精神工学研究所

あなたが貧乏から這い上がれないのは、金持ちの「社会的洗脳」のせいだった?

*

他人のゲシュタルトを操作して自分の利益を図る|金持ちへ願望実現解説(13)

      2016/11/17

watashi

 

金持ちへ願望実現解説です。

これは続編13回目です

第一回目はこちらです

 

これまでのあらすじ

建設会社をリストラされた私は、計画どおり起業した。

「中小建設業生き残り研究会」を立ち上げ、ビデオ販売したがまったく売れなかった。

困窮化で瞑想していた私に、ある着想が浮かび頭から離れなくなった。

それは「金持ちとはボス猿の本能に目覚めた人」というもの。

「ボス猿意識の獲得法瞑想」をビデオ販売すると、意外に売れることがわかった。

ヤフーオークションで購入者の声を集め、インフォトップで販売サイトを製作して売り始める。

ここからは以前書いたその時の経緯がありますので、それを掲載します。

内容が前後します。また細部に違いがあるのは、記憶があいまいなところがあるからです。

 

1・前回まで01

 「私達の認識するすべては「まぼろし」なのです」から、じつは他人によって操作することは容易と言いました

 大事なことをひとつ忘れていました

 ゲシュタルトは過去の経験で造られます

 すなわち「じつは他人によって操作される」だけではなく、「過去の認識によってゲシュタルトは固定化」されています

 つまり「じつは他人によって操作される」ように、私たちの人生は「過去の経験の延長」から逃れることができません

 ではどうしたらよいのでしょうか?

 明日は「金持ち脳とゲシュタルト」の最終回です
ここまで

 

 苫米地英人博士の「洗脳プロファイリング」という本があります

 この本は博士の素晴らしさというより、「凄さ」があふれた本になっています

 ぜひご一読を!

 この本は苫米地博士がその「特殊能力」を駆使して、未解決事件の犯人像を解きあかしていくという、とてもスリリングな内容です

 実際の未解決事件を扱っていて、2000年の世田谷一家4人殺人事件などの、犯人像に迫っています

 世田谷一家4人殺人事件とは世田谷の一家4人が、年末から正月にかけて殺害され、犯人はそこに留まりパソコンをしたり食事をつくったり、風呂に入ったりした形跡があるというとても奇異な未解決事件として有名です

 苫米地博士はこの事件の犯人は、死体損壊を好む変質的な気質を持つ犯人だと断定しています

 そしてひょっとしたら、犯人は犯行当時、中学生か高校生の可能性があるとも指摘しています

 ところでその洗脳プロファイリングとは、自身を特殊な精神状態において犯行現場に行き、時間や季節など限りなく犯行が行われた状態に身を置くことで行われるものです

 苫米地博士によると、プロファイリングにはプロファイリングを行う者の「自我が邪魔になる」と言われています

 つまり前回説明したように、「自我」とは「ゲシュタルト」の固まりなので、犯行や犯人に対する偏見が避けられなくなります

 このようなことを防ぐためには、特殊な精神状態を造る必要があります

 特殊な精神状態とは、「自我」とは「ゲシュタルト」のないまっさらな精神状態であり、いわば赤ん坊のような視点を持つことだと思われます

 そういう精神状態には、「スコトーマ」が存在しません

 ところが犯罪を行うものには、犯罪者特有の性格が存在します

 つまり潜在的犯罪者は、特有の「自我」・「ゲシュタルト」を持っているのです

 そういう「ゲシュタルト」がある状況に入ったときに、パチン!とスイッチが入って犯罪が発生するのです

 とくに異常性を持った性犯罪などは、圧倒的にそういう状況で発生します

 そうして、潜在的犯罪者は、特有の「自我」・「ゲシュタルト」を持っているので、そういう人物特有の「スコトーマ」を持っています

 つまり潜在的犯罪者特有の「スコトーマ」が、ある特殊な状況下で「その人物を犯行に誘導する」と考えられます

 ところが捜査関係者が強い自我(つまり「スコトーマ」)を持つ状態では、犯罪者特有の「スコトーマ」を理解できないと博士は言います

 そのためできるだけ「スコトーマ」がない精神状態で、犯行現場に赴くと犯人のスコトーマが推測できます

 犯人のスコトーマが推測できるなら、それを造った犯人のゲシュタルトも推測ができるようになります

 そうすることで、「こうだとしか考えられない犯人像」が浮かび上がってくるのです

 例えば世田谷一家4人殺人事件の現場となった、この家は特殊な構造をしていました

 

