精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

お見合いで「この人にまた会いたい」と思わせる男になる方法

      2022/01/20

話の上手い男がモテる

のではありません。

婚活コンサルタントの鬼字摩さんが、女性に「この人にまた会いたい」と必ず思わせる方法を説明しています。

その方法を行うと、○○ができる男になります!

意外な○○と、「また会いたい」と思わせる男には共通点があったのです。

詳しく説明します!

1・「もう会いたくない」男の特徴

婚活コンサルタントの鬼字摩さんが女性会員にアンケート調査したところ、「もう会いたくない」男の特徴ナンバーワンはこれでした。

それは、レストランで店員さんに怒る男です。

お見合いシステムと言っても、もう大人の男女が会員なので、相手の連絡先をお知らせして最初の出会いの場所も二人で決めてもらうことがほとんどです。

ということになると、だいたい男性が場所を決めることになります。

そういう場所で選ばれるのが、カフェやレストランです。

こんな時に限らず、女性が冷めてしまう男のタイプは一つです。

それは、店員さんに怒る男です。

例えば、料理に髪の毛が入っていた時、店員を呼びつけて怒鳴りつける男がけっこう多いそうです。

こういう男を見ると、女性はほぼ100%「こいつとはつきあえんぞ」と感じます。

では逆に、こういう時に男はどうすればモテるのでしょうか?

こんな場合でも、店員さんを気遣いつつしかもスマートに問題解決できる男を見ると「あら!ステキ」と思ってもらえるのだそうです。

ここで考えてください。

あなたも想像してください。

素敵な女性とレストランに行く幸運に恵まれたとき、あなたの料理に髪の毛が入っていました。

あなたはどう対処しますか?

髪の毛が入っていたとしても、それを無視して食べてしまうというのはこの時、NGです。

女性に「不潔なやつだ」と思われかねないからです。

また、「おおごとにしたくないから黙って食べるチキン野郎だ」とも思われかねないです。

ビフテキを食べてもチキン野郎?

だからこういう場合は、どうしても店員さんを呼んで、何らかの交渉を行うことになります。

女性はそう言う場面を、虎視眈々(ここで使う熟語かなあ?)と見ています。

これって、○○と同じだと思いませんか?

2・できるヤツ

店員さんを呼んで、何らかの交渉を行うことは「仕事でトラブルが起きた」とき、問題解決を実行することと同じ能力が試されます。

しかもお見合いの場合、スマートに解決しないといけません。

なぜなら、怒鳴りつけたり不機嫌になったり、他の客がこっちを見るようなことになると、雰囲気が「いたたまれなくなる」からです。

そういうことを考慮せずに、怒鳴りつけたり不機嫌になったりする男を見ると、女性は「問題解決能力なし」の烙印を押すこと間違いありません。

なぜそういうことを女性が重視するかと言うと、お見合いの次の次には結婚があるからです。

仕事のできない生活能力のない男とは結婚したくないので、それを見極めるために高級レストランがお見合いの席に選ばれるのです。

ちなみに女性の勘は鋭いので、付け焼刃の知識ではこういう場所を乗り切ることはできません。

ふだん店員さんに怒鳴り散らす男は、ぐっと我慢しても、アドレナリンという怒りのホルモンが血液中にでます。

そのホルモンは呼気にでますので、そのにおいを女性は鋭く嗅ぎ分けます。

そして女性は潜在意識でその男が怒りのホルモンを出していることを察知します。

しかし女性の顕在意識は、男が怒りのホルモンを出していることが、自分の判断の理由だとは知りません。

そこでその女性は、「この男はなんとなく嫌だ!」と感じるのです。

男はそんな女性の機能を知らないので、なぜ嫌われたんだ?と思うのです。

女性に尋ねても「女の勘よ」というばかりです。

いったんまとめますと、

「仕事のできない男かどうか見極めるためにレストランへ行く」

これがお見合いの隠された目的です。

仕事ができる男

3・プランB

バブルのころには結婚式にすっっごいお金をかけるのがふつうでした。

そしてそのころ必ず行われたのが、新郎新婦がゴンドラ(ドラゴンではない)に乗って登場するのと

キャンドルサービスです。

キャンドルサービスとは各席の中央に大きなろうそくがあって、新郎新婦がそれに火を点けてまわるイベントです。

この時司会者が「新郎新婦が初めての共同作業です」と言うのがお約束でした。

ある結婚式で、新婦の友人が困らせてやろうとテーブルのろうそくの芯に水をかけて燃えないように細工をしました。

当時そういういたずらが流行したことがあったのです。

ところが新郎はそういう事態になってもあわてずに、白いタキシード(本当は新郎が着用するフロックコート風の衣装)のポケットから予備のろうそくを出しました。

そしておもむろにテーブルのろうそくをそれと交換して、何事もなかったかのように火を点けたのです。

後で新婦の友人の間で、新郎の評価が爆上がりしたのは言うまでもありません。

これも、「仕事のできない男かどうか見極めるためにレストランへ行く」と同じです。

将来遭遇しそうな事件事故を想定して、それに対する備えができる男をパートナーにしたいと思わないはずがありません。

そして女性はそう言う男を嗅ぎ分けるアンテナを内蔵しています。

だから決してあなどってはいけません。

プランBを用意しても必ずそれが陽の目を見るとは限りません。

無駄な備えになることも多いでしょう。

しかしそれは無意味ではないのです。

というのは、それが実行されなくてもプランBを用意した男と、そうでない男と付き合ったとき、安心感が違うのです。

せっかく用意したのに使わないのは残念だと思うかもしれません。

しかしプランBを用意した男の周囲には、そういうオーラが出るのです。

そのオーラに包まれると女性は安心感を覚えます。

これが女性に、「この人にまた会いたい」と思わせるのです。

最後にこの話の、矛盾点をお知らせします。

まとめ

ヤンキーが意外にかわいい彼女を連れて歩いているのを見かけたことがありませんか?

ヤンキーが意外にモテるということをあなたは感じたことがありますね?

だからといって、ヤンキーが「プランBを計画できるか?」というとそれはなさそうに感じます。

ヤンキーがレストランで、「おいおい!この髪の毛、どうしてくれるんだ?」とか粋がらないかというと、それもなさそうに思いますね。

ヤンキーがヤンキーたるゆえんは、「おいおい!この髪の毛、どうしてくれるんだ?」と粋がるからです。

だとしたら、ヤンキーがモテるというのは、女性が「こいつとはつきあえんぞ」と感じると言ったことと矛盾します。

なんということでしょう!(所さんのテレビ番組風に)

この理由は次回にお話しします。

驚愕の事実です(次回に続く)

次回記事

特別付録

髪の毛でなやむ男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

成人の日に起きた困った問題とは?ヤンキーはもう暴れない

法律的に成人年齢が 18歳に引き下げられることで、成人式に大問題が起きています。 …

第五回新興宗教の洗脳の手口(自民党がハマった方法)

本日は非常に強力な方法です。 その名は「返報性の法則」。 この方法がなぜ強力かと …

安倍前首相暗殺事件から今日で一年

暗殺から一年   早いもので、安倍晋三前首相の暗殺から一年が過ぎました …

習近平は悪人の中の悪人 2024年中国は攻めてくるのか?

2022年ごろから   中国の不調が伝えられ始め 2023年には恒大集 …

なぜ参議院選挙でNHK党に?選挙の裏の仕組みを暴くから

NHK党が大化け するかもしれません。 オールドメディアほどNHK党を馬鹿にして …

ロシア軍が意外と弱いとわかって中国は何をし始めるのか?核戦争の脅威

ロシアがウクライナに侵攻したのですが、 ロシア軍の被害が拡大していると報道されて …

知らないと無理不幸から脱出する方法/人生で必ず遭遇する4つの仕組み

人は四種類 ※この記事は前回の続きです。 初回記事を読んでおくとさらによくわかり …

韓国軍用艦レーダー照射事件が防衛相会談で話題になった!

レーダー照射事件とは?     2018年(平成30年)12 …

【危険】韓国製電気自動車を買っていけない理由は?

韓国及び朝鮮半島の人たちは、ウソをつく     ことが上手で …

第二回池〇彰のいうことを聴くと日本が潰されます、驚愕の理由とは?

4月11日のテレビ朝日ワイドスクランブルに、 池〇彰氏が出演してとんでもないこと …