精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

ハロウインは本当はゾンビのお祭りだった?日本の異常性はあの会社のせい

   

ハロウインは

 

スコットランドあたりに住むケルト民族のお祭りでした。

今はアメリカが本場のように思われていますが、本当はアメリカもキリスト教も関係ありません。

カボチャも本当は関係なかったのです。

それを有名にし、いかにもアメリカ文化の如くしたのはディズニーが映画などのコンテンツにしたからだそうです。

考えてみれば白雪姫もシンデレラも、ヨーロッパの話なのにディズニーにお株を奪われたような感じです。

さて、日本ではハロウインはゾンビのお祭りだったということをご存じでしょうか?

元々のゾンビは中米のハイチという国の、ブードゥー教という土着宗教の中に登場します。

呪術師が使役するために、死体をよみがえらせたものだといわれています。

中米とスコットランド?

なぜ日本では、関係ない地域が合体しているのでしょうか?

そこには「あの会社」が関わっていました。

 

 

1・日本でのハロウイン

 

2010年以前の日本では、ハロウインという名前は知っていても今のような仮装で大騒ぎする人はいませんでした。

私が2012年に東京でセミナーを開いた時、ちょうど今頃の時期でハロウインの思い出があります。

それはセミナー後夜になってから、とあるキャバクラに行ったのですが(ひとりで)、店内の飾り付けがハロウイン風でした。

女の子もハロウイン衣装だったのですが、田舎者の私はハロウインがいつ行われるのか、どういう内容なのかまったく知らなかったので戸惑った思い出があります。

でもお店の人や女の子は、ハロウインが若者の間でデフォルトのようであるかのようにふるまっていました。

 

 

 

2・ハロウインの仕掛け人はあの人

 

じつはハロウインが日本で広まり定着したのは、森岡毅(つよし)という人のせいです。

この人はユニバーサルスタジオジャパンのマーケティング担当者です。

たった一人の力で、日本全国が「ハロウインはゾンビのお祭り」だとして定着させ、それが渋谷のバカ騒ぎにまで広まったのです。

そこには、どういう仕掛けがあったのでしょうか?

じつはユニバーサルスタジオジャパンは、最初から東京ディズニーランド(シー)という強敵がいる前提で創られました。

しかもUSJの立地は大阪で、東京および関東圏はその三倍の人口があると言われています。

そのため東京ディズニーランドには、まったくかなわないと言っても過言ではありません。

しかしUSJの開業した2001年には、年間1千万人以上もお客さんを集めました。

ところが水道の汚水騒ぎなどの不運が続いて、毎年100万人規模でお客さんが減っていきます。

ついには4年連続の赤字でした。

この困難な時期に、ユニバーサルスタジオジャパンのマーケティング担当者になったのが、森岡毅(つよし)氏です。

 

 

 

3・ハロウインの仕掛け人

 

彼は2010年にマーケティング担当になったのですが、まずフロリダのユニバーサルスタジオに視察に行きました。

するとそこには、最新のハリーポッターのアトラクションとか街並みの再現とかがありました。

これを日本にも導入すれば、ウケること間違いないと思ったのですが、その費用が400億円という途方もない金額でした。

そこで毎年100億円ぐらい使っている新規アトラクションをやめて、4年間貯めれば400億円捻出できると計画しました。

その4年間は、新規アトラクションなしで知恵を使った集客作戦で乗り切ろうという計画を立てたそうです。

ところがここに思いがけない問題が発生します。

思いがけない問題! それは・・・・・?

「東北関東大震災」です。

2011年3月11日ですね。

 

じつはこの年は、USJ誕生10周年記念イヤーで大々的に宣伝を行うことで集客が見込めると踏んでいたのですが、日本全国自粛ムードになってしまったのです。

困った森岡さんですが、夏休み過ぎにあるキャンペーンを打ちます。

それが「関西から日本を元気にしよう」です。

関東はお通夜状態だったので、この沈滞ムードを吹き飛ばすために「関西から日本を元気にしよう」キャンペーンです。

具体的には子供の入場料を無料にしました。

これにはUSJ内部で大反対が起きましたが、森岡さんの熱意で貫きました。

大赤字になるかと思われたのですが、入場料をタダにしただけで飲食代やグッズは有料です。

結果的に黒字に収めることに成功しました。

他にも「夢でジェットコースターが逆に走っている」のを見て、それを現実化して大盛況になります。

この時もスタッフが大反対しましたが、説き伏せて実現してしまいました。

4年間は新規アトラクションなしで、しのがないとハリーポッターエリアが建設できません。

そのためには、切れ目のない観客の動員が必要です。

あのような遊園地型施設はGW・夏休み・クリスマス正月はお客さんが来ますが、どうしても閑散期が発生してしまいます。

特に秋の10月11月は気候もいいのに、集客が振るわなくなるシーズンです。

森岡さんは、どういう客層を呼べば秋の10月11月に来てもらえるかをリサーチしました。

そこでわかったことは、とても「意外なこと」でした。

それは・・・・?

