精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

卑弥呼って本当にいたの?どうして教科書に?この謎完全解明! 

   

邪馬台国の卑弥呼

日本史の授業で最初に習ったのは、邪馬台国の卑弥呼のことでした。

あれって、日本を貶めようとする外国勢力の陰謀だったというと驚きませんか?

昔の文部省がその罠にハマって、ああいうウソを掲載していたと最近の研究でわかりました。

日本人が自信を無くすために仕掛けられた罠が、日本史の授業で最初に習うあれだったのです。

この記事を読むと、今年一番あなたが驚くこと必至です。

1・卑弥呼は一人ではない!確実な証拠

そもそも邪馬台国と卑弥呼の存在は、古代中国の書「魏志倭人伝」に載っている一文から説明されています。

日本独自の資料には、邪馬台国も卑弥呼も出てきません。

あなたは不思議に思いませんか?

日本には連綿と続く天皇家の家系がありますが、あれのどこにも卑弥呼はでてきません。

卑弥呼と天皇の関係を書くことが、「日本の教科書の日本史」にはぜったい必要だと思いませんか?

この謎こそが、日本人が自信を無くすために仕掛けられた罠なのです。

2・中国が仕掛けた罠

中国の正式な呼び名は中華人民共和国です。

中華とは中国人が、自分らだけが世界最高の文化・文明を持つという、まことに鼻持ちならない思想です。

そして周囲の未開人を東西南北、次のように呼びます

南蛮北狄なんばんほくてき)西戎東夷(せいじゅうとうい)

江戸時代に、欧米人を南蛮人と呼んだのはここからきています。

さて魏志倭人伝が書かれたのは、 3世紀末(BC280年ごろ)と言われています。

当時日本にも都市国家のような小国がいくつかあったはずで、その中の一つが大和国だったでしょう。

そのヤマトの使者が、中国皇帝に会いに来たということを魏志倭人伝に書いてあるのです。

使者は「私はヤマトからヒミコの命令でここに来た」と魏志倭人伝に記されている、それが真実です。

ところが、中華思想を持つ古代中国人は意地悪で、ヤマトとかヒミコを記す時、当て字を使ったのですが・・・・

それが「邪馬台国」(邪な馬の国)みたいな蔑称に見える文字をわざわざ当てたのです。

これって、暴走族の使う当て字「夜露死苦」とおなじやり方です。

あるいは、魔苦怒奈流怒(マクドナルド)とか。

当時の日本には日本独自の文字、カタカムナや阿比留文字などいくつもありましたが、漢字との共通部分はありません。

中国は、中華思想だから、東の野蛮人の国を貶めるような当て字で、「邪馬台国」と表記したのです。

ヒミコも「日の巫女」の略であるとすると謎が解けます。

天照大神は日の女神なので、それに仕えるシャーマンが、「日の巫女」なのです。

「日の巫女」と天皇は別々の存在で、天皇の下に「日の巫女」がいました。

だから天皇の命を受けた「日の巫女」が使者を中国に送ったので、「私はヤマトからヒミコの命令でここに来た」と言ったとすれば謎は解けます。

ここでも中国のいやらしさで、「太陽神の巫女」とか書けばいいのに、「卑弥呼」、卑しいと呼ばれる女みたいに意味がとれる文字を使ったのですね。

問題は日本の教科書にこれを載せたことです。

その原因は文部省御用学者たちが、中国はエライ、日本は二流という思想に汚染された者たちだったことです。

そういう東大などのエライ歴史学者が、日本史の教科書に「邪馬台国」「卑弥呼」は必ず載せなさいと言ったから、日本人はこれを信じることになりました。

これは「社会的洗脳」です。

これを信じた結果、日本人は自分らが中国に劣ると信じこまされていたのです。

私たちは、天照大神(あまてらすおおみかみ)という日の女神をいただく民なのです。

「卑弥呼」ではなく、日の巫女です。

3・大谷翔平と言う洗脳

Amazonプライムでキングオブモンスターズと言う映画を見ました。

モンスターの中の王とは、ゴジラのことです。

これはゴジラ映画で、ゴジラはモスラと共にキングギドラ・ラドン連合軍と戦います。

ハリウッドで創られた映画ですが、これって陰謀だと思いませんか?

日本人は自国の物語がハリウッド映画化されると喜びますが、これは結局アメリカで認められたものが一流だという考えに結びつきます。

大谷翔平選手がアメリカ大リーグでVIPを取りましたが、これに喜ぶ日本人はゴジラがハリウッド映画になったことを喜ぶ精神構造と同じです。

そして日本人のそういうメンタリティは、「邪馬台国」「卑弥呼」と書かれてなんの感想も持たないのと似ています。

これが「社会的洗脳」です。


まとめ

洗脳された人は本当に喜ばなくてはいけない場面で喜べず、

本当は怒らなくてはいけない時に、怒りがわかなくなります。

そしてそういう洗脳は幼い時から行うと、すごく深く洗脳できます。

教科書で洗脳を行うというのは、まことに理にかなった方法なのです。

しかし洗脳と言うのは、誰にでもかけられるわけではありません。

かけられやすいのは、愚かな、あまり物事を深く考えない人です。

「社会的洗脳」は、あまり物事を深く考えない人々の国では有効です。

共産主義に染まった国と、そうでない国があったのはこれが理由です。

日本人は愚かではないので、今かけられている社会的洗脳もやがて解けるでしょう。

※別に神社に行かなくても、心の中で日の出を思い浮かべればそれが天照大神(あまてらすおおみかみ)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

安倍元首相暗殺した山上容疑者の減刑を求める署名活動

山上容疑者の減刑を求める署名活動 起きていますが、これは危険です。 なぜならウェ …

本当にこれだけはヤメテ!女性が確実に嫌いになる男ワースト1!

一番嫌われる男性の タイプがありますが、意外に男たちは判っていません。 逆に言う …

第二回日本にとって中国の方がロシアよりはるかに怖ろしいのはなぜか?

中国がなぜ怖いかというと、 国の文化が西側諸国やロシアなどと根本的に違うからです …

なぜ頭のいい人でないと金持ちになれないのか?あなたを一瞬で「稼げる頭脳に」

お金持ちになった人、例えばホリエモン、 例えば孫正義。 あんな風にすいすいと頭角 …

なぜ?発達障害児は津軽弁を喋らない。驚くべき理由

『自閉症は津軽弁を話さない』(福村出版) で注目を集める研究者、松本敏治氏。 「 …

あなたは解けますか?このクイズ/不幸になる女の特徴

現実に近い話 奇妙な特徴を持つ彼氏の謎です。 このクイズは架空の女性ですが、限り …

あなたは大丈夫?「虫」を使った新型空き巣のコワい手口

「玄関前にクワガタがいた」 そんな写真をフェイスブックを乗せた女性。 じつはクワ …

イギリスのジョンソン大統領辞任の裏にあるアレとは?

このままだと日本が外国からの攻撃に 耐えられないのではないかと危惧しています。 …

第五回新興宗教の洗脳の手口(自民党がハマった方法)

本日は非常に強力な方法です。 その名は「返報性の法則」。 この方法がなぜ強力かと …

人の心を揺さぶる言葉の創り方・信頼されない人からの脱出方法

「そうだ京都、行こう。」 この言葉を聴いて多くの人が秋の京都を訪れました。 この …