精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

あなたの記憶力を2.3倍アップできる方法

   

「富士山麓オウム鳴く」

これが記憶力のカギです。

もちろんこの言葉の意味は√5=2.2360679の覚え方ですね。

なぜこれが記憶力の鍵なのか?

意外な秘密がありました。

1・ビジュアライゼーション

 

「富士山麓オウム鳴く」という言葉を聴くと、次のような光景が脳裏浮かびませんか?

真っ白な雪を頂いた富士山のふもとの樹海で、鮮やかな緑色のオウムが鳴いているようすです。

人によってはオレンジ色のオウムかもしれません。

オウムは人の声を物真似するので、果たしてなんと鳴くのかはちょっとわかりません。

しかし「絵は浮かぶ」はずです。

その絵と「フジサンロクオウムナク」という言葉があなたの頭の中でセットになっています。

そして「フジサンロクオウムナク」を解読すると、2.2360679になるのです。

√5=2.2360679はなかなか覚えられませんが、「富士山麓オウム鳴く」は一発で記憶できます。

これとよく似たものに、「鳴くよウグイス平安京」があります。

無味乾燥の数字の列を記憶するのは難しいですが、それを「絵にする」と記憶することができます。

これが記憶の秘密です。

考える時頭の中で日本語をしゃべる

 

2・なぜ記憶できなかったのか?

 

私たちの脳の進化を考えると、絵にすると記憶できることの理由がわかります。

私たちは考える時頭の中で日本語をしゃべっています。

「2.2360679」を覚えようとするときも同じで、この時は「にいてんにさんろくぜろろくななきゅう」という声を発しています。

ですから普通に考える「覚えている」ということは、「√5は?」と聴かれたときに頭の中で自動的に「にいてんにさんろくぜろろくななきゅう」という声がすることなのです。

「円周率は?」と聴かれたときに「さんてんいちよん」というのと同じ感じです。

でも22360679という数字の羅列に意味はないので、これは覚えにくいということになります。

それに対し、「真っ白な雪を頂いた富士山のふもとの樹海で、鮮やかな緑色のオウムが鳴いている様子の絵」は記憶することができます。

意味があるからです。

私たちは思考するとき頭の中で日本語を使って考えますが、じつは人間の脳が言葉を使い始めてそれほど長い歴史はありません。

言語学者の中には、人間が言葉を使い始めてわずか5万年しか経っていないという人もいます。

それに対し、絵や音を記憶することは数億年の歴史を持っています。(人間が数億年前にいたという意味ではありませんが)

断然、脳は絵や音を記憶することの方が得意なのです。

 

3・なぜそれに気づかなかったのか?

 

私たちは生まれた時は赤ん坊で幼児になり、子供になり青年になります。

今あなたは青年とは呼べない年齢かもしれませんが、誰でもこういう人生の歩み方をします。

そして子供に近い若い脳であればあるほど、記憶力が優れています。

ということは、22360679という数字の羅列を簡単に記憶できたりした時期があったのです。

人は誰でも若い時に人生をスタートしますので(若い肉体で人生をスタートする、というべきか?)、若い時の記憶力のいい頃が普通だと勘違いします。

若い時の無意識に何でも記憶できるのはむしろ異常で、脳にとっては言葉だけを使って記憶しているというのは大きな負担なのです。

ですから青年期を過ぎ始めると、自分の記憶力が衰えたと感じるのです。

それは当たり前であって、人間の脳であっても「文字や発音だけの記憶」というのは無理があるのです。

つまり、絵や音を使った記憶を活用するならあなたの記憶力は衰えることがありません。

 

まとめ

 

記憶術というのは、脳が絵や音を記憶することの方が得意であるということを利用しています。

利用していますというより、本来の脳の使い方を思い起こそうという試みです。

ですから、ちょっと記憶術を知るだけであなたの記憶力が2.3倍と言わず、格段に上昇します。

これは「快感」です。

関連記事

これを読まないと記憶術を役立てることはできません/誰も言わない真実

鳴くよウグイスとは、花札の絵だったのです。

 

特別情報
髪の毛で悩む男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 


 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

すごい発見をしました!でもあなたは興味ない

本日は科学ネタですが、 人体に関するものです。 テレビCMでは、ますます膝痛に悩 …

あなたは経験していませんか?「空気が一変する瞬間」

あれほど仲の良かった恋人が 「昨日までのあれはいったいなんだったんだ?」 そうい …

中国は怖い国

中国は昔から怖い国です。 怖い理由その1 膨張主義・帝国主義だから 怖い理由その …

眠れぬ夜をどう過ごすか?

怖ろしいことです! コロナが怖くて寝不足になる人も大勢いました。 コロナ以前は、 …

モナリザを盗んだ男「パブロ・ピカソ」最後の大どんでん返し

あるはずの絵が無い 1911年の夏、『モナリザ』のスケッチに来た画家がルーブルの …

戦争反対は正論だが、正論が通じない時はどうする?

ウクライナ戦争でわかったのは、 左翼主義者の理想論が通じない事態が本当に起きたと …

安倍元首相暗殺した山上容疑者の減刑を求める署名活動

山上容疑者の減刑を求める署名活動 起きていますが、これは危険です。 なぜならウェ …

市町村議会議員選挙に当選する方法・脳科学を使って

もしあなたが選挙に出る気持ちがほんの少しでも あるなら、この記事をお読みください …

お金持ちになりたいなら「ブラジャー」を売るしかない!秘密の下着

驚かないでください。 『ブラジャー』とiPhoneは同じものなのです。 「え!ど …

「言葉を使わない催眠術」存在できる科学的理由があった

テレパシー 苫米地英人博士が広め、一部の人に熱狂的に信じられた「内部表現の書き換 …