精神工学研究所

がんばっている人へ、がんばりたい人へ

*

第3回知らないと危険!新興宗教にハマるパターンは3種類

   

新興宗教にハマる3パターン

1.人生の不幸から逃げるため

2.人生の孤独から逃げるため

3.親が信者だったから

本日は、「親が信者だったから」の解説です。

 

1・2世信者の悲惨さ

 

『7月8日に発生した安倍晋三元首相の銃撃事件。逮捕された山上徹也容疑者は「特定の宗教団体に恨みがあった」と供述していると報道されている。』

当時のフラッシュの記事から

「山上容疑者と統一教会の関係について、「いわゆる “宗教2世問題” である可能性が出てきたことで、衝撃を受けています」と語るのは、カルト宗教に詳しいジャーナリスト藤倉善郎氏だ。

「親が特定の宗教にドはまりし、親が子供に信仰を強要したり、子供たちが貧困や精神的な苦痛、そして世間からの差別的な視線に苦しんだりするケースは非常に多いんです。

これを “宗教2世問題” といいます。

報道によると、山上容疑者の母親は、統一教会へ献金しすぎたために破産したといいます。

破産するほど献金するなど、通常であれば考えづらいことですが、のめり込んでしまうと、当たり前のようにおこなってしまう。

特に統一教会の場合は意図的に仕向けることが多く、親にお金がないため、2世は学費を出してもらえないど、貧困に苦しむケースがあるんです」」

特にオウム真理教事件に関する報道が落ちついた2000年代初めごろから、大手メディアは宗教団体について報じることを忌避するようになりました。

ネガティブな報道をおこなうと、その後、団体から猛烈な抗議が来るからです。

一例が集英社のウェブメディアで連載していた漫画『「神様」のいる家で育ちました~宗教2世な私たち~』(菊池真理子著)です。

まさに宗教2世特有の生きづらさを描く漫画ですが、幸福の科学からの抗議で削除してしまいました。

 

2・私も2世信者から説得された

 

私自身、17歳の時同級生の創価学会信者から入信を促す説得を受けたことがあります。

当時私は天文マニアだったのですが、創価学会理論の八正道とか畜生道とか説明を受けました。

しかし私は「あなたの言う地獄とか極楽とか、宇宙のどこにあるのか?」とか切り返すと説得をしなくなりました。

こういう活動を創価学会では、折伏(しゃくぶく)というらしいと後から知りました。

当時私は創価学会の名も知らなければ、それが仏教系の宗教団体であるとも知りませんでした。

ただ彼の場合、親が創価学会だから子供も自然と学会員になったと知って、ちょっとショックでした。

信仰の自由とは言いますが、親がある宗教の信者だった場合、子供には「信仰の不自由」になってしまうと感じたからです。

しかしよく考えると、そうでない人でもその地域の文化と深い関りのある宗教の影響を誰でも受けてしまうものです。

例えばほとんどの日本人は、お墓に対して畏れる気持ちを持っているものです。

よく無神論者に対して「そういうのなら夜に墓場に行っておしっこかけて来いよ、できないだろ」みたいな反論をする人がいます。

しかしこれは論理的ではあっても、正しい意見ではありません。

人は幼いころに植え付けられた知識や習慣から逃れることは非常に難しいのです。

ということは、2世信者はまさに親からそういう知識や習慣を植え付けられて育つわけですから、本当の意味でその宗教から脱会するのは困難だと思います。

 

3・宗教団体の手口

 

ここから考えると新興宗教団体は細々とでも信者を集めて、長く活動を続けるだけで発展できるとわかります。

なぜなら信者同士が結婚することが多いので、結婚して子供ができると2世信者になります。

2世信者はその宗教の純粋な環境で育ちますから、非常に固く教義を信じる人になるでしょう。

そういった人たちが、宗教勧誘することで新しい信者を獲得できます。

するとまた信者同士で結婚して、2世信者を増やすことになるのです。

洗脳というのは、幼いことから始めるとすごく深く洗脳することができ、失敗することが少ないのです。

幼稚園児ぐらいの子供は大人の言うことをなんでも聞いて信じ込みますので、このくらいの年齢から洗脳をしかけられれば完璧です。

それが可能になるのが、2世信者です。

新興宗教にハマる3パターンというのを説明しました。

1.人生の不幸から逃げるため

2.人生の孤独から逃げるため

3.親が信者だったから

この中で、1と2が強力な宗教洗脳になると思った人も多いはずです。

しかし実際は、もっとも強力な宗教洗脳は3なのです。

洗脳というのは、幼いことから始めるとすごく深く洗脳することができ、失敗することが少ないからです。

 

まとめ

 

細々とでも長く続いている新興宗教を侮ってはいけません。

長く続ければそれだけで2世信者が増えていくからです。

2世信者の中には、危険な狂信的信者がいる可能性が高いのです。

なぜなら2世信者は、その新興宗教の世界観しか知らないのでそれを失うことは死にも等しい場合があるからです。

めんどくさいことに、宗教は死後の世界も扱いますので死をも恐れぬ狂信者を生み出すことができます。

第1回はこちら

関連記事

あなたが統一教会の理論に「洗脳」されないか?調べ方です

安部元首相銃殺事件をきっかけに、統一教会がいかに危険で悪辣であるかがわかりました。

信者から根こそぎ持っていく恐ろしい手口であることがわかってきました。

山上容疑者のような悲惨な人生を歩むことになる、危険な宗教団体をなぜ野放しにするのでしょうか?

 

特別情報
髪の毛で悩む男性だけお読みください

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。
ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。

不定期メルマガにご招待

 


 - メルマガ倉庫

  関連記事

日本人がiPhoneを創れなくなった本当の理由とは?

年配の日本人なら、ウオークマンや トリニトロンテレビを創ったソニーに、iPhon …

お金持ちになりたいなら「ブラジャー」を売るしかない!秘密の下着

驚かないでください。 『ブラジャー』とiPhoneは同じものなのです。 「え!ど …

榊英雄、俳優の木下ほうかに続いて映画監督園子温の性加害がバレて、三人の他にも?

映画監督の榊英雄、俳優の木下ほうかによる「性暴力」が 明るみに出て映画界・芸能界 …

安倍晋三元首相銃撃犯と統一教会の関係とは?

2022年8月8日午前11時30分ごろ 安部元首相が選挙応援の演説中に銃撃され、 …

モナリザを盗んだ男「パブロ・ピカソ」最後の大どんでん返し

あるはずの絵が無い 1911年の夏、『モナリザ』のスケッチに来た画家がルーブルの …

ウクライナ戦争の犠牲者が福井県にも?石油高騰で思わぬ被害

ウクライナ戦争に端を発した石油高騰が 思わぬ被害者を産んでいます。 福井県のある …

ウクライナ戦争の知られざる怖ろしいこととは?

ロシアがウクライナに 攻め込みました。 日本のテレビ新聞が報じない、ウクライナの …

GW前に知っておきたい!危険な業者・安全な観光船を見分けるポイントとは?

悲惨な事故が知床半島観光船で 起きてしまいました。 犠牲者の中には3歳の女の子や …

【特異能力】を使って成功したマクドナルド兄弟の秘密とは?(あなたにも作れる味の)

マクドナルドを創ったのはマクドナルド兄弟 ですが、彼らの「特異能力」についてはあ …

宝くじあたった人、大金入った人が破滅するのはなぜか?

急に大金が入った、 具体的には宝くじに高額当選した人などが、結局最後にはすっから …