精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

ヤクルト優勝の裏にある、あなたにも関係あること

      2021/11/02

ヤクルトが6年ぶり

ヤクルトが6年ぶり8度目のリーグ優勝を決めた。DeNAを下し、優勝へのマジックは1。

その直後、横浜スタジアムのビジョンに阪神-中日戦が放送された。

阪神の敗戦が決定した瞬間、マウンドに歓喜の輪。高津監督の身体が5回宙を舞った。

1・決まっていた優勝決定

優勝が決まった最後の試合は、必ず放送されるのでこれまで何度も見てきました。

昨夜の試合にしても、ヤクルトが勝つまで最後のアウトというところをテレビで見たのですがその時面白いものを見ました。

それは観客席の女性ファンが目をつむって、一心にお祈りしている風景でした。

彼女の祈りが天に通じたのか、最後のバッターはフライを打ちあげて試合終了でした。

私も草野球をしたことがあるので、(プロ選手との比較は失礼ですが)こういう場面に遭遇したことがあります。

もちろん負ける方ですが、

そんな時、ぜんぜん打てる気がしないんですね。

自分がここでヒットを打ったからって、ヤクルトの優勝はもう揺るがないだろうという時には、そういう気持ちになります。

2・観客席の女性ファン

彼女がお祈りしている光景を見ましたが、実際は打者が打ち取られる可能性が大きかったと感じます。

それに対し、投手の方はここでアウトを取ったら優勝だと思うと、集中力が発揮されて打てないボールを投げ込めるものだと感じます。

再度言いますが、私の経験からもぜんぜん打てる気がしないんです。

つまり、

1・投げる方は集中力が発揮されていいボールを投げ込める

2.守備の方も同様で難しい球でも取れるように集中している

3.打者の方はこの逆で、自分が一発打っても大勢に影響ないと感じる

こういう精神状態ですから、もはや優勝は確実だと言えるでしょう。

3・人生におけるこういう場面

じつはこういう状況というのは、猿の本能がもたらすものの影響があるのではないかと推測します。

この場合の猿の本能とは、社会生活を維持するためのもので、簡単に言うと「空気を読む」というものです。

打者の方は、自分が一発打っても大勢に影響ないと感じるのですから、「空気を読む」と打たない方が盛り上がるかな?と思ってしまうようなものです。

もちろん顕在意識としては、試合なのだから負けてたまるか!という気持ちがあると思います。

しかし「空気を読む」という猿の本能が働くために、調子のいい時と比較すると身体のキレが悪いということになるのでしょう。

だから、マジックが1とか2になった場合、こういう試合の結末になりがちです。

昔はそういう試合があったような気がしますが、

最後の最後で打者が同点打を放ち、ツーアウトから逆転したとか、延長戦になったという試合を最近では見た記憶がありません。

 

まとめ

 

私たちには、社会生活を維持するため「空気を読む」という本能があると思わます。

この本能が働くために、もはやこうなることが決定していたかのような場面が繰り返されるのです。

例えばプロポーズの場面でも、告白される方が「そろそろ来るな」と予想していた時は相手が行動を始める前から、たぶんプロポーズだろうと予想していたというのがあると思います。

会社が倒産寸前だと感じていて、なんか上司が重い足取りで歩いてきたと感じる時に、リストラの予感が的中してやっぱり来たか!という感じになるでしょう。


———-

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

頭をよくする方法の答えはアマゾンの倉庫にあった!

頭をよくする方法がアマゾンの 倉庫にあった? と言っても、アマゾンにそういう本が …

本当にあった怖い話 5○歳男性が18以上年下美女と結婚した結果!

若い女性が好きな 婚活しようとしている男性は、これを読まずに結婚するのは危険です …

8月15日は終戦記念日 あの頃から変われない日本の新〇

朝日新聞   戦争に負けた日が、8月15日終戦記念日です。 80年近く …

ジャニー喜多川の大量未成年性暴行事件と西武ライオンズ山川穂高の関係とは?

罪の重さは同じ   西武ライオンズ山川穂高選手が女性を暴行したとして訴 …

大谷翔平、奇跡の特大ホームラン!日本人ファンの“行儀”に米国驚嘆

あの時、「奇跡」が起きた 世界野球ワールドボールクラシッックで、大谷翔平選手が特 …

統一教会と関わりがあった議員(自民党)

野党にも統一教会と関りがあった議員 はいますが、圧倒的に自民党が多いです。 どう …

LGBT、ブームが去ったら手のひら返しがあるのでは?と危惧します

偏見だらけ 大阪市のホームページにありました。 「「LGBT」とは “L”=レズ …

日本人の一番コタエル質問とは?

答える?堪える? 恥ずかしい! ライブドアに掲載されていた記事です↓ 「解けない …

成人の日に起きた困った問題とは?ヤンキーはもう暴れない

法律的に成人年齢が 18歳に引き下げられることで、成人式に大問題が起きています。 …

乱交パーティーで逮捕はおかしいぞ!日本の警察

6月13日、120人規模の乱交パーティ が摘発されました。 場所は静岡県浜名湖の …