「秋は女が淋しくなる季節」ということです。

特に若い独身女性は彼氏がいないと、クリスマスをぼっちですごさないといけないとか、来年にはアラサーとか

秋の10月11月はイラつくことが増える季節だとわかりました。

 

そこで若い独身女性にそのストレス解消に、叫んでもらおうと計画されたのがハロウインでした。

※ハロウインは若い女性が恥ずかしくなく叫べる夜

ハロウインとは元々死者の魂が家族のもとへ戻ってくる日という、日本のお盆みたいな日だったのです。

ケルト人はその際、悪霊も一緒に来ると信じていたのがハロウインです。

だから妖怪やモンスターが出てくる日というのが、ハロウインです。

USJではこれを発展させて、「客がモンスターメイクして客を驚かせる祭り」という位置づけにしたのです。

そのモンスターメイクとして推奨されたのが、ゾンビでした。

これには大きな利点がありました。

・客が客を怖がらせるので、手間がかからない

・若い女性客は大いに叫ぶことができる

・ハロウインモンスターグッズが売れる

ここから火がついて、日本ではハロウインはモンスターメイク(特にゾンビ)で騒ぐ日として広がっていったのです。

 

 

まとめ

 

ケルト民族のお盆だったハロウインが、日本に来てゾンビメイクで騒ぐお祭りになってしまいました。

その仕掛け人は、USJだったのです。

USJにお金がないばかりに、知恵を絞った結果日本中に広まるほどのイベントに成長したのでした。

※銭がないなら、知恵を出せ

おすすめ記事

日本人がガマンできないディズニーランドの秘密

なぜ映画はオワコンになったのか?

ロシアも中国も「絶対戦争に勝てない」驚くべき理由とは?

共産主義には女子供が喜ぶコンテンツがないからです

韓国ソウル圧死事故で恐ろしい話が伝わってきました、ひどい話です!

ハロウイン事故からはや一年

被害者の乳を揉む韓国の若者、鬼畜のしわざ

 

新しい必読記事特別付録

今だけ

【神】絶対願望実現できる!正しい目標設定の方法(誰でもできる)

あなたの中の気づけない恐怖心が願望実現を妨げています




 

 

※メルマガのバックナンバー読みたい方は、メルマガ倉庫をご覧ください

メルマガ倉庫

 

※特別付録 年金が心配な方へ 無料または低コストで起業できる方法【しかも安全でかんたん】




すぐにお読みください(完全無料)

特別情報
髪の毛で悩む男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 




 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

徴用工問題が悪い方へ行く可能性アリ!やばいぞ

「日帝強制動員被害者支援財団」に寄付金 共同通信は10月23日、複数の韓日情報筋 …

プーチンが終わるとき日本に何が起きるのか?恐ろしい未来

テレビでは、   イスラエルとハマスの戦争で持ちきりの状態です。 ガザ …

創価学会の話 Hとは誰か?なぜ彼女は成功できたのか?

創価学会の話です。     芸能人の中でしつこく創価学会入り …

新しい戦争の形 日本人が大勢死ぬことになります

21世紀は情報化社会       20世紀は工業化 …

昨夜のNHK7時のニュース、台風と葬式とどっちが大事なのか?

「皆様のNHK」と言いますが、 どうも「NHKが言う皆様」は日本国民ではないよう …

no image
【驚愕】岸田自民党に早くも激震/下着泥棒がいた!

女モノの下着   大変なことが発覚しました! 以下、新潮の記事 「 新 …

紅白歌合戦に関する謎?

え!紅白歌合戦が?   昔書いた記事に、加筆してお届けします。 年末の …

謎の覆面ゴルファーTera-Youの正体がわかりました

2020/04/21から忽然と現れた       …

本当にあった怖い話 5○歳男性が18以上年下美女と結婚した結果!

若い女性が好きな 婚活しようとしている男性は、これを読まずに結婚するのは危険です …

マイナンバーカードと健康保険証統合、突然言い始めた理由

河野太郎デジタル担当大臣が唐突に マイナンバーカードと健康保険証の統合を発表して …