精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

これからの人生 転ばないように

   

10年以上前の話ですが

 

当時子供が小学生で、バスケットボールをしていました。

放課後、学校の体育館で練習をしていたのですが、週に何回か私がつきそうことになりました。

始めて付き添いに行った日のことです。

それは起きました。

 

 

1・ガクガク

 

 

準備運動が終わって、最初はダッシュをするというメニューでした。

なぜか親もダッシュすることになりまして、

私も久しぶりに走ったのですが、10メートルも走らないうちにびっくりすることが起きました。

脚がもつれて、危うく転びそうになったのです。

10メートルも走らないうちにです!

その時、足の衰えを実感しました。

そして足がガクガクして転ばないように、あれ以来ずっと足腰には気を付けています。

 

 

 

2・転ぶと大変

 

だいたい、老化が進んで痴呆症状が出始めた老人は同時に足腰が弱るものです。

そして思いがけないところでつまづいて、転倒。

立ち上がれなくなって、病院で検査すると骨折だとわかります。

手術してもしばらくは寝たきりで、それがきっかけで痴呆がひどくなることが多いそうです。

そうならないためには、走り方を練習した方がいいのではないでしょうか?

それも「特別な走り方」です。

 

転ぶ力を転用する「特別な走り方」

 

 

3・古武術の応用

 

私たちが知っている運動は、小学校時代にならったものが基本になっています。

そしてそういうものって、ほとんどが「西洋式」なんですね。

そうではなく、日本に昔から伝わっている素晴らしい技術もあるのですが、あまり知られていません。

アニメ「ナルト」のナルト走りみたいなものと言えばいいのかな?

日本に昔から伝わっている技術の中に「縮地」というのがあります。

これは足を後方に蹴って走るのではなく、転ぶときに起きる現象を利用するという画期的な方法です。

人体がバランスを崩した時に、必ず起きる反射を使うものです。

ですから、本当に転びそうになった時、それを回避する訓練にもなります。

日本古来の知恵です。

 

やり方は簡単です。

両足をそろえて立ちます。

そのまま前方に倒れます。

すると反射が起きて、どちらかの足(たいてい右足)を前につくはずです。

その時歩幅を小さくとって、さらに前方に倒れようとすると今度は左足が前に出ます。

これを繰り返すことで、「自動的に」走る走り方ができるようになります。

簡単ですが、効率的で歳を取っても早く走れ、疲れません。

 

 

まとめ

 

「縮地」を使って走る走り方は、人体に自然に備わった「反射」を使う走り方です。

これを使うと、効率的に早く走れ、しかも疲れないというスグレものです。

反射神経が鍛えられますので、足がもつれて転ぶというようなことの予防になります。

お試しください。

動画を見ると、びっくりします。

動画

 

おすすめ記事

人生成功できる 誰も言わない秘密の方法【見ないと後悔】

新しい歩き方(肉体的な)

アニメ「サザエさん」が不倫する夫を増やす元凶だった!

お見合いで「この人にまた会いたい」と思わせる男になる方法

「また会いたい」と思わせる男には共通点があったのです。

 

新しい必読記事特別付録

今だけ

【神】絶対願望実現できる!正しい目標設定の方法(誰でもできる)

あなたの中の気づけない恐怖心が願望実現を妨げています




 

 

※メルマガのバックナンバー読みたい方は、メルマガ倉庫をご覧ください

メルマガ倉庫

 

※特別付録 年金が心配な方へ 無料または低コストで起業できる方法【しかも安全でかんたん】




すぐにお読みください(完全無料)

特別情報
髪の毛で悩む男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

ロシアのウクライナ侵攻で怖ろしいことが日経平均に起こります

2022年2月24日ロシアがウクライナに 攻め込みました。 テレビ新聞はウクライ …

蓮舫袋叩き?100万円問題とは?

わずか1日で100万円 10月31日に投開票された衆院選で初当選した新人がわずか …

石田ゆり子羽田空港JAL火災から起きたペット同伴意見炎上について

羽田空港で起きた     JAL航空機と海保機の衝突事故に関 …

近所の嫌な人からどうやって逃げるか?

読者の方から     ご相談いただきました。   …

【無料】20万円するかも?無料で差し上げます記憶術講座3カ月で198,000円

一昨日のご質問に関連して、ご質問いただきました。   一昨日のご質問は …

知らないと無理不幸から脱出する方法/人生で必ず遭遇する4つの仕組み

人は四種類 ※この記事は前回の続きです。 初回記事を読んでおくとさらによくわかり …

あの大谷翔平選手も使う「成功理論」使って、株でガッポリ儲けられる方法

メルマガ読者からの     ご感想で「毎日メルマガを書く理由 …

読者のご質問「スシローテロの本当の恐ろしさ」

スシローで湯飲みをぺろぺろ 読者の方からご質問いただきました。 「先生、SNSに …

7月4日に南海トラフ大地震が来る!未来人の予知とは?

「7月4日に南海トラフ巨大地震が起こる」 SNS上での数年前の“予言”をきっかけ …

ウルトラマンがころしたのは怪獣だけでなく「怪獣ブーム」もだった

今週の金曜日2022年4月29日から、       …