精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

騙されやすい人の特徴№1

      2021/10/21

あなたの思うような人ではない

騙されやすい人の特徴№1は、あなたの思うような人ではないとしたら驚きますか?

次の文章を辛抱強くお読みください。

1・あなたのIQを135にする方法!

この問題は、GoogleのCMで使われたそうです。

これが解けたらIQ○○○以上!という、数学クイズがあります。

4つの数字を加減乗除して、答えを10にするというパターンです。

例えば、「1」「1」「5」「8」を加減乗除するのですが、括弧も使ってOKです。

加減乗除とか括弧とか、優秀な日本人なら読めますよね。

答えは、8÷(1-(1÷5))。

さて、これの難しいバージョンで、「1」「1」「9」「9」があります。

これが解けたら、IQは135です。

2・答えは?

解法を考えてみましょう。

先の解法は10=8÷(1-(1÷5)

これに似ていると考えることができます。

これのやり方として思いつくのは、

まずすべての数字が目的となる、10より小さいということです。

そういう目で10=8÷(1-(1÷5))を見ますと・・・・

8は4つの数字の中で一番大きく、10に近い数字です。

これに足したり、掛けたりして目的の数字にたどり着くのでは、という仮説が造れます。

すなわち、「1」「1」「9」「9」で考えると、

10=9+(残りの数字を使った計算)または10=9×(残りの数字を使った計算)

もしくは10=9÷(残りの数字を使った計算)

になりますので、(残りの数字を使った計算)の答えで最初のケースは1、二番目は1.1111111・・・、三番目は0.9です。

これが難しい問題という前提がありますので、(残りの数字を使った計算)の答えが1は優しすぎるようなので、まずは排除します。

そうすると1.1111111・・・・か0.9を探すことになります。

数学的に考えると、1.1111111・・・・か0.9は、掛けるか、割るかの違いだけでこれは同じ答えです。

書き方を変えると、分数の10/9(9分の10)または9/10です。

すると、括弧の中は(1÷9)+1でいいとわかりました。

答えは、9×((1÷9)+1)です。

3・気づきましたか?あなたは騙されています!

しかしこれでIQ135って、本当でしょうか?

最初の解法を知っていると知らないのでは、解く時間がずいぶん違うように思います。

また、ネットで答えに辿りつくというのは、アリなのでしょうか?

ネットで答えに辿りついても、IQ135でしょうか?

「それはない!」という意見が多いと思います。

だから「あなたのIQを135にする方法」というタイトルに興味を持ったとき、すでに「騙される入り口」に立っているのです。

まとめ

IQ135と言いながら実際問題としては「使えない奴ら」が多くいます。

こういうパズルを見ると、目の色を変えて解くことに夢中になるパズルオタクなどもいます。

でも社会でこういう問題を解かないといけない事態になったとき、その問題が仕事に支障がでるような場合は、スピードが大切だと思います。

それなら、ネットで答えに辿りついても、社会的実用性としては大いにアリ!だと思います。

というか、解くことに夢中になるパズルオタクより、はるかにましです。

※実用的なIQがあるなら、それは教科書的IQよりあなたを成功にはやく導く

そう考えると、IQ○○○なんて意味があるのかな?と、私は考えています。

高校時代ヤンキーだった人が、小企業の社長になって成功したりするのは、こういう理由です。

倫理的なことを抜きにして言うと、例えば新しい詐欺の方法を発明できる方が、社会的実用性のIQが高いと思います。

※実用的なIQの高さは犯罪集団には敵わない

—————–

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

電気自動車の時代は来るのか?致命的な欠点2つ

電気自動車には様々な欠点 地球温暖化対策の切り札として電気自動車の普及が急がれて …

恐ろしい「肩こり」 頭痛・高血圧・めまい・腰痛 うつ病も?

あなたが不思議に思わない   不思議なことが人体にはあります。 それは …

韓国は戦争を始める!相手は日本?

韓国の朴槿恵大統領が 2017年3月10日金曜日に、罷免されました。 これの原因 …

最近いらだつ人が増えて事件も増えています。対処法は?

弔問に来た医師を人質に   立てこもり、果てには医師を猟銃で殺害する悲 …

ウクライナ戦争に関してバイデンがとんでもないことを言いました。世界が終わります

夜7時のNHKニュースで、バイデン大統領が とんでもない発言をしました。 この発 …

あなたの周りにいる危険な「聴く耳」とは?やっかいな奴

「謎の質問」     以前、次のようなご質問をいただきました …

プーチンに二度殺された男 ナワリヌイとは?

ロシアで北極圏の     極寒の刑務所に収監されていた政治犯 …

no image
公的機関が認めた発癌性のある除草剤が野放し?

ニッポン大丈夫?  精神工学研究所不定期メルマガ     公 …

【見ないと危険!】ChatGPTが破壊する日本の姿がわかりました

禁止する     ある大学ではChatGPTを使って論文を書 …

紅白歌合戦に関する謎?

え!紅白歌合戦が?   昔書いた記事に、加筆してお届けします。 年末の …