 それは裏側が東京都内にありながら野原のようなところで、しかも浴室が2階にあって丸見えであったということです

 苫米地博士はこのような浴室が2階にあって丸見えであったことが、若い変質的気質を持った潜在的犯行者を、犯行に押しやった大きな誘因になったと言っています

 つまりこのような家でなければ殺人は起きなかった訳で、そういう意味では今日流行りの風水にも意味があるのしも知れません

 さて、本題に戻っていきましょう

 ここに潜在的犯行者がいると、そういう変質的気質を持った若者がいるとします

 そうしてあなたが「若い女性」であったとしましょう

 次に(考えにくいことですが)あなたが、その潜在的犯行者にアプローチすることで、潜在的犯行者に自分を襲わせることがてきるかどうかを、考えてみます

 たとえばやたらと短いスカートをはいて、夕方の人けのない方に散歩にいくとかの方法が考えられます

 そうすると、これは可能です

 しかしあなたが「若い女性」であったとして、そういう変質的気質を持った若者の気持ちや行動パターンを理解していなければ、この計画は成功しません

 つまりあなたが「若い女性」であったとしても、変質的気質を持った若者の気持ち(すなわちゲシュタルト)を持っていなければ、実際的な変態的若者性犯罪誘導作戦は成功しません

 この作戦を成功させるには、「若い女性」のゲシュタルトと変質的気質者のゲシュタルトを両方持つ必要があることが分かります

 ところが心理学の常識では、ゲシュタルトは一度にひとつしか持つことができないとされています

 つまり、この作戦は心理学の常識から考えて、不可能です

 しかし先の「娘と老婦人」の絵で中心の図形を耳と見ると若い女性とみることや、皺だらけの眼とみると老婦人にみるように、気分を切り換えることはできます

 気分を切り換えることで、認識を変更することは誰にでも可能です

 「誰にでも可能です」が、それはこの絵がそういう意図を持って書かれているということを「知っている」ことが前提になります

 つまり全体像を知っているということが大切なのですが、それは言い換えると「高い視点」を持っているということです

 「高い視点」を持っているということは、つまり「より高い抽象化」のことですね

 すなわち、「若い女性」のゲシュタルトと「変質的気質者」のゲシュタルトを一度に理解する「より高い抽象化」を持つことで、この両者を精神的に演じることが可能になります

 ここで「若い女性」が「変質的気質者」に自分を襲わせるということを考えたのですが、これは別のものに置き換えても考えることができます

 つまり通常ゲシュタルトは一度にひとつしか持つことができないですが、脳内に二つのゲシュタルトを造ってそれらを同時に動かして考えることができるということです

 さて、ここで金持ち脳の話に戻ります

 金持ち脳の頭の中では、自分の市場を代表する仮想人物(モデル)がいます

 そして金持ち脳はそういう人物に影響を及ぼして、自分の思うような行動をその仮想人物に起こさせることをいつも考えていると言って、過言ではありません

 そうするとこれは、他人のゲシュタルトを操作して、自分の利益を図る行動なのです

 しかし脳科学的には、「若い女性」が「変質的気質者」に自分を襲わせるということと、まったく同じ原理なのです

 つまり「若い女性」が「金持ち脳の持ち主」であり、「変質的気質者」が「自分の市場を代表する仮想人物」です

 他人のゲシュタルトを操作することをイメージしていることには、この両者に違いはありません

 そうすると「金持ち脳の持ち主」は「「若い女性」が「変質的気質者」に自分を襲わせる」のと同じように、「自分のセールスレターなどで「自分の市場を代表する仮想人物」に商品を購入させる」ようにしています

 すなわち「金持ち脳の持ち主」は「商品販売者のゲシュルタルト」と「自分の市場を代表する仮想人物のゲシュタルト」を、併せ持つことができるのです

 他人のゲシュタルトを操作して、自分の利益を図る行動の原理がこれです

 

