精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

大地震が首都東京を襲いました。

      2021/10/13

帰宅困難者問題

 

大地震が首都東京を襲いました。

諸外国なら大地震でも、この国では「小地震」の扱いです。

しかし、大きな問題が見えてきました。

1・帰宅困難とは?

以下、サンケイの記事より

「首都圏で7日夜に最大震度5強を観測した地震は、鉄道や水道などのインフラを直撃し、都市基盤の脆弱(ぜいじゃく)さを改めて露呈した。

東京都足立区を走行中に脱輪した日暮里(にっぽり)・舎人(とねり)ライナーは、復旧までに数日かかる見込み。」

『勤務先が新横浜駅近くだという埼玉県蕨市の男性会社員(28)は、横浜駅で一夜を過ごした。

「山手線に乗っていたら突然、ドーンという音とともに電車が止まった」と語った。

「このまま出社するしかない…」。8日午前6時ごろ、疲れ切った様子で話した。』

2・帰宅困難以上の大問題?

他の男性にもインタビューしています。

『勤務先の販売店に向かう途中だった男性は「この電車に乗れなければ、遠回りしなければならない。

店の人手が足りているか心配だ」と不安を口にした。』

会社を途中退職してその退職金でコンビニオーナーになった人が大勢いますが、どの人も困っています。

その理由は、深夜のシフトをしてくれるアルバイトが見つからないというものです。

そこで仕方なくオーナーが昼に寝て、深夜の店番は自分で行っていることが多いのですが、中年以降の深夜勤務は確実に健康をむしばみます。

他にも、回転ずしチェーン同士の競争が激化しているので、ぎりぎりまで人件費を削った営業をしています。

このような、「ぎりぎりまで人件費を削った営業」というのは余裕のない状態です。

例えば橋を造るとき、お金に余裕があるときはふんだんに鋼材を使って、がっちりとした橋を造ります。

しかし個人が製作するような橋は、そこまで余裕がないので鋼材の細いものしか使えません。

そうなると、渡るときギシギシ音がするような橋になってしまいます。

もちろん、ちょっとした風でも壊れるように揺れて怖いです。

3・現代の営業の問題

渡るときギシギシ音がするような橋というのは、仕事で考えると「余裕のないシフト体系」に相当します。

競争が激化している業界で、ぎりぎりまで人件費を削った営業がこれです。

多くの企業がこういう、綱渡り状態の仕事を増やしています。

人件費を削り、少しでも価格競争に勝つためなのです。

しかしこういう考えの裏には、「大切なもの」がひとつ抜けています。

その大切なものとは?

 

まとめ

価格競争に勝つためにぎりぎりの人員配置で行うことができるのは、じつは「平時だから」できるという視点が抜けていることが多いものです。

「平時だから」できるというというのは、突発的な事件が起きたとき、それに対処できません。

深夜のワンオペだったら、心臓発作に襲われた時誰も助けを呼んでくれないのです。

それが大地震だったら!と思うと、現代の都会の脆弱さが見えてきます。

地震に備えるというのは、避難用バッグを買うことだけではありません。

自分の日常に、じつは「平時だから」できているという視点が抜けていないか、考えることの方が重要かも知れません。

自分だけは大丈夫でも、現代の都会の脆弱さも調べておいて損はありません。

※自分だけは大丈夫でも、「環境」はどうだろう?

 

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

洗脳研究する人(その手口とは)

洗脳されない人になるには、   洗脳技術を理解することが大切です。 以 …

成人の日に起きた困った問題とは?ヤンキーはもう暴れない

法律的に成人年齢が 18歳に引き下げられることで、成人式に大問題が起きています。 …

【特殊能力】を獲得してお金儲けに使う方法、マジ

「特殊能力」というと、超能力を思い出す人が     ほとんど …

ついに中国で恐ろしいことが始まりました

中国共産党大会ですが、 習近平が三期目の国家主席をやるという掟破りの結果になりま …

他人の心の中を一発で覗き見する方法とは?遠隔でも!

知っていると役に立ちます     あなたの目の前の人がどうい …

ガーシー元参議院議員に懲役4年の求刑 これでいいのか?

現在は工業化社会から     情報化社会への移行期だと考えら …

立憲民主党某議員、暴走に次ぐ暴走で起きること

恫喝 立憲民主党の小西洋之(ひろゆき)参議院議員がとんでもない暴言を吐いて、役職 …

アンケート結果発表(少子化対策の話)

異次元の少子化対策 新春企画、はぴさぷメルマガで取り上げてほしい話題を募集しまし …

ノーベル物理学賞を獲った日本人の秘密とは?

うれしいニュースです。 地球温暖化の予測法を開発し、ノーベル物理学賞の受賞が決ま …

日本はなぜこんなに「落ちぶれてしまった」のか?驚愕の真相

「失われた30年」という言葉があります。 バブル崩壊以降の日本がまったく立ち直れ …