精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

なぜ「専門家」はダメになったのか?驚きの理由

   

「専門家」と呼ばれる人よりも、

じつは一般人の方が知識がある現象が起きています。

例えばワイドショーには「専門家」が連日登場していますが、視聴者には専門家というほど詳しくないことがバレています。

どうしてこういうことになったのでしょうか?

驚きの理由がありました。

手作り望遠鏡

 

1・昔の「専門家」が偉かった理由とは?

 

私は10代のころ天体観測が趣味だったのですが、天体望遠鏡を買うお金がなかったので望遠鏡を作っていました。

天体観測マニアのつもりが、望遠鏡製作のマニアになっていたのです。

あのころ私と同じようにお金がない人が多かったのでしょう、望遠鏡製作マニア向けの材料が売られていました。

私は直径15センチの反射望遠鏡を作ろうとして、反射鏡製作キットを購入しました。

反射望遠鏡というのは、レンズの代わりに凹面鏡が使われていて大口径のわりに安価だったのです。

そして天体望遠鏡の能力はほぼ凹面鏡の面積に比例します。

直径15センチの反射望遠鏡はかなりいい種類の望遠鏡でした。

さて、凹面鏡の造り方というのは同じ大きさの丸いガラス板を2枚用意します。

それに水に溶かした研磨剤をつけて、ガラスの平面同士をこすって研磨するという方法で造ります。

その研磨の仕方はヒナギクの花弁のようにぐるぐると回転させると、本に書いてありました。

こうすると、一方は凹面鏡、もう一方は凸面鏡になっていくのです。

しかし、田舎だったので師匠について教わるわけでなく、ただ本を見ながら自己流で進めていくしかありません。

結局、天体望遠鏡の凹面鏡はできませんでした。

「昔の「専門家」が偉かった理由」ですが、私が凹面鏡を完成させるためには経験豊富な師匠について実際のやり方を教わることが必要だったでしょう。

つまり、あの頃は「専門家」に実際に教わる以外に、そういう技術を会得するすべはなかったのです。

中国拳法ブーム

 

2・ブルース・リー

 

またあの頃はブルース・リーの影響で中国拳法やキックボクシングが流行っていました。

私も中国拳法のいろいろな流派を解説した本を買って読んでみたりしました。

中国拳法には太極拳とか、八極拳とか、カマキリ拳法とも呼ばれる蟷螂拳(とうろうけん)など非常に多くの種類があります。

映画にもなった酔拳なども実在します。

しかしそういうものを本の写真で解説しただけでは会得できるものではありません。

最近、YouTubeには太極拳とか、八極拳とか、蟷螂拳や酔拳も実際に演じている動画があります。

それを見ると当時想像だけで考えた動きと、実際の動きがいかに違うかがわかります。

望遠鏡の凹面鏡の造り方のガラス板の動きも、動画で見ることができたなら自分一人でもかなりいいところまで行けたかもしれません。

昔は、というか20世紀の工業化社会では、実際にそういうものを経験した人が「専門家」と呼ばれ尊敬されていました。

なぜならそういう先生に実際に指導を仰がなければ、欲しい技や技術や知識を会得できなかったからです。

※20世紀の「専門家」が偉かったのは理由があった

蟷螂拳

 

 

3・メディアの「専門家」は役立たず

 

再度言いますが、ワイドショーには「専門家」が連日登場していますが、視聴者には専門家というほど詳しくないことがバレています。

新型コロナ肺炎の流行の初期には、あまりあてにならない「専門家」が登場して説明したので、一般の人にもそれがあてにならないことがよくわかりました。

ウクライナ戦争が始まった当初も、日本の戦争の専門家とかロシアの専門家があてにならないことがわかりました。

ウクライナは早くて3日、長く持って7日間で降伏すると言っていたのです。

安倍首相が銃撃された時も、手製拳銃だとわからずショットガンだとか間違った情報が流れました。

YouTubeやネットの情報の活用で、じつは一般人の中に本当に『ある分野に詳しい人』がいっぱいいることがわかりました。

海外のYouTube動画を見れば、ホームセンターの材料で拳銃が作れるのことがわかりました。

日本にも銃器の「専門家」はいますが、実際に拳銃を製作したことのある人はいないでしょう。

いても、作ったことがあるとは言わないでしょう。

逮捕されるからです。

昔の場合、師匠にあたる「専門家」は、実際にその人に会って教えを乞わなければその技術を会得することができない、そんな人でした。

だから偉かったのです。

今の「専門家」はテレビにでて適当なことを言っているに過ぎない人です。

そういう人を「専門家」と呼ぶことが、果たして正しいのかといぶかるような感じです。

 

 

まとめ

 

20世紀は工業化社会でした。

その時代には、「専門家」イコール師匠でした。

実際にその人に会って教えを乞わなければ、その技術を会得することができない人物が「専門家」だったのです。

しかし21世紀の情報化社会には、ネットからいくらでも「専門情報」を仕入れることができます。

しかもそれは無料なのです。

その結果、本当の専門家とはその分野の知識を仕入れることに貪欲な一般人になってしまっています。

さかなクンのような人が、本当の専門家です。

つまり今は市井のマニアこそが、最強の専門家です。

だからテレビに出てくる「専門家」がテキトウなことを言うと、SNSで激しくたたかれます。

偽物の「専門家」が、本物の「専門家」に叩かれているのです。

関連記事

テレ朝玉川徹氏のウクライナ戦争分析はどうして的はずれなのか?

玉川徹氏がテレビ番組で、ウクライナ政府ははやくロシアに降伏すべきだと発言し、批難を浴びています。

(日本の)テレビ新聞の戦争に関する報道がどうして頓珍漢になってしまうのしょうか?

それはあの人たちの思考回路が間違っているからです。

 

特別情報
髪の毛で悩む男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 


 - メルマガ倉庫

  関連記事

【異形の才能】の持ち主が創ったマクドナルド「王国」の秘密とは?

マクドナルドを創ったのはマクドナルド兄弟ですが、 彼らが世界的ハンバーガーチェー …

お金持ちになりたいなら「ブラジャー」を売るしかない!秘密の下着

驚かないでください。 『ブラジャー』とiPhoneは同じものなのです。 「え!ど …

24時間テレビと統一教会/テレビの苦悩

安部元首相への銃撃を機に、 悪徳宗教統一教会の自民党に対する浸透が明らかになりま …

第六回新興宗教の洗脳の手口(権威とその代用品)

本日は日本人が特に弱いものです。 宗教洗脳の技法は多彩ですが、日本人が特に弱いも …

オミクロン株が破壊する日本社会とは何か?

来年の日本経済 新型コロナの「新型」オミクロン株が登場しました。 オミクロン株は …

焼き鳥問題を知らない人は時代に取り残されます

怖ろしい事件が進行しています!(って、だいぶ昔の話)   ご存知でした …

知らないと人生を損する「女のウソ」の見抜き方

女性の方がウソつきである ということの、本当の理由を知らない男がいます。 そうい …

誰でも知っている「あの話」一番悪い奴は亀だった?

日本の昔話でいちばん理不尽に感じるのは、 「浦島太郎」ではないでしょうか? じつ …

株式投資でドカン!と儲けられる頭に変える方法

株価が10倍 テンバガー、という言葉をご存知でしょうか? これは株価が10倍以上 …

GW前に知っておきたい!危険な業者・安全な観光船を見分けるポイントとは?

悲惨な事故が知床半島観光船で 起きてしまいました。 犠牲者の中には3歳の女の子や …