2・お叱りが・・・

 明日は「金持ち脳とゲシュタルト」の最終回です

と書きましたが・・・・・

 「いつも続くと言っておきながら、ぜんぜん違う話から始めるじゃないか!」というお叱りをいただいています

 私としてはこんな違う話に見えて、本当は同じことに繋がるんですよ!というオチが好きなので、こういうスタイルになっています

 つまり具体化と抽象化の話を、しているつもりです

 ということで、今回もまったく違う話からです

自分の利益を図る行動

 苫米地博士が犯人のプロファイリングを行うとき、自己のゲシュタルトを消滅させた状態で犯人が犯行を行った状況をできるだけ、詳しく再現します

 その結果、苫米地博士の脳内には犯人だけしか行いえない犯行をするであろう、「この犯罪の犯人しか持ちえないゲシュタルト」を構築しているのです

 そうするとこの時、もちろん博士自身のゲシュタルトも表面に現れないけれど存在しているので、脳内にふたつのゲシュタルトを有していることになります

 通常、これは不可能とされていますが、無意識領域にゲシュタルトを格納することで、博士は実現しています

 すなわちこれは「自分のゲシュタルト」と、「犯人のゲシュタルト」のLUBを創り出していることにほかなりません

LUBとは、抽象化における、下層を抱合するもっとも近い階の「上位概念」

 

 この場合、LUBとは二つのゲシュタルトを結ぶ上位概念であると思ってください

 この犯罪捜査の場合は、通常「日本人男性」がLUBです

 つまり一般的な「日本人男性」の普遍的ゲシュタルトを造って、それに犯人像の特徴的部分を付け足していくのです

 じつは、自分のマーケット特有の顧客像を描く場合も、原理はまったく同じです

 自分と自分のマーケット特有の顧客像の、LUBを創ります

 そして、脳内で自分のマーケット特有の顧客像を、仮想購買行動を想定することで、「現実世界での購買行動」を誘導しています

 このようなことができるのは(無意識的にですが)、金持ち脳を持つ人が「他人の行動を通常のプロファイリングの範囲を大きく超えて」想像することができるからです

 それは「想像」というレベルではなく、「未来を予見する」という方が正しいと思われるほどなのです

 そうでなければ、斉藤一人さんのように「商品の命名だけで」、納税者番付日本一になることなど考えられません

 ネット上には、「こうすれば売れるホームページが出来る!」という、宣伝に溢れたセールスレターの書き方講座があります

 たとえば・・・・
http://www.suganoissei.com/1okuen/

 このような「セールスレターの書き方講座」は、じつは使えません

 なぜなら「自分の顧客像だけに適応した」、セールスレターの書き方講座だからである可能性が非常に高いからです

 この場合「自分」とは、その「セールスレターの書き方講座」を製作した作者だけです

 つまり金持ち脳と言えども、そのプロセスは無意識的に行われるので、金持ち脳の持ち主であっても、「どうしてそういう結論に達したかは分かっていない」のです

 そのプロセスは(じつは)「自分の顧客像のゲシュタルトを盗むこと」に、本質があります

 じつは「願望実現」を望む人には大きく分けて2種類あります

 ひとつは金銭的なものであり、もうひとつは恋愛関係に悩む人です

 上に述べたことは、金銭的なものに対する「願望実現」てすが、同じ方法で恋愛関係に悩むことは解決できます

 つまり、「他人のゲシュタルトを脳内に構築すること」ができるなら、「異性を思うように操作すること」は、「自分のマーケットを操作すること」と本質的に同じだからです

 さて、・・・・・!

 ここで「種明かし」を一つ、したいと思います

 私はここまで、26回にわたって「願望実現メルマガ」を書いてきました

 これはセールスレターでもあるのですが、普通の情報起業家と呼ばれる人はこんなことはしません!

 なぜかというと、これはとても面倒な作業だからです

 もう一つの理由として、「普通の情報起業家と呼ばれる人にはそこまで書くネタを持ち合わせていないから」です

 では、なぜ私は普通の情報起業家では、行わないことを行っているか?

 それは、ここまで明かしましたように「金持ち脳の原理」に因っているからです

 つまり私は毎日のようにセールスレターを発信して、そのレスポンスにより「自分の顧客層のゲシュタルト」を、「私の脳内に構築しよう」としているのです

 じつはこれが、「「願望実現メルマガ」の秘密」なのでした!(※山西注 回りくどい言い方です。簡単にいうとメルマガで解説することで、自分自身も勉強しているみたいな意味です)

次回から最終章に入っていきます(残り少なくなってきました)

 

3・「願望実現」の真実とは03

メールを頂きました

メールマガジンの中で山西さんはULBと書かれていますが、リースト・アッパー・バウンドの略なので、LUBが正しいかと思います。

 そのとおりで、間違っていましたので訂正します(文中では訂正済です)

 それにしても、こういうメールを頂けるのは嬉しいですね!

