いがありがたい。
お得感いっぱい。

1月○日
脳の仕組みについて、非常に分かりやすく説明されていた。
目からウロコばかり。

1月○日
DVDを使って、初めて瞑想にチャレンジした。
※これが変性意識?
何これ?生まれて初めての体験に驚いた。
とにかく気持ちが良い。
終わった後の爽快感。いつ以来だろう。
これなら毎日したいと思った。

1月○日
もう一つの瞑想をした。
今までの瞑想観をくつがえされる印象のものだった。
この瞑想で、必ず気付きがあります。と言う。
本当に何かに気付けるのかなあ。

1月○日
生活に特に変化はないけど、寝付きが良くなり熟睡できるようになった。
毎日夜泣きはあるけど、スッキリした気分でいることが増えてきたように思う。

2016年2月○日
久しぶりにパソコンを開くと、メールが来ていた。
お年玉として、金運を上げるお札をプレゼントしてくださるそう。
※ちょっと遅いけど、早速申し込んだ。

2月○日
瞑想中に突然気がついた。
「今の生活は、すべて自分の怠慢さと間違った思い込みが原因だった。」と。
自分の習慣の改善点を書き出した。
今日からがんばろう。

2月○日
金運を上げるお札が届いていた。
なんと10枚も。
嬉しい気分で主人にあげて、私のお財布に入れ、通帳にも入れた。

瞑想で気がついたことを伝えたくてメールした。

2月○日
なんと、意外なところから臨時収入が二万円入った。
飛び上がるくらい嬉しかった。

2月○日
新たにダイエット法を見つけ、実践。
今までのダイエットは何だったのだろう。というほど画期的なものだった。
がんばり過ぎない、リバウンドも無いその方法に感動し、やる気満々になった。

2月○日
無口であまり目を合わせない主人が、いきなり「いってきます」と私にハイタッチして出勤。
驚きとともに、ついボカンとしてしまった。

3月○日
子どもに、「あれ。お腹ひっこんだね。おかあさん、ちょっとカッコよくなった
ね。」と言われた。

体重は2キロ、体脂肪は30%から28%に減った。

3月○日
子どものインフルエンザと風邪で看病が長引いた。
ついに私も風邪をひいた。
主人が、「朝は弁当は作らなくて良いよ。」
と、プリンを買ってきてくれた。
またまたびっくり。

・・・とこのように、その後色々と続いたのですが
後日もうひとつ、大きな気付きがありました。

「私って、本当はずっと幸せだったんだ」
ということ。

幸せは探し求めるものでなく、自分の中にちゃんとあったんです。

そうして現在の私は

・マイナス感情に飲まれそうになる自分を冷静に見れるようになったので、かなり安定してきました。

・あまり叱らないのに、子どもたちは素直になり、お手伝いをたくさんしてくれるようになりました。

・知人から頼まれて、カウンセリングのボランティアを始めました。
誰かの幸せをお手伝いしたい。と願うようになったからです。

・4月付けで主人が役職につく辞令をいただきました。しかも突然臨時賞与が出ました。

・体重が計4キロ減り、体脂肪が24%になり、出産前の体型に戻りました。

DSC_1060

・体が軽くなり、毎日元気で過ごせるようになりました。

・両親に心から感謝できるようになりました。実家に電話をすると、気丈な性格の母が、私と話して初めて泣きました。

・体と時間を大事にするようになりました。

・良い商品、良い情報など、良いものだけを選択できるようになりました。

・精神面で、もっと成長したい。と思うようになりました。

数ヵ月前の私には想像もできなかった幸せが、今ここにあります。
不安もありません。

このDVDの効果は人それぞれでしょうけど、
「実践して、気付いて、意識を変えて行動することで、その人に合った最適と最善を提供してくれる」のではないかと思います。

環境も立場も悩みも皆さん本当に千差万別です。

でも、誰もが幸せになりたい。と純粋に願っておられます。

生活や悩みに追われすぎて、大切なことが見えていないだけかもしれません。
本当の答えは、自分の中にあると思います。

そして幸せって、心が安らいでいる状態ではないかと感じています。
例えすべてが満たされていたとしても、心が安らいでなかったら幸せとは言い難い。

ついこの間の、暖かな小春日和のことです。

公園で子どもを遊ばせていたら、小さな蝶々が飛んでいました。
必死に追いかけて捕まえようとする子どもたち。

蝶々はフワリフワリと上手にかわして飛んでいきます。
とうとう子どもたちはあきらめて、お茶を飲んで休憩を始めました。

すると腰かけたベンチに、蝶々がやってきたのです。
そして、バッグに入れてあった、摘んだばかりの草花にそっと止まりました。

歓声をあげる子どもたち。

私は、そのまま飛んでいった蝶々を見ながら、

「欲しいものは、無理矢理捕まえようとしてもだめ。でも肩の力を抜いて、幸せだなあと思った時、自然に引き寄せられるものなのかも。」
などとボンヤリ考えていました。

人は枠の中にいると安心でいられますが、変化は決して望めません。
変化を怖からず、幸せをあきらめず、枠から出て、どんどんチャレンジしてほしいなあ。
と思うのです。

いろいろと生意気なことを言って、ごめんなさい。
私のように、一人でもたくさんの人が幸せになってほしい。今はそんな気持ちでいっぱいです。

見ず知らずの主婦の書いたこの手紙を、最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。
心から感謝しています。

もしも私のこの手紙が皆様の幸せのきっかけになれたら、こんなに嬉しいことはありません。

DSC_2260

 

 

お金儲けはもちろん、恋愛成就、仕事の成功、対人関係の克服、夢の実現など、脳科学の見地から、正しい実践方法を伝授いたします。

引き寄せの法則や社会的洗脳の仕組みなどを正しく理解し、具体的な実践としての、誰にでも導入できる瞑想方法や自己催眠を詳しく解説します。

毎日1話、第一話から進んでいく無料メール講座です。

早い方は1ヶ月で効果がでます。登録はとても簡単で下記フォームにメールアドレスを打ち込むだけ。

このご縁をきっかけに皆さまの人生が拓けますことを祈念もうしあげます。

 

 - ヴィパッサナー瞑想, 合宿センター, 瞑想 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  関連記事

gattu01
ヴィパッサナー瞑想はなぜ合宿体験しない方がいい結果なのか?

驚くことがあります   ヴィパッサナー瞑想が広まって、その瞑想法を知り …

heart
怒りや不安に気づくことで感情はコントロールできる。|マインドフルネス瞑想の極意

瞑想に関するご質問見つけました↓ 「ヴィパッサナー、マインドフル瞑想続け、10ヶ …

heart
性欲が絶対必要な「意識」と必要としない「意識」が理解できると悟りを感じる。

ヴィパッサナー瞑想瞑想に関するご質問がありました↓ 「「悟りの境地」って俗に言う …

maney
脳の習慣を変えれば「引き寄せの法則」はうまくいく。

聞きたい? ヴィパッサナー瞑想法はマインドフルネス瞑想法です。 引き寄せの法則と …

gattu01
群盲象を撫ず|悟りの境地とは?

ヴィパッサナー瞑想瞑想に関するご質問がありました↓   「「悟りの境地 …

watashi
潜在意識を活用して「猿の本能」をアクティブにする|精神工学研究所 山西茂(4)

  これは続編4回目です 第一回目はこちらです   これまで …

179
痩せる原因は「期限」にあり。ライザップよりも手軽にライザップ効果を得る方法

ライザップより○○が痩せる!   ヴィパッサナー瞑想とダイエットとライ …

heart
貧乏人は貧乏を引き寄せてしまう理由|残念な引き寄せの法則とは

  ヴィパッサナー瞑想法はマインドフルネス瞑想法です。   …

188
芸術家やアーティストが瞑想で悟りをひらいたらどうなるか?

瞑想で妄想は消える?   瞑想(ヴィパッサー瞑想?)をしていて精神的に …

heart
「サバサバしてる」と思っている女性は幸せになれない理由|ヴィパッサナー瞑想と恋愛成就とは?

恥ずかしい気持ちに   ヴィパッサナー瞑想法はマインドフルネス瞑想法で …