精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

あなたは解けますか?このクイズ/不幸になる女の特徴

   

現実に近い話

奇妙な特徴を持つ彼氏の謎です。

このクイズは架空の女性ですが、限りなく現実に近い話です。

32歳女性と彼女の友人女性(複数)との間で持ち上がった、変なくせの話をクイズにしました。

あなたにはわかるでしょうか?

知ってみると、アラサー女の奥に広がる闇が見えてきます。

1・解けますか?このクイズ

彼女の友達には長く付き合っている彼氏がいます。

その彼氏たちには、奇妙な特徴があります。

1.写真を撮らせない

2.デートに外へ出かけない

共通した特徴は、この二つです。

そして長くこの関係が続いているというのも共通しています。

あなたはなぜ「写真を撮らせない」のか、わかりますか?

じつは「彼女たちが言わない事実」がわからないと、このクイズは解けません。

その事実とは、なんでしょうか?

2・奥に広がる闇

それは彼氏がいずれも、自分より若いということです。

しかもハンサムなのです。

(私のイメージでは、山田涼介さんです)

つまりこの女性たちはカッコイイ年下彼氏を、高級ネコのようにかわいがる関係を楽しんでいるのです。

そういう部分はちょっと後ろめたいと感じているので、言いません。

しかしこの部分こそが、奇妙な特徴「写真を撮らせない」ことの理由なのです。

彼氏だというと無意識に女性より年上を想像してしまいますが、じつは年下だとわかると謎が解けます。

つまり「ヒモ」なのです。

カッコイイ年下彼氏に長く貢いでいるのが、この女性の友人たちなのでした。

世間的にはどうしようもないヒモ男に引っかかっているのですが、その現実を認めたくないから肝心な部分を隠しているのです。

だから部屋で会うだけのデートで我慢して、いつかは結婚しようと言い出すと淡い期待をしています。

以前「アゲマン」「下げまん」という言葉が使われました。

これは男性版の「下げまん」の話です。

というかヒモ男、つまりクズに引っかかってしまった女の話です。

それでは「アゲマン」とは、どういう女性を指すのでしょうか?

3・ヒドい女

梶山季之という小説家が書いた、実在の男をモデルにした小説があります。

梶山には面白いエピソードがあって、1962年からあるシティホテルの一室を借り切って仕事場にしていました。

当時そこで勤めていたのが小説家になる前の森村誠一で、原稿を預かって編集者に渡す時に盗み読みしていたというのです。

「俺も面白いのが書ける」と思えて自信を持ったのが作家になった切っ掛けで、森村は「私は梶山さんのもぐりの弟子」と話しているそうです。

小説に戻ります。

これは明治の終わりごろの話で、田舎の農家の出である主人公が証券会社に就職し、そこから小さな証券会社を興して富豪にのし上がっていく話です。

そして会社を興して間もないころ、知り合いの財界人に見込まれて、さる貴族の娘との縁談が持ち上がり結婚します。

貴族の娘と言っても今は落ちぶれていて、それだからこそ小企業の社長と結婚したのです。

その女性はすごく美しくて、プライドが高いのです。

男は背が低くつぶれたカニのようなブサイクで、それにコンプレックスを持っています。

だから「俺のような男とこんなきれいな女性が!」と恐縮します。

結婚した当初は安アパートに住んでいたのですが、「こんなところじゃ嫌!」というので男は一生懸命に働いて一軒家に移ります。

ある時、秋田か新潟か山形だったか忘れましたが、妻を実家に連れて帰ります。

実家に帰る途中に川があって、ぼろい橋がかかっていました。

橋がゆらゆら揺れるのが怖いので、「あなた、もっといい橋を架けてちょうだい」と言われます。

男はまた一生懸命に働いて、とうとう私費で新しい橋まで架けてしまうのです。

こういう女が、「アゲマン」ではないでしょうか?

つまりクイズに出てきた女性の友人は、男を甘やかすだけで何の成長も促していません。

そして猫をごろにゃんとかわいがるように、ただ甘やかすだけなのです。

男女ともに、さげまんの関係になっています。

ところでクイズの答えをまだ言っていませんでした。

なぜ、「写真を撮らせない」のでしょうか?

それはこのようなヒモ男は、貢がせていたダメ女が別れると自分との関係を世間にばらまくと脅すからです。

今はSNSがあるので、この男にウン百万円も貢がされたとばらされるのが嫌だから、「写真を撮らせない」のでした。

どうしてこの男たちがそれを予見できるかというと、以前にもおなじことをしていたからなのです。

つまりヒモ男を何度も繰り返しているのが、こういう年下ハンサムダメ男の特徴なのです。


まとめ

友達のともだちとは、自分のことです。

32歳女性と彼女の友人女性(複数)との間で持ち上がった、年下彼氏の変なくせの話でした。

この女性にはダメ男を彼氏にしている友人がいますが、じつは自分自身にも同じような特徴の彼氏がいるのです。

そしてこんなダメ男と付き合っていると婚期を逃して、不幸になりそうだと心配しています。

しかしそういう部分を隠して、友人の話として自分の不幸の解決策を相談したい

これがこの女性の、隠された願望なのでした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

京王線ジョーカー事件は繰り返される

電車通勤の人は危険! 2021年10月31日午後8時ごろ、東京都調布市の京王線布 …

池上彰やロシアの「専門家」はなぜプーチンを読み間違ってしまったのか?

ロシア政治を研究し、 日本政府の国家安全保障局顧問(2018~20年)などを歴任 …

榊英雄、俳優の木下ほうかに続いて映画監督園子温の性加害がバレて、三人の他にも?

映画監督の榊英雄、俳優の木下ほうかによる「性暴力」が 明るみに出て映画界・芸能界 …

【イブのプレゼント】誰でもお金を稼げる方法(簡単・確実)ウソではありません

安全でかなり確実です 今日はクリスマス・イブですので、お金欲しいですよね? これ …

本当にあった面白い話 あの島田紳助が一気にモテるようになった秘密?

女性タレントを クイズヘキサゴンで次々と○○したあの島田紳助さんが、モテるために …

絶望的な未来、経済成長はもう来ないことがわかりました

21世紀は情報化社会 なのですがその前の時代は何かというと、工業化社会です。 工 …

【実話】一か月に30万円稼いだバイトとは?

実話ですので、本当に月に30万円 稼げるバイトのご紹介です。 稼ぐ人は50万円と …

北京オリンピックが終わると中国は何をしだすのか?知らないとヤバイ!

北京オリンピックが終わると ロシアがウクライナ侵攻するという情報があふれています …

闇に葬られた○○大学女子学生暴行事件

千葉大学医学部の集団強姦事件NHKの弱腰2016年12月 怖ろしいことです! 「 …

新形コロナ肺炎・オミクロン株・ロシアウクライナ侵攻で知らないとヤバイこととは?

非常に短い記事ですが、知らないと 本当にヤバイです。 当時は武漢肺炎と呼ばれた、 …