 さて、「願望実現とはなにか?」ということが、最終章のテーマになります

 最近、煙草が1000円になるとか言われることが多くなりました

 煙草を吸われる方には、公共の場所での喫煙ができなくなりつつあるので、禁煙をしたいという人が増えているように思われます

 よく似たことでは、「パチンコをやめたい」と思う人も多くなっているように感じます

 つまりギャンブル依存症などを、なくしたいと言うことですね

 ところでギャンブルを止めたい、というのはどういうことでしょうか?

 このメルマガでは「願望の実現」がテーマですが、「ギャンブルが好きな人」がそれを止めたいと思うのは、願望を実現したいのかしたくないのか、ちょっと分かりませんね

 普通の人が考える、「ギャンブル依存症などをなくしたい」というのは、その裏に社会的にかっこわるいからそれを止めたいというのでしょうか?

 でも、本人の「願望」として、「本当はギャンブル」をしたいと考えているわけです

 こんな人は少し自由になるお金が入ると、それを持ってギャンブルをしにでかけると、想像できます

 つまりこういう願望を持つ人は、「本当はギャンブルをしたい」という心と、「ギャンブルを止めたい」という相反する二つの願望を心の中に持っています

 じつは良く考えると、人間の欲望にはほとんどこんな傾向があります

 既婚者であるなら、風俗に行きたいと思い、そんな考えは良くないという倫理観があります

 飲酒をする人は「酒を飲みたい」と思いながら、「酒を飲みすぎるのは良くない」と思うものです

 違法薬物に手を出す人も、「薬をやりたい」という思いと、「薬を止めなくては」という思いの中で揺れ動くのか、普通です

 そして違法薬物に手を出した人には、こういう葛藤が他の欲望に比べて強いと考えられます

 この点から考えると、「○○を止めたい」という思いというのは、「社会的に容認されない度合い」によって、その強さが決まると思われます

 そういう社会的な部分を取っ払って考えると、じつはすべての欲望には「こういう葛藤」が存在していることが分かってきます

 独身者にとって、異性を求めるというのは許される(普通の)ことですが、始終そればかり考えている者は、あまり褒められたものではありません

 お金持ちになろうと考えるのは、誰でも思うことだと思いますが、貪欲になりすぎるのは困りものです

 ここでこのような問題の本質を、考えてみることにしましょう

 そうするとこれは「動物の二大本能」に帰結することが多いことに気がつきます

 つまり「動物の二大本能」とは、「性欲」と「食欲」ですが、人間の場合もこれが変形した形で、表に出てきていると考えられます

 性欲の変形が、「異性を求めるという」ことです

 「食欲」または「生存欲」の変形が、「お金が欲しい」ということです

 ギャンブル依存とかタバコが吸いたいというのは、その行為が脳内麻薬のトリガーとなっています

 そのためなかなか止めにくいのですが、トリガーとなったこと自体が、動物の本能に基づいています

 つまりプライミングが効いていて、そのためなかなか止めにくいのてすが、これは動物の本能に起因するのです

 話が逸れてきている気がするので、元に戻します

 結局言いたかったのは「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということで、「過剰な欲望の充足は、結局不幸せになる」です

