精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

なぜ?発達障害児は津軽弁を喋らない。驚くべき理由

   

『自閉症は津軽弁を話さない』(福村出版)

で注目を集める研究者、松本敏治氏。

「松本:妻は臨床発達心理士で、青森県の津軽地域で乳児健診にも携わっています。

乳児健診で発達相談を受ける仕事をしているんです。

その妻が3歳半児健診から帰ってくるなり、ASDの子どもは津軽弁を話さないと言い出したのです。そう言うことは、心理士としてどうかと」

これがきっかけで、発達障害児は津軽弁を喋らないことがわかりました。

驚きの理由がありました。

発達障害児への偏見?

 

1・当時のこと

 

「松本先生は障害児心理学がご専門で、当時は弘前大学で特別支援教育について教えていらっしゃいました。

専門家だからこそ、奥様の発言に危うさを感じた、ということですか?」

「ASDには、ちゃんとした診断基準があって、それをもって診断すべきものです。

それなのに、「この子は方言を話していないからASDだ」という話が、根拠もなく臨床発達心理士である妻から広がっていったら大変です。

ですから私は、すぐに妻の説を否定しました」

否定しても食い下がる妻は?

「妻は「いや、常識だし。みんなそう思ってるし」と譲らないんですよ。

ですから私も「あなたがそういう噂をまいているんじゃないの!」と言い返したんです」

妻に土下座して謝る

 

2・それが研究に

 

「松本:ASDの人の話し方というのは、独特です。棒読みのように平たんだったり、逆に突然、調子が上がったり下がったりする。

それが、聞き手に「方言らしくない」という印象を与えているというのが私の考えでした。

簡単に言えば「アクセントやイントネーションの問題」ですね。先行研究にも、そういった記載はたくさんあるんです。

ですからある意味、私は学術的観点から妥当と思われる解釈をしていたんです。

ただ、私には、自分自身の「体験」から、妻の言っていることは違うと反論することができませんでした。なぜなら、私は津軽弁が話せないからです」

松本先生は福岡の生まれで、奥様は青森県です。

どうして発達障害児は津軽弁がしゃべれないのでしょうか?

じつは簡単なことだったのです。

津軽弁ではなく、すべての方言で同じことが起きていたのでした。

「松本:「ASDのお子さんの中に、聴覚的処理が苦手な子がいるとしたら、その子にとって津軽弁の習得は難しいだろう」と考えたんです。

もし、聴覚処理が苦手な子がASDに高い割合でいるとしたら、難解な方言とされる津軽弁が聞き取れない、ということはあるかもしれない、と。

松本:それを証明するには、津軽弁以外の方言についても調べなければならない。

全国で調べなければならない。舞鶴、京都、高知、北九州、大分、鹿児島……と調査をすることになりました。

その結果、全国で同じような結果が出たことで、妻への完全敗北を認めた、というわけです」

なぜ発達障害児は方言が話せないのでしょうか?

 

3・元発達障害児の証言

 

こでいう元発達障害児とは私自身(山西)のことです。

今にして思えば、私は幼児時代発達障害に近い子供だったのではないかと思います。

そんな私ですが、夢想しがちで現実世界に半分、空想世界に半分住んでいるような感じだったと思います。

私の場合は、付き合いの濃い友達もいたので孤独というわけではありませんでした。

しかし私は半分空想世界に住んでいることに変わりはありません。

その空想世界は、テレビで得た知識や本から得た知識でできています。

そして、テレビや本は「方言」ではないのです。

これが理由の一つ目です。

教科書は方言で書かれていない

 

もう一つの理由は、発達障害児の空想世界は抽象度が高いからだと思われます。

特に本好きの子供は本から得た知識で空想を造りますが、本の知識というのは現実世界に比べるとどうしても抽象度が高くなります。

そして(ここが肝心ですが)、「抽象度の高い用語」は方言にないのです。

例えば東北地方の方言では「牛」を「ベコ」と言います。

普通の子供にとって、牛は牛なので東北で育った子供が「ベコ」という単語を使うことは自然です。

ところが抽象度の高い世界に住む子供にとって、「牛」は「哺乳類」だったりします。

「哺乳類」に相当する津軽弁はないでしょう(おそらく)。

舞鶴、京都、高知、北九州、大分、鹿児島・・・でも同様で、これらの地方で「哺乳類」に相当する方言はないと思います。

だから、抽象度のちょっと高い思考をする子供は、自分の思考を文章にする際に使える地元の言葉がないのです。

人は考える時頭の中で言葉をしゃべりますが、普通の人はその言葉が方言なんです。

抽象度の高い思考をするときは、頭の中で方言を使う機会が減ります。

しかも発達障害の子供は社交性に乏しいです。

勢い、地元の子供や大人と会話する機会はあまり多くないことになります。

その結果、地元の方言を使わない生活をすることになります。

これが、発達障害児が方言を使わない理由だと私は思います。

 

まとめ

 

「自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く」というタイトルの本ですが、これは誤解を生みやすいタイトルかもしれません。

自閉症スペクトラムだから方言を使えないのだ、自閉症という病気はそういう症状なのだ、と思われやすいからです。

実際は、本人の気持ちになってみると、方言を使う機会がないから方言を使わないだけだったのかもしれません。

あるいは、方言では使いたい言葉がないから、方言を使えなかったのかもしれません。

「発達障害児は津軽弁を喋れない」と言われるとドキッとしますが、理由がわかるとごく自然なことだと納得できるでしょう。

※陸にいる亀は、海亀の気持ちがわからない

関連記事

【お得!】わずか三分で頭が良くなる方法大公開

ここに書いてあることは、他のどこにも発表されてないと思います。

三分で頭が良くなる方法なので、とてもお得です。

結論をいますと、

「記憶のかたち」の話です。

1.記憶のための記憶のかたち

2.理解のための記憶のかたち

の二種類あります。

 

特別情報
髪の毛で悩む男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 


 

 - メルマガ倉庫

  関連記事

日本のアニメはイケてるのに実写映画がダメなのには意外な理由があった

日本の実写映画・テレビドラマで、 役者の演技が下手なのには意外な理由がありました …

たつき諒「私が見た未来」を信じる前にこれだけは読んでください

たつき諒という女性漫画家が自分が見た予知夢が的中した   と評判になっ …

宇宙に関する話

科学ネタです。 宇宙に関する話なのですが、私は子供時代、天体観測ファンだったので …

ぜひ読んでください!あなたが幸せになれない原因がわかります

この記事はかんたんで短いですが、     それゆえ本質を衝い …

AI、怖い話 あなたにも「悲惨な未来」が駆け足で来ている!

IT企業GAFAMが大規模なリストラ ブームとは、chatGPTのことです。 急 …

努力せずに頭を良くする方法とは?

激変 本日のメルマガを読むと あなたの脳が一瞬で、激変します。 簡単に言うと 【 …

中国は怖い国

中国は昔から怖い国です。 怖い理由その1 膨張主義・帝国主義だから 怖い理由その …

人間をサメに変える実験始まる?

人間をサメに変える     と言っても海を泳ぐあの鮫に人間が …

プーチンの最終兵器とは何か?恐ろしいその威力とは?

ウクライナに攻め込んだロシア軍が苦戦している     様子が …

【お得!】わずか三分で頭が良くなる方法大公開

なぜ三分で頭が良くなるかというと、 この記事を読む時間が三分だからです。 ここに …