精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

女性が書いた「仕事はできるのに、なぜか全然モテない男性」意外な結論

      2023/04/03

察する能力?

恋愛コンサルタント(女性)の方が書いていました。

「仕事はできるのに、なぜか全然モテない男性」の特徴とは?

男なら気になりますね?

 

1・その内容

 

「ビジネスはできるのに恋愛で成功できない人の共通点、それは「想像力不足」というケースが大半。

言い換えれば「察する能力」が足りていません。

相手が何をしたら喜び何を求めているのか?

これを想像できない男性はたとえ結婚できてもいずれ離婚することになるでしょう。

たとえば、「私と仕事、どっちが大事?」と聞かれたとき、あなたならなんで答えますか? 私か仕事かどちらかを答える人がいたら、その人は失格です。

そのセリフの真意を想像すること。「そんなことを言うくらい寂しいんだな」「困ってるんだな」「俺のこと好きなんだな」……相手によって正解はもちろん変わります。

それでは想像力を働かせるためには何が必要か? それは「圧倒的行動量」と「良質な情報」です。

「女性は何をどう考えるのか?」「どんなことが嬉しいと感じるのか?」などの情報があり、あとはその情報を元にやってみることこそが唯一の解決策といえます。」

ここまで読んで、(あなたが男性なら)何を言いたいのかよくわからないと感じていませんか?

 

2・女というやつは

 

「実は普段からビジネスではできていることのはずです。しかし、こと恋愛になるとめっきりできない。それは不合理で非効率だから。

しかし、この難題と向き合った人から幸せになっています」

(あなたが男性なら)「この難題と向き合った人から」っていう言い方に、なんか反発してしまいそうです。

こんなめんどくさいんだったら、結婚とか恋愛とか、もういいやと感じる男も増えてきているらしいですね。

こういう言葉で説明を締めくくっています。

『想像力を働かせることを意識してからこの男性も少しずつ一人の女性と過ごす時間が長くなっていき、今ではお相手の女性から好意を持ってもらうまでになったのです。

想像力。

恋愛においては男性がとても苦手な部分かもしれません。しかし、相手の情報をたくさん得ることで想像できるようになってきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね』

男はこれを読んで思うでしょう。

「ぜひ参考にしてみてくださいね」ってこれじゃ参考にならんぞと・・・・・

 

3・なぜ男は解らないのか?

 

たとえ話で説明します。

中学の数学で二次方程式の解き方を習いました。

方程式を因数分解すると、二次方程式の答えがわかります。

そういう解き方を一通りやったあとで、二次方程式の解の公式というのを習ったことを覚えていますか?

男はこういう「公式を求めている」のです。

※男が欲しい結論は、「公式」みたいなもの

どんな二次方程式があっても、この「解の公式」に当てはめればイッパツで答えに行きつくことができるやり方が大好きなのが男です。

というか、男の考える〇〇〇の結論というのは、これさえ知っていれば必ず解決できるという「解の公式」まで示してくれて結論になるというものです。

この文章のように、個別にああだこうだと言って、結論は示されていない、ぼわっとした言い方しかしていないものは結論に至っていないと感じてしまいます。

「いったいどこに答えがあるんだ?」と怒ってしまいそうです。

ところが女はこれでいいと思う生き物らしいです。

さっきの例で言うと、因数分解をこれもやったあれもやった、いっぱい解き方ならったね!という語らいが大切だと感じるらしいです。

語らいが楽しければそれでいいと思うらしいです。

つまり男が求めるようなきっちりした「結論」がなくてもいいと考えるのが女なのです。(たぶん)

というより、「結論」を出してしまったらもう語らう必要がないので、いつまでも「結論」のまわりをぐるぐる回っていたいと思うらしいです。

この恋愛コンサルタントの人は女性なので、自分の中の「「結論」がなくてもいいと考える性質」に気が付いていないようです。

まとめ

 

男が好きなものは、「公式」。これさえあれば絶対解決できるという信頼できる道具が好き。

女が好きなものは、楽しいおしゃべり。

おしゃべりそれ自体が目的なので、むしろ結論のある話題は避けたいという本能がある。

女たちのいつまでも「結論」のまわりをぐるぐる回っていたいと思う気持ちに男は苛立つ

※結論 女にモテる方法とは女の気持ちを察することができる男になること

しかしそれをやりすぎると男ではなくなってしまう

読むべき記事

長嶋一茂、「凄い」と思った芸人は?出川哲朗も「わかる!」と

読むとあなたが男性にも女性にもモテモテになる秘密がわかります。

来年こそは夢のモテモテに

「長嶋一茂さんイチオシ」の人って、誰なんでしょう?

 

特別情報
髪の毛で悩む男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 - メルマガ倉庫

  関連記事

現代人がこころの不調に悩むのはこれが原因かも?

21世紀になって       ますます心の不調を訴 …

なぜ日本は韓国・中国に負けているのか?これを読むとすぐにわかります!

なぜ日本がバブル崩壊以来、落ち目の一途     で韓国や中国 …

安倍晋三元首相銃撃!犯人の素性が明らかに!

2022年8月8日午前11時30分ごろ 安部元首相が選挙応援の演説中に銃撃され、 …

催眠術の悪用? 人間の限界を超える驚異の実験とは

苫米地英人博士という   脳機能学者がいます。 この人は催眠術にも詳し …

洗脳研究する人(その手口とは)

洗脳されない人になるには、   洗脳技術を理解することが大切です。 以 …

韓国梨泰院ハロウィーン圧迫死事故なぜ起きた?

また悲惨な事故が 起きてしまいました。 「韓国の首都ソウルの繁華街・梨泰院でハロ …

【哀しみの歌姫】中森明菜ともう一人は誰?

スター誕生出身 昭和最後を飾る大スター、松田聖子と並び称された歌姫は誰でしょう? …

モナリザを盗んだ男「パブロ・ピカソ」最後の大どんでん返し

あるはずの絵が無い 1911年の夏、『モナリザ』のスケッチに来た画家がルーブルの …

感情を変えるには脳で考えてはできない 

逃れられる方法わかります   読むと 悪感情に支配されてしまう原因が …

誰でも知っている「あの話」一番悪い奴は亀だった?

日本の昔話でいちばん理不尽に感じるのは、 「浦島太郎」ではないでしょうか? じつ …