 わかりやすい例でいうなら、ありあまるお金を持っていてギャンブル依存になっているとします

 これならギャンブルを止める必要はないのですが、そういう依存症になっていることが、すでに不健康なことです

 つまり依存症になっていることは表面的なことで、その原因となったものがこれまでの人生に存在しています

 その「本当の原因」を取り除くことができない限り、その人は「本当の意味」で幸せになることはできません

 ここでは「願望実現」をテーマにしていますが、「願望実現」の目的はその人の幸せにあります

 そうであるなら、「表面的な幸せ」を追求しても、かえって不幸になることが人生には多々あります

 すなわち 「願望実現」の真の目的はその人の幸せにあるのですから、「表面的な幸せ」を追求していないか?というのを検証することが、じつは大切なのです


 例えばルーシー・ブラックマンさんというイギリス人女性が、日本人男性に殺害されるという事件が発生しています

 この犯人は親の財産がたくさんあって、何不自由ない暮らしぶりであったと思われます

 しかし若いときに外国留学をして、その時白人に強いコンプレックスを持ったとされています

 その白人コンプレックスのため、外国人の若い女性を金で自由にするという行為にふけっていたということです

 ということは「解消すべき」は、「若いときに持ってしまった白人コンプレックス」なのです

 この人が真剣に「自分の幸せとはなにか?」に取り組んでいたなら、「白人コンプレックスの解消」にあると気がつけた筈です

 それがなまじ資産家であったために、不幸な人生になったと言えるでしょう

 「「願望実現」の真実とは、「本当の自分の幸せ」とはなにか?である」を知らなければ、間違ったものになりかねません

 続く

追伸

 「願望実現」の真実とは、「本当の自分の幸せ」とはなにか?である

 このことの裏には、「人は生まれ変わりをするか?」が、密接に係わってきます

 それは次回!

まとめ?matome01

 

タイトルが変わりました。

金持ちへ願望実現解説です。

次回は

 

お勧め記事

超能力で人の心を読み、馬鹿にされる人生からサヨナラできる方法(※無料)があったら知りたいですか?はい、ぜひ!

「超能力(超頭脳力)で、頭を良くして3ランク上の人生を送る方法」※無料があったら欲しいですか?はい、ぜひ!

超能力で株価や地震を予知し快適な人生を送る方法を知りたいですか?はい、ぜひ!

watashi
精神工学研究所
    山西 茂

初めての方はこちらを必ずお読みくださるようお願いします

社会的洗脳とは

 

こちらを読んでおくことを、強くお勧めします!

絶対に必要金持ちになるための3ステップとは?

 

 

お金儲けはもちろん、恋愛成就、仕事の成功、対人関係の克服、夢の実現など、脳科学の見地から、正しい実践方法を伝授いたします。

引き寄せの法則や社会的洗脳の仕組みなどを正しく理解し、具体的な実践としての、誰にでも導入できる瞑想方法や自己催眠を詳しく解説します。

毎日1話、第一話から進んでいく無料メール講座です。

早い方は1ヶ月で効果がでます。登録はとても簡単で下記フォームにメールアドレスを打ち込むだけ。

このご縁をきっかけに皆さまの人生が拓けますことを祈念もうしあげます。

 

 - マーケティング, 洗脳, 精神工学研究所とは?, 自己実現・願望実現 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  関連記事

watashi
普通の人は「まず過去の清算」を行う必要がある。|金持ちへ願望実現解説(15)

  金持ちへ願望実現解説です。 これは続編15回目です 第一回目はこち …

dorei
ヴィパッサナー瞑想で危険な状態になる人・ならない人の違いとは?

隠したい?   ヴィパッサナー瞑想が広まって、なんでもそういうものには …

watashi
想像したことが現実にならない理由とは?|金持ちへ願望実現解説(8)

これは続編8回目です 第一回目はこちらです   これまでのあらすじ 建 …

senaka
女性をマインドコントロールする方法とは?

結果に驚く   この記事を書く二日前に「マインドコントロールの実例」と …

watashi
自分の中の欲望を認めて、さらりと受け流す。|金持ちへ願望実現解説(14)

  金持ちへ願望実現解説です。 これは続編14回目です 第一回目はこち …

oura
金持ちは筋トレしなくてもムキムキになれる理由。|金持ち脳とは?

筋肉の力   これはうそ! 金持ちは筋トレをする、と言われる人がいます …

watashi
自分へのご褒美が引き寄せる落とし穴とは?|金持ちへ願望実現解説(7)

  金持ちへ願望実現解説です。 これは続編7回目です 第一回目はこちら …

yozawa2
元金持ち?与沢翼のメルマガとは?

元金持ち?与沢翼のメルマガとは?   金持ち,与沢翼 本当のことを暴露 …

dorei
宗教修行「オウム真理教」の洗脳とは?

報道の裏にある陰謀とは、   宗教修行「オウム真理教」の洗脳とは? こ …

yozawa3
元金持ち?与沢翼のメルマガとは?2

元金持ち?与沢翼のメルマガとは? 金持ち,与沢翼 本当のことを暴露します。